shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

夏帆 映画「伊藤くん A to E」完成披露試写会!

夏帆出演映画「伊藤くん A to E」の完成披露試写会が11/21(火)都内で行われ、監督・キャストと共に、夏帆が登壇した。

同作は、「ランチのアッコちゃん」をはじめ、数々のヒット作を生み出し、あらゆる世代の女性から熱い支持を受ける作家・柚木麻子さん初の直木三十五賞候補作となった会心の恋愛小説を、『ヴァイブレーター』『さよなら歌舞伎町』など深く人間心理をあぶり出し、海外でも高い評価を受ける実力派・廣木隆一監督が製作陣からの熱烈なオファーを受け映画化。女性たちを振り回すモンスター級【痛男(いたお)】と、なりふり構わず再起を狙う崖っぷちアラサ―【毒女(どくじょ)】を中心に、予測不能な震撼恋愛ミステリーが幕をあける。

落ち目の脚本家・矢崎莉桜は、“伊藤”という男について悩む【A】~【D】4人の女たちの切実な恋愛相談を、新作脚本のネタにしようと企んでいる。心の中で毒づきながら「もっと無様に」なるよう巧みに女たちを誘導、そんな莉桜の前に“伊藤”が現れる。“伊藤”は莉桜が主宰するシナリオスクールの生徒。中身が無く、いつも口先だけの彼が、なぜか莉桜と同じ4人の女たちについての脚本を書いていくのだ。しかもそこには、莉桜のネタにはない5人目【E】の女が存在し…。“伊藤”の狙いは一体何なのか――。莉桜は、徐々に追い詰められていく。

夏帆は、【D】の女、大学院生の神保実希を演じる。

上映前に行われた舞台挨拶にて夏帆は、「夏にドラマとして放送していて、映画として新たな形で皆さんにお届けできるということで嬉しく思っています。短い時間ですが宜しくお願いします。」と挨拶。

自身が演じた役について、「3年間、伊藤先輩に片想いをしていて(伊藤くんに)処女を捧げると言うのですが、それが重いという理由で振られてしまう。経験が浅くて未熟なのですがそのことに気付いていなくて、勉強ができるのですぐに頭でっかちになってしまう女性。それが故に無自覚・無意識に周りの人を傷つけてしまう彼女にツッコミながら演じていたのですが、自分もそういうところもあるなと思うこともありました。」と話すと共に、伊藤くんに振り回された感想を聞かれ、女性キャスト陣が“嫌な気持ちだった”“関わりたくない”と次々にコメントするなか、夏帆も、「傷つきました。」と答えると会場から笑いが起こっていた。

その後、同作にちなみ、“今年一番痛かったこと、無様だったことは?”という質問があがり、「自分の家のドアに顔をぶつけました。ドアが開いていると思っていたら閉まっていて、それに気づかずに部屋を出ようとして顔面をぶつけ、かけていたメガネが割れました。すごく痛くて涙が止まらなかったです。」と衝撃告白し、会場を唖然とさせていた。

映画「伊藤くん A to E」は来年1/12(金)公開。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top