shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

内野聖陽 ドラマ「ブラックペアン」出演決定!

内野聖陽が4月からスタートするTBS日曜劇場「ブラックペアン」に出演することが発表された。

同作は、医学の限界に立ち向かっていく男の生き様を描いた海堂尊氏の小説「新装版 ブラックペアン1988」のドラマ化。日本の医療問題をエンターテインメントを通して提起し続けてきた海堂氏が最初に発表した小説「チーム・バチスタの栄光」の原点となるのが「ブラックペアン1988」で、シリーズ累計115万部(※2/1現在)を突破しており、熱烈なファンを持つ作品だ。

主人公は、大学病院にいながら出世に興味のない一匹狼で万年ヒラの医局員、渡海征司郎(二宮和也さん)。手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医である一方、その傲慢な性格と言動が周囲との軋轢を生み、同僚からは「患者を生かし、医者を殺す」と評され、通称“オペ室の悪魔”と呼ばれている。
物語は、突如導入されることになった手術用最新医療機器・スナイプを巡る疑惑をきっかけに、外科医としてのプライドを守ろうとする渡海が、嫉妬渦巻く大学病院という巨大な組織に真っ向から立ち向かっていくことに―。病院・研究室、製薬会社、医療機器メーカー、そして厚生労働省などとの癒着問題や様々な不正、“ブラックペアン”と呼ばれる特製の真っ黒いペアン(止血用鉗子)に隠された過去、さらに渡海自身が抱えるある因縁も明らかになっていく。

内野は、東城大学医学部付属病院総合外科学教室・通称「佐伯外科」のトップに君臨する教授・佐伯清剛を演じる。日本屈指の腕を持つ心臓外科医で、“神の手”を持つ佐伯の手術を受けるために全国から患者が集まる。技術重視の佐伯が手術の際に“ブラックペアン”を使うのにはある理由があり、渡海との因縁やスナイプを強引に推進する高階との軋轢が描かれていく。

出演が決定し内野は、「台本を読んで、“先進医療技術”VS“外科医の手技”の戦いの話だなと思いました。人工知能に始まって、自動制御の車やらあらゆるものが人間の力に取って代わろうとするかのような時代に、この作品が投げかけるものは大きいのかなと思います。もちろん、外科医ものに大事なスリリングさや、天才外科医の過激な物言いが痛快に思えるエンターテインメントとしての楽しさもふんだんにある本だなとも思いました。」とコメントすると共に、「佐伯清剛教授は、世界最高の外科医だそうで、神の手をもつ外科医です。このあり得ないようなスーパーキャラクターをいかに成立させ、観ている方々に納得して楽しんで頂けるか、私自身の挑戦です。主人公の二宮君演ずる天才外科医と緊迫感のある距離感を保って約4カ月を駆け抜けたいと思っております。」と意気込んだ。

日曜劇場「ブラックペアン」は、TBSにて4月より毎週日曜21:00~O.A。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top