shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

片桐はいり 映画「勝手にふるえてろ」特別上映会!

片桐はいり出演映画「勝手にふるえてろ」の特別上映会が12/5(火)ユナイテッドシネマ豊洲にて行われ、監督・キャストと共に片桐が登壇した。

同作は、『蹴りたい背中』で第130回芥川賞を受賞した作家・綿矢りささんによる同名小説の映画化。
絶滅した動物が好き過ぎて、アンモナイトの化石についてネットで調べていたら気づくと朝になっていたり、中学時代の初恋の相手との過去を思い出しては、胸をトキめかせる、ちょっと変わった恋愛ド素人OL・ヨシカの暴走する恋をリアルに、イタく、キュートに描く、痛快コメディとなっている。

私には彼氏が2人いる──中学時代からの片思いの相手イチ(北村匠海)と、突然告白してきた暑苦しい同期のニ(渡辺大知さん)。「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ(松岡茉優さん)。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが・・・。
“脳内の片思い”と“リアルな恋愛”。同時進行で進むふたつの恋の行方は?

片桐は、ヨシカと同じアパートに住む、すこしおかしな隣人・オカリナを演じる。

上映前に行われた舞台挨拶にて片桐は、「本当に隣人というだけの役なのですが、今日は呼んでいただいてありがとうございます。私は映画が大好きで、いまも時々、近所の映画館へ遊びにいってはアルバイトのように受付に立ったりしています。だから映画館で舞台挨拶をやることが大好きで。こういう大きな劇場で、こんなに沢山の人が来て下っていると嬉しいなと思います。」と挨拶。

同作について、「東京国際映画祭で人気の賞をお獲りになったということで凄く喜びました。私の周りの評判もとても良くて、関係者の人達からベストワンだという噂も聞きました。私も完成した作品を観させていただいたのですが、最近の映画ジャンルには属していないような変化球が来たなと思いました。」と話した。

また、主人公・ヨシカの印象を、「大九明子監督は映画がらみのお付き合いもありまして、昔から知っていました。実際にお仕事をするのは初めてだったのですが、台本を読んだ時に、ヨシカのしゃべり方やキャラクターから大九節が炸裂していると思いました。それをどう『あまちゃん』でご一緒していた松岡さんが演じるのかと…。松岡さんは地でやっている風にも見えつつ、物凄く繊細に役作りをされているようで面白かったです。」とコメント。

さらに、「ヨシカのような自意識がこんなに余っちゃったような人って、特に女子であれば綺麗だろうとそうでなかろうと、いろいろあるんじゃないですかと思える感じでした。共感というよりは、自分の嫌なところを見るみたいな感覚もありました。それが最後にどうなるかは映画を観ていただければと思います。私は六本木の試写室でこの作品を観たのですが、恋がしたい!みたいな気持ちになり、街の誰かに声をかけたくなりました(笑)。」と感想を語った。

映画「勝手にふるえてろ」は、12/23(土)新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほか全国公開。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top