shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

夏帆 映画「ビブリア古書堂の事件手帖」出演決定!

夏帆が11月公開の映画「ビブリア古書堂の事件手帖」に出演することが発表された。

同作は、鎌倉の片隅にあるビブリア古書堂の店主である篠川栞子が古書にまつわる数々の謎と秘密を解き明かしていくシリーズ累計640万部を突破する国民的大ベストセラー、「ビブリア古書堂の事件手帖」(三上延 著)シリーズの映画化。
昨年「幼な子われらに生まれ」で第41回モントリオール世界映画祭審査員特別大賞ほか、数々の映画賞を受賞した三島有紀子監督がメガホンをとる。

鎌倉の片隅にひそやかに佇む古書店「ビブリア古書堂」。過去の出来事から本が読めなくなった五浦大輔(野村周平さん)がその店に現れたのには、理由があった。亡き祖母の遺品の中から出てきた、夏目漱石の「それから」に記された著者のサインの真偽を確かめるためだ。磁器のように滑らかな肌と涼やかな瞳が美しい若き店主の篠川栞子(黒木華さん)は極度の人見知りだったが、ひとたび本を手にすると、その可憐な唇からとめどなく知識が溢れだす。さらに彼女は、優れた洞察力と驚くべき推理力を秘めていた。栞子はたちどころにサインの謎を解き明かし、この本には祖母が死ぬまで守った秘密が隠されていると指摘する。それが縁となって古書堂で働き始めた大輔に、栞子は太宰治の「晩年」の希少本をめぐって、謎の人物から脅迫されていると打ち明ける。力を合わせてその正体を探り始めた二人は、やがて知るのであった。漱石と太宰の二冊の本に隠された秘密が、大輔の人生を変える一つの真実につながっていることを―。

夏帆は大輔の亡くなった祖母・五浦絹子の若き日を演じる。

三島組に参加し夏帆は、「三島さんの作品とは不思議な縁があると感じました。作品にかける想いの強さと、いつもは凛とした監督がたまに見せる少女の顔が印象的で。三島さんの強さのなかに垣間見える繊細な感性がこの作品の世界観にぴったりだなと思いました。」とコメント。

絹子に惹かれる小説家志望の田中嘉雄を演じた東出昌大さんとは『予兆 散歩する侵略者』に続き2度目の共演となるが、「東出さんは、以前ご一緒した作品との役の振り幅に驚き、その立ち姿から文学の香りのする方だな、と。すごくストイックで真面目な方で、自然と(東出さん演じる)嘉雄さんと接することができました。」と撮影を通しての印象を語った。

そして最後に、「もう少し、撮影をしていたかったというのが今の正直な感想。現在と過去がつながった時に、一体どういう映画になるのか凄く楽しみです。この作品は本に纏わるひとたちのお話です。わたし自身もあらためて古書の魅力を教えてもらった気がします。ぜひ公開を楽しみにしていてください。」と話した。

さらにこの日は特報映像も解禁。大輔の亡き祖母の遺品の中から出てきた夏目漱石の「それから」と、栞子が大切に保管している太宰治の「晩年」の2冊の本を中心に、黒木さんと野村さんが演じるビブリア古書堂を舞台とした “大切な秘密”を巡る≪現在のパート≫、そして東出さんと夏帆演じる“知られてはいけない恋”を描く≪過去のパート≫が交差し、ある事件を解決へと導くミステリアスな雰囲気漂う映像となっている。

映画「ビブリア古書堂の事件手帖」は11/1(木)公開。
ぜひご期待ください!

  • はてなブックマーク

pagetop

page top