shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

北村匠海 映画「OVER DRIVE」スペシャルステージ&完成披露舞台挨拶!

北村匠海出演映画「OVER DRIVE」スペシャルステージ&完成披露舞台挨拶が、4/17(火)に行われ、監督・キャストと共に北村が登壇した。

公道を全開走行で駆け抜ける最も過酷な自動車競技、『ラリー』。世界中のあらゆる道が戦いの舞台となり、ラリーが盛んな欧州、南米ではF1に勝るとも劣らない人気を博し、日本国内にも熱狂的なファンが多く、各地で数多くのイベント(競技)が開催されている。2017年には18年振りにTOYOTAが、40年以上の歴史を誇る最高峰のシリーズ“FIA WORLD RALLY CHAMPIONSHIP”(世界ラリー選手権)に参戦。開幕2戦目にして優勝を飾る快挙となり、大きな話題となった。各メーカーの先端技術の結晶である車輛、モンスターカーを操るドライバー、その舞台を支えるメカニック、まさに人車一体の公道の格闘技。そんな世界を舞台に、若者たちの熱い絆と愛を描いた、新たなヒューマンエンターテインメントが誕生する。

北村は、スピカと熾烈な優勝争いを繰り広げるシグマ・レーシング所属のドライバー、新海彰を演じる。幼少期より英才教育を受け、常に冷静沈着でミスのない完璧なドライビングテクニックを持つ。現在もっとも世界に近いドライバーであり、スピカ所属の天才ドライバー・檜山直純とはライバル関係であるという役どころ。

この日はまず、六本木ヒルズアリーナにてスペシャルステージを開催。登壇者が姿を現すと会場はたちまち大歓声に包まれ、北村も笑顔で応えた。その後ステージ上に登壇し、「今日は寒い中、たくさんの方に集まっていただいて本当にありがとうございます。今日は楽しくトークをしていきたいと思いますので、よろしくお願いします。」と挨拶。

自身の役どころについて、「香盤表に“新海、かっこいいカット”が3つぐらい並んでいるところがあって、“これは何を撮るんですか?ヘルメットを外すとかですかね”みたいな(笑)。新海という人間は、芯があって、クールでかっこいい役だったので、気を張って撮影していました。(新田)真剣佑がライバル役だと聞いて、共演できるのはすごく嬉しいと思ったんですけど、あの肉体なので僕も鍛えなきゃなと思って、ない知恵を絞ってがんばって5キロぐらい増やしました。」と明かした。

その後行われた舞台挨拶で北村は、「新海彰役を演じました、北村匠海です。短い時間ですが、楽しんでいってください。よろしくお願いします。」と挨拶。

新田さんとの共演について、「かっこいい役をいただいて、しかも真剣佑のライバルじゃないですか。真剣佑のライバルを演じるのは、体も鍛えないといけないし大変でした。真剣佑とは何回か共演しているので、また出会えることも嬉しかったですし、熱く撮らせていただきました。」と語った。

映画「OVER DRIVE」は、6/1(金)全国公開!
ぜひご期待ください!

【ストーリー】
世界最高峰のラリー競技・WRC(世界ラリー選手権)の登竜門として、若き才能たちがしのぎを削る国内トップカテゴリーのSCRS(セイコーカップラリーシリーズ)。スピカレーシングファクトリーとライバルチームの熾烈な優勝争いは激しさを増していた。
スペシャルステージで競われるのは、コンマ1秒の世界。
「攻めなきゃ、勝てねーから!」
WRCへのステップアップを目指すスピカ所属の天才ドライバー、檜山直純(新田真剣佑さん)。
真面目で確かな腕を持ち、チームに貢献するメカニックの兄・檜山篤洋(東出昌大さん)の助言を無視し、リスクを顧みない、勝気なレースを展開する。ラウンド毎に衝突を繰り返す二人。いつしか、チームにも険悪なムードが漂い始め……。
そんなある日、素行の悪い直純の新しいマネジメント担当として遠藤ひかる(森川葵)がやってくる。なんの知識もなく、完全に場違いな、ひかる。彼女を待ち受けていたのは、檜山兄弟の確執に秘められた過去、そして、チーム全員を巻き込む試練だった。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top