shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

北村匠海 映画「勝手にふるえてろ」特別上映会!

北村匠海出演映画「勝手にふるえてろ」の特別上映会が12/5(火)ユナイテッドシネマ豊洲にて行われ、監督・キャストと共に北村が登壇した。

同作は、『蹴りたい背中』で第130回芥川賞を受賞した作家・綿矢りささんによる同名小説の映画化。
絶滅した動物が好き過ぎて、アンモナイトの化石についてネットで調べていたら気づくと朝になっていたり、中学時代の初恋の相手との過去を思い出しては、胸をトキめかせる、ちょっと変わった恋愛ド素人OL・ヨシカの暴走する恋をリアルに、イタく、キュートに描く、痛快コメディとなっている。

私には彼氏が2人いる──中学時代からの片思いの相手イチ(北村匠海)と、突然告白してきた暑苦しい同期のニ(渡辺大知さん)。「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ(松岡茉優さん)。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが・・・。
“脳内の片思い”と“リアルな恋愛”。同時進行で進むふたつの恋の行方は?

北村はヨシカを取り巻く“2人の彼氏”の一人・イチを演じる。

上映前に行われた舞台挨拶にて北村は、「こうしてこの場に立たせていただいていることを本当に嬉しく思います。松岡茉優さんとは今回で4回目の共演になるのですが、茉優さんの初主演の作品に、携われていることがとても嬉しいです。大九明子監督のもとで素敵な作品が出来たと思うので、最後まで楽しんでいってください。ありがとうございます。」と挨拶。

自身の役どころについて、「ニがとても暑苦しいという表現をされるのならば、イチは凍えるくらい涼しい役柄。人への関心がないというよりは、自分の世界で生きているような、本当に周りと心の距離を取っている人です。現場では、イチと同級生役でうちのバンドの小林龍二(DISH//)と以前共演した男の子の2人と撮影していたのですが、心の距離を取るために一切しゃべらないようにしていました。撮影が終わったらご飯とかに行ったんですけど(笑)。それくらい現場と役をリンクさせていたので、撮影中はとても冷たい人間だったかもしれませんが、それがいい形で作品に反映されていたら良いなと思っています。」と語った。

映画「勝手にふるえてろ」は、12/23(土)新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほか全国公開。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top