shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

本仮屋ユイカ 「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018」アワードセレモニーに登場!

本仮屋ユイカが、6/17(日)都内で行われた「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018」のアワードセレモニーに公式審査員として出演した。

同映画祭は、1999年、ショートフィルムを日本に紹介するため、米国俳優協会(SAG)の会員でもある別所哲也さんを創立者に「アメリカン・ショート・ショート フィルムフェスティバル」として東京・原宿で誕生。 2001年に「ショートショート フィルムフェスティバル(SSFF)」と改称し、2004年に米国アカデミー賞公認映画祭として認定された。
その後、アジア発の新しい映像文化の発信・新進若手映像作家の育成目的から「ショートショート フィルム フェスティバル アジア(SSFF AISA 共催:東京都)」が2004年に誕生。現在、2つの映画祭を“SSFF & ASIA”と総称して開催している。

映画祭20周年の節目となる今年は、6/4(月)~6/24(日)まで、世界130以上の国と地域から集まった過去最高1万本の作品から選りすぐりの約250作品を東京8会場で上映。国内の映画祭として初となるVR部門や、学生部門・ノンフィクション部門を新設し、日本初公開となる第90回アカデミー賞短編実写部門の受賞作品を揃えるなど、世界から注目を集めている。

同映画祭のオフィシャルコンペティション作品の中から、グランプリ1作品、各部門の優秀賞を選定する公式審査員を務めた本仮屋。
さらにこの日は、特別上映作品としてW主演映画「遠い時間、月の明かり」がお披露目となった。同作は、海外でも人気を誇る和楽器バンドの楽曲『細雪』をモチーフにしたショートフィルムで、偶然にも日本の北と南で、同日同時刻に生まれた男女が出会い恋に落ちるも、突然の別れが訪れ、やがて同時に一生を終えるという儚くも切ない男女の物語。今後は、SSFF & ASIAを通じて世界の国際映画祭に出品される。

和楽器バンドのギター・町屋さんからの“月を撮影するラストシーンで、ファインダーを外した本仮屋さんの表情がお気に入り”という言葉を受け、「感激です。ありがとうございます。あのカットは、現場が一体となって全員の呼吸が聞こえているような状況で、とても集中できた思い出深いシーンだったので、気に入っていただいて嬉しいです。」と笑顔でコメント。

撮影は沖縄で行われたとのことで、「スタッフの皆さんが沖縄の方々で、“今のカット良かったね”とか“こうしたらもっと良いシーンになるね”とポジティブな言葉をかけてくださったので、現場がどんどん上がっていくんです。印象深かったのは雪が降るシーンで、本当に降らしています。みなさんが協力してくださって、無事美しい雪になりました。」と振り返っていた。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top