shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

瀬田なつき テレビ東京ドラマ25「セトウツミ」先行上映イベント&舞台挨拶!

瀬田なつきがメイン監督を務めるドラマ「セトウツミ」先行上映イベント&舞台挨拶が、11/28(火)新宿ピカデリーにて行われ、主演を務める高杉真宙さん、葉山奨之さんとともに瀬田が登壇した。

現在、テレビ東京にて毎週金曜深夜0:52より放送中の同作は、「別冊少年チャンピオン」で人気を博した此元和津也さんの同名コミックを原作に、クールなインテリ・内海想と元サッカー部のお調子者・瀬戸小吉の関西の高校生2人が放課後に河川敷でただ“喋るだけ”なのに、クスッと笑えて心温まる青春コメディ。この日は、ドラマの好評を受け、舞台挨拶と12/1(金)放送の第8話の先行上映、放送されないスピンオフエビソードの公開イベントが行われた。

上映後に行われた舞台挨拶に登壇した瀬田は、「テレビのために作ったドラマがこんなに大きなスクリーンでたくさんの人と一緒に観られると思っていなかったので、すごく幸せな気持ちです。今日は楽しんでいってください。よろしくお願いします。」と挨拶。

監督のオファーを受けたときの感想について聞かれると、「設定がほぼ会話だけで、1ヶ所で撮る作品があまりない上に、この2人(高杉さん、葉山さん)で撮れる機会も今後あるかないかわからないのでぜひ、ということでやらせていただきました。第1話の最初のエピソードを初日に撮って、もしかしたらその緊張感も映っていると思うんですけど、そこからスタッフ・キャスト全員でセトウツミのドラマの世界観を作っていくのはすごく楽しかったです。」と明かした。

ドラマ化にあたって意識したことについては、「(ドラマでは)たくさんの登場人物が出てきて、2人の関係性がいろんな人と出会ってどんどん変わっていきます。そういうところを全11話の中で作っていければ、また新しいドラマならではの世界観を作れるのではないかと思って撮りました。」と語った。

最後に、「先日最終話まで編集が終わって完成したんですけど、かなり内海の闇といいますか、瀬戸との関係がどうなるのやらという感じで、9話~11話まで目が離せないと思います。笑いが若干少なくなるかもしれないですけど…、かなりのサスペンスです(笑)。それを2人がどう解決するのか、楽しみにしていてください。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

ドラマ「セトウツミ」は、テレビ東京にて毎週金曜深夜0:52~放送中!
メイキングやTV未放送分エピソードなど特典映像収録のDVD BOXは、2018/3/2(金)発売!
ぜひご覧ください!

【ストーリー】
関西の男子高校生2人が時間潰しに繰り広げる、ボケとツッコミにあふれたクスッと笑える放課後の青春トーク。友達が少なく部活もやらない内海想(高杉真宙さん)は、塾に行くまでの空き時間を河原でぼんやり過ごしていた。そこに、サッカー部を退部して暇を持て余していた瀬戸小吉(葉山奨之さん)が現れた。寡黙でクールな内海と社交的でお調子者の瀬戸。性格は正反対の2人だが、“暇つぶし”という1点で互いの利害関係が一致し、放課後いつもの河原でダラダラと喋りながら一緒に過ごすようになる。そんな2人を多彩なキャラクターが取り巻く。瀬戸のラブコールを受けながらも内海に思いを寄せるヒロイン、女子高生の樫村一期(清原果耶さん)。さらに、同級生の田中君や瀬戸に恋するハツ美ちゃん、印象に残らない顔の馬場君、ゴリラ先生、ヤンキー、謎のバルーンアーティストたちも登場して、内海と瀬戸の放課後トークはさらに冴えわたる。まったりと流れる日常。しかし、徐々に物語は意外な展開を見せていく。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top