shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

北川景子 映画「探偵はBARにいる3」初日舞台挨拶!

北川景子出演映画「探偵はBARにいる3」が12/1(金)公開初日を迎え、丸の内TOEI1で行われた舞台挨拶に北川が登壇した。

同作は、アジア最北の歓楽街である札幌・ススキノを舞台に、その街の裏も表も知り尽くした“探偵”の活躍を描いた物語。気鋭ミステリー作家・東直己氏の<ススキノ探偵シリーズ>を原作に、2011 年『探偵はBARにいる』、2013 年『探偵はBARにいる 2 ススキノ大交差点』が製作され、数々の映画賞を受賞するなど、人気シリーズとしての不動の地位を築き上げた。
そして2017 年、探偵を演じる大泉洋さん、探偵の相棒兼運転手・高田を演じる松田龍平さん、さらに新たなヒロイン・岬マリとして出演する北川をはじめ、新旧のキャスト、そしてスタッフが集結。探偵ファンの期待をはるかに超える【シリーズ決定版】と呼ぶにふさわしい、シリーズ第3弾が誕生した。

「恋人の麗子が失踪した」。高田の後輩からのありふれた依頼を安易に引き受けた探偵。早速調査に乗り出すと、探偵は麗子がアルバイトをしていたモデル事務所のオーナー・マリと出会い、かすかな既視感を覚える。しかし周囲を嗅ぎまわる探偵はマリの手下に襲われ、これまで無敗を誇った高田も倒されてしまう。次第に麗子の失踪の陰に、裏社会で暗躍する札幌経済界のホープ・北城グループの殺人事件が見え隠れする。マリはグループの代表・北城の愛人だった。そんな中、何かを思い出す探偵。なじみの元娼婦・モンローがかわいがっていた、今にも死にそうに震えていた女――「あれか…?あれがマリか…?」
緊張が走る裏社会、巨額の薬物取引、2つの殺人事件――。すべてはマリによる、北城をも欺く作戦であった。そしてマリは、探偵に最後の依頼を託す。その時、探偵と高田の別れへのカウントダウンが始まっていた。

北川はモデルエージェンシー“ピュアハート”のオーナーで、謎多き美女・岬マリを演じる。

上映前舞台挨拶に登壇した北川は、「『探偵はBARにいる』シリーズが大好きで、出演させていただけてすごく嬉しかったです。今日は(全国270の劇場でライブビューイングが実施されているということで)初日を全国の方と一緒に体感できることを楽しみにしてきました。最後までよろしくお願いします。」と挨拶。

自身にとって同作がどんな作品になったかと聞かれると、「今回は殴ったり叫んだり銃を撃ったりと悪い女を演じるシーンが多かったので、悪女デビューみたいな作品になったと思います。」と語った。

映画「探偵はBARにいる3」は大ヒット公開中!
ぜひ劇場でお楽しみください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top