shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

矢野優花 映画「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」完成披露試写会!

矢野優花出演映画「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」の完成披露試写会が1/11(木)新宿バルト9で行われ、監督・キャストと共に矢野が登壇した。

同作は、麻雀×女子高生×青春という意外な組み合わせで読者を熱狂させた大人気コミック「咲-Saki-」の実写化プロジェクト第2弾。
先行放映のTVシリーズでは、実写化第1弾「咲-Saki-」の主要キャラクターである原村和がかつて過ごした奈良県・阿知賀を舞台に物語が展開されたが、劇場版では、県予選を突破した阿知賀女子学院麻雀部がライバル校と激闘を繰り広げる全国大会の模様が描かれる。

全国高校麻雀大会・奈良県予選で強豪を打ち破り、インターハイ団体戦への出場を決めた阿知賀女子学院・麻雀部の5人。高鴨穏乃は長野県代表・清澄高校の主力選手、原村和と子どもの頃に麻雀を打ったことがある幼なじみ。彼女ともう一度対局したい。強くなった自分を見て欲しい。そして、あの頃の麻雀の楽しさをもう一度、感じたい…。その一心で、ここまで勝ち抜いてきた彼女たちだったが、清澄と戦うためには決勝に駒を進めねばならない。
準決勝に進出した彼女たちの前に、全国レベルの強豪校が立ちはだかる。中でも西東京代表の白糸台高校は清澄高校の大将、宮永咲の姉で、無敗を誇る絶対王者、宮永照率いる優勝候補チーム。無名校の阿知賀にとって、それはあまりにも高い壁だった。
大将の一年生、高鴨穏乃をはじめとする阿知賀の面々はこの強敵にどう挑むのか?
運命の戦いが、ここに幕を開ける…。

矢野は、新道寺女子高校(福岡県代表)の花田煌を演じる。捨て駒として先鋒にされるも前向きにとらえ、プロとの対戦でも一度もハコにならなかった実績を持つ。

上映前に行われた舞台挨拶にて矢野は、「花田煌を演じさせていただきました矢野優花です。皆さん、今日は最後まで“すばら”な時間にしていってください!よろしくお願いします。」と役柄の口癖をまじえて挨拶。

キャストは撮影に入る前に1ヶ月かけて麻雀練習したといい、新道寺女子高校のメンバーは、スマートフォンのアプリを通してみんなで麻雀をやっていたというエピソードが明かされた。

映画「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」は、1/20(土)全国ロードショー。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top