shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

夏帆 映画「友罪」公開記念舞台挨拶!

夏帆出演映画「友罪」が5/25(金)公開初日を迎え、翌26日(土)TOHOシネマズ 日比谷にて行われた公開記念舞台挨拶に夏帆が登壇した。

同作は、デビュー作で江戸川乱歩賞を受賞したミステリー界の旗手で、少年犯罪を取り巻く人々を繊細に描き続ける薬丸岳が、2013年に発表した同名小説の映画化。
もしも、あなたのそばにいる友達が、かつて世間を震撼させた“あの事件”の元少年犯だったら・・・。
魂を焦がす衝撃と、友を想い、互いに疑心や後悔と向き合い葛藤する慟哭の群像劇が、映画『64-ロクヨン―前編/後編』の瀬々敬久監督の手により映画化される。

何人もの人生を決定的に変えた“事件”は、ふたりの男の出会いから始まった―。
ある町工場で働き始めた、元週刊誌ジャーナリストの益田と、他人との交流を頑なに避ける鈴木。共通点は何もなかったふたりだが、同じ寮で暮らすうちに、少しずつ友情を育ててゆく。そんななか彼らが住む町の近くで児童殺人事件が起こり、SNSで17年前に日本中を震撼させた凶悪事件との類似性が指摘される。当時14歳だった犯人の少年Aはすでに出所していて、今度も彼の犯行ではないかというのだ。ネットに拡散していた少年Aの写真を見た益田は愕然とする。そこにはまだ幼さの残る鈴木が写っていた。
驚きと疑問に突き動かされ、調査を始める益田。それは、17年前に自ら犯した“ある罪”と向き合うことでもあった。一度は人生を捨てたふたりの過去と現在が交錯し、止まっていた時計が激しく動き始める―。
それはまた、ふたりに関わる人々の人生も大きく動かすことになる―。

上映後に行われた舞台挨拶にて夏帆は、「昨日初日を迎え、こういった作品がこのような大きな劇場、さらにたくさんの劇場で上映されるということで、とても嬉しく思っています。ありがとうございます。」とコメント。

夏帆が演じた藤沢美代子は元AV女優として暗い過去を持ちながら、あることで鈴木に助けられ、次第に好意を寄せていく役どころ。出演にあたり、「お話をいただいて、正直なところ即決で決められるような役ではなかったです。私は美代子という女性を受け入れることができるのか、とすごく悩みました。ただ、だからこそやってみたいと思いましたし、すごく興味深い題材だったこと、また、瀬々さんとご一緒してみたいという気持ちがありました。そういう好奇心のほうが勝って、覚悟を決めてお受けしました。」と話した。

同作のテーマのひとつが“友情”であることから、自分にとって友達とは?という質問があがり、「友達は友達ですよね。対等であるとか、もし相手に何かがあったら助けてあげたい人とかいろいろと考えましたが…一緒にいたいと思う人なのかなと思います。」と悩みながら答えた。

映画「友罪」は現在公開中。
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top