shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

横浜流星 主演映画「兄友」初日舞台挨拶!

横浜流星主演映画「兄友」が、5/26(土)公開初日を迎え、品川プリンスT・ジョイにて行われた舞台挨拶に横浜が登壇した。

累計部数80万部を超える人気コミックス「兄友」(白泉社刊『花とゆめ』にて連載中)がドラマ・映画と続き、待望の実写化。
イケメンなのに恋愛にオクテな男子高校生・西野壮太(横浜流星)と、恋に興味なしの所帯じみた女子高校生・七瀬まい(松風理咲さん)との壁越しつつ抜けラブ・ストーリーが描かれる。

上映後に行われた舞台挨拶に登壇した横浜は、「皆さん、本日はご来場いただきまして誠にありがとうございます。無事に初日を迎えることができて本当にうれしく思います。短い時間ですが、楽しんでいってください。よろしくお願いします。」と挨拶。

単独初主演を務めた映画で、初日を迎えた感想を聞かれると、「普段からセンターに立つことがないので、ちょっとそわそわしますし、身が引き締まる思いです。現場ではちゃんと主演として居られたのかなという不安もありつつ、僕はグイグイと引っ張っていくタイプではないので、『皆がやりやすく、芝居がしやすい環境を作れたらいいな』という思いでいましたが、皆はどう思ってくれているのか…。」と口にすると、共演者から『大丈夫でしたよ。流星くんは、言葉で示すよりは、背中で見せていく人という印象でした。』と声を掛けられ、「ありがとございます。」と笑顔を見せた。

さらにこの日は、横浜へのサプライズとして、監督・共演者からメッセージ入り色紙のプレゼントが贈られた。「全く聞いてなかったです!」と驚く横浜に、感謝や激励の言葉が続くと、「めちゃくちゃうれしくて、言葉が出てこないです。僕が主演としてやっていけたのは、皆がすごく素直で良い子で、助けられたおかげでした。皆には本当に感謝しています。ありがとうございました。」と感激の様子だった。

最後に、「この作品は、従来の少女漫画とは違ってピュアで温かい作品です。恋をしたことがある方は、初恋の感情を思い出しながら観ていただけると面白いと思いますし、恋をしたことがない方は、恋がしたいと思ってもらえたらうれしいです。また、今恋をしている方は、西野くんの成長していく姿を見て、皆さんの恋を一歩踏み出すきっかけになってくれたらと思います。皆で力を合わせて作った作品なので、一人でも多くの方に観てもらいたいですし、面白かったなと思ってもらえたら、友達を誘ったり、SNSで拡散していただけたらうれしいです。本日はありがとうございました。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

映画「兄友」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!

【ストーリー】
イケメンなのに女子に超奥手な西野壮太(横浜流星)は、ある日、ドSな友人・七瀬雪紘(古川毅)の自宅で妹・まい(松風理咲)と出会いドキドキ!西野は思わず「妹さん…可愛いな」と雪紘に伝えてしまう。ところがこの兄妹の部屋は壁が薄くて、その会話はまいの部屋につつ抜け!!イマドキの恋愛ができない素朴なまいは、兄たちの会話で不思議な気持ちを初体験。そして何とか自分の気持ちを伝える壮太とまいは付き合うことに。。。ところが、恋愛にウブすぎる2人の仲は、なかなか進展しない。これって、本当に付き合ってるの?!妹・秋(小野花梨)がアルバイトをする犬カフェ「Happy Dogs」のオーナー橘萩之介(福山潤)に、恋愛講座を受ける壮太。名前を呼ぶのはどうすればいい?デートの場所は?初めての恋愛にとまどうばかりの壮太だったが、そんなある日、壮太の従弟・加賀樹(松岡広大)も、まいを好きになってしまい、壮太にまさかの宣戦布告で三角関係勃発?!果たして、この二人のウブ・ストーリーの結末は?!
(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top