shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

山﨑賢人 主演映画「羊と鋼の森」完成披露試写会!

山﨑賢人主演映画「羊と鋼の森」完成披露試写会が、5/20(日)に行われ、監督・キャストとともに山崎が登壇した。

同作は、「2016年 本屋大賞第1位」を受賞した、宮下奈都さんの小説「羊と鋼の森」を実写映画化。ピアノの調律に魅せられた一人の青年の成長物語を描く本作。北海道の高校に通う外村は調律師・板鳥と出会い、感銘を受け、ピアノの調律師として生きていくことを決意。板鳥がいる江藤楽器で働き始め、ピアノと繋がる多くの人と出会い、調律師としての自分を探し求め成長していく。

山﨑が演じるのは、主人公・外村直樹役。北海道の集落出身で、高校生の時に、調律師の板鳥に出会い調律師の道を目指すことに。自分には才能はないと思いながらも、直向きに努力を重ねていく。

上映前に行われた舞台挨拶に登壇した山﨑は、「今日『羊と鋼の森』を皆さんに観てもらえることを本当にうれしく思います。ぜひ楽しんでいってください。よろしくお願いします。」と挨拶。

台本を読んだときの印象について聞かれると、「それまで(舞台となる)トムラウシという場所には行ったことがなかったですけど、その風景や音が想像できて楽しかったですし、宮下さんが描いている言葉はどれも素敵でいいなと思いました。調律師という仕事はそれまで知らなかったんですけど、僕が役者という仕事をする上でいろいろ感じていることを照らし合わせて表現出来たら、それが一番リアルに伝わるものがあると思ってやりました。」と語った。

さらにこの日は、同作のエンディング・テーマを演奏する辻井伸行さんが登壇し、劇中で和音が演奏する曲『水の戯れ』(モーリス・ラヴェル作曲)と、エンディング・テーマ曲『The Dream of the Lambs』(久石譲作曲)を生演奏。山﨑は、「こんなに近くで聴かせてもらえて貴重な経験でした。力強さと気持ちで弾いている感じが感動しました。」と感無量の様子だった。

最後に、「今日来られてよかったと思うぐらい元気をもらいました。辻井さんの演奏を聴いて、皆さんとこの会場に居られたことがすごく良い時間でした。これから観ていただくと思いますが、伝わるものがたくさんあると思いますし、登場人物それぞれの生き方があって、素敵な台詞もたくさん出てきますので、それを感じてもらいたいです。ぜひ楽しんでいってください。よろしくお願いします。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

映画「羊と鋼の森」は、6/8(金)全国公開!
ぜひ劇場でご覧ください!

【ストーリー】
「羊」の毛で作られたハンマーが、「鋼」の弦をたたく。ピアノの音が生まれる。生み出された音は、「森」の匂いがした―
将来の夢を持っていなかった主人公・外村直樹(山﨑)は、 高校でピアノ調律師・板鳥宗一郎(三浦友和)に出会う。彼が調律したその音に、 生まれ故郷と同じ森の匂いを感じた外村は、 調律の世界に魅せられ、果てしなく深く遠い森のような その世界に、足を踏み入れる。ときに迷いながらも、先輩調律師・柳伸二(鈴木亮平)や ピアノに関わる多くの人に支えられ、磨かれて、 外村は調律師として、人として、逞しく成長していく。そして、ピアニストの姉妹・佐倉和音(上白石萌音)由仁(上白石萌歌)との出会いが、【才能】に悩む外村の人生を変えることに―。
(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top