shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

森崎ウィン 「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018」アワードセレモニーに登場!

森崎ウィンが、6/17(日)都内で行われた「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018」のアワードセレモニーに、受賞プレゼンターとして出演した。

同映画祭は、1999年、ショートフィルムを日本に紹介するため、米国俳優協会(SAG)の会員でもある別所哲也さんを創立者に「アメリカン・ショート・ショート フィルムフェスティバル」として東京・原宿で誕生。 2001年に「ショートショート フィ
ルムフェスティバル(SSFF)」と改称し、2004年に米国アカデミー賞公認映画祭として認定された。
その後、アジア発の新しい映像文化の発信・新進若手映像作家の育成目的から「ショートショート フィルム フェスティバル アジア(SSFF AISA 共催:東京都)」が20
04年に誕生。現在、2つの映画祭を“SSFF & ASIA”と総称して開催している。

映画祭20周年の節目となる今年は、6/4(月)〜6/24(日)まで、世界130以上の国と地域から集まった過去最高1万本の作品から選りすぐりの約250作品を東京8
会場で上映。国内の映画祭として初となるVR部門や、学生部門・ノンフィクション部門を新設し、日本初公開となる第90回アカデミー賞短編実写部門の受賞作品を揃えるなど、世界から注目を集めている。

今年より国内の映画祭として初めて設立されたVR部門、「VR SHORTS」の受賞プレゼンターとして登場した森崎は、現在公開中のスティーヴン・スピルバーグ監督最新
作、ハリウッド映画「レディ・プレイヤー1」に唯一の日本人キャストとして出演。物語は、広大な仮想現実(VR)世界を舞台にした作品となっている。

同作でVR撮影を体験した森崎は、「360度となると気が抜けず、全て見られている状態。でもそれが面白いポイントになっていると思います。」とコメント。

撮影で印象に残っていることを聞かれ、「僕にとって初めてのハリウッド作品で、セットの豪華さをはじめ、いろいろなところでスケールの大きさを感じました。何よりもケータリングがすごかったです。イギリスで撮影をしたのですが、クラフトサービスは専用のトレーラーでした。ハリウッドに来たな、と思いました(笑)。」と振り返った。

さらに、「「レディ・プレイヤー1」を初めて観たときに、これが今僕たちが生きているリアルな世界に来るんだと思ってワクワクが止まらなかったです。本当に楽しくて、今後もVRに期待しています。」とVRの魅力を語っていた。

■森崎ウィン公式Instagram
https://www.instagram.com/win_morisaki_official

★PrizmaXオフィシャルサイト ⇒http://www.prizmax.tokyo/
★PrizmaXオフィシャルTwitter ⇒ @prizmax_staff
★PrizmaXオフィシャルLINE ⇒ @prizmax
★PrizmaXオフィシャルFacebook ⇒https://www.facebook.com/PrizmaX.official.win.tim.daiki.yuuki.tsubasa/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top