shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

八木優羽亜 舞台「虹色サラウンド ~SURREAL~」開幕!

八木優羽亜出演舞台『PUPA CINEMATIC STAGE 8「虹色サラウンド ~SURREAL~」』が、4/21(土)よりTACCS1179にて開幕する。

2011年3月にエンターテイメントユニットとして発足したPUPAが旗揚げ公演で披露した青春群像劇『虹色サラウンド』(脚本・演出:加藤真紀子氏)を7年ぶりにリメイク。生きる上で大切な何かを見つける小さな旅物語が描かれる。

同舞台は【音組】【虹組】と【さくら組】【よつば組】のダブルキャストを組み合わせた編成で公演、八木は【虹組】で多田三兄妹の末っ子・柚希を演じる。

出演にあたって八木は、「この作品にはほんとうに色々な想いが込められた作品です。1つ1つの役柄に愛や葛藤など人生がみっちりと詰まっています。ご覧になると分かると思いますが、登場人物ひとりひとりに命が吹き込まれています。必ず自分に似たキャラクターが見つかるはずです!少しファンタジー要素も含まれた作品ですが、それが一概にファンタジーとは言えない、むしろ今の世の中に必要なものだと思います。役のみでなく演者自身もひとりひとり悩んで、ぶつかって、がむしゃらに挑んできた作品です。ご来場くださった皆様の心の片隅にいつまでも残り続けるような作品になりますように。。!」とコメントを寄せた。

舞台『PUPA CINEMATIC STAGE 8「虹色サラウンド ~SURREAL~」』は、4/30(月・祝)までTACCS1179にて上演。
ぜひ劇場でお楽しみください。

【あらすじ】
幼き頃からずっと共に過ごしてきた仲間達。

笑うも泣くも喧嘩も全力で過ごしてきた日々。
それぞれが大人になっていく上で歩みだすそれぞれの道。

それでも帰る場所はいつものこの・・たまり場だった。
だけど、大人になって言えなくなった事もある。
それぞれの歩む道で訪れる葛藤・・邪魔するプライド。

そうして起きるすれ違い。
大人になって抱える「責任」とぶつかった時、

周りが見えなくなることだってある。
悩む時間も多くなるけど、

人の人生の終わりはいつくるなんて分からないもの。
0.5歩の未来を描いた青春ファンタジー。

生きる上で大切な何かを見つける小さな旅物語。

~分かってはいるけど、人生って一度きりなんだよな…
  • はてなブックマーク

pagetop

page top