shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

森川葵 ドラマ「GIVER 復讐の贈与者」出演決定!

森川葵が、7/13(金)スタートのドラマ「GIVER 復讐の贈与者」(テレビ東京系)に出演することが発表された。

同作は、『GIVER 復讐の贈与者』シリーズ(日野草/角川文庫)が原作、伊坂幸太郎、恩田陸、乙一などベストセラー作家たちが絶賛する新感覚リベンジミステリー。復讐をテーマにして、復讐する側、復讐される側の人間模様を巧みに描きながら、驚きのラストを毎回迎える短編小説群を、スタイリッシュでノワールな新しい作品として初めて映像化する。

森川は、復讐代行組織『サポーター』を創設した、謎の美少女・テイカー役を演じる。

同作出演に森川は「実は自分の知らない日本のどこかで起きている話かもしれない、実は横にいる人は偽名を使っているかもしれない、そんな不安と恐怖を感じさせつつも、なぜか各話の終わりにはスッキリした、「ような気がする…」。何が正しいのか分からない感情になって自分だったらどうしてたか、どちらの味方になっていたのか、どちらが正義だったのか、正義はあるのかと自分の心に問いかけて頂きながら見ていただきたいなと思います。」とコメントを寄せた。

ドラマ「GIVER 復讐の贈与者」は、テレビ東京系で7/13(金)より毎週金曜深夜0:12~放送!
ぜひご期待ください!

【あらすじ】
生まれつき人間としての感情が欠落している主人公の義波(吉沢亮)。淡々と他人の復讐を請け負い、完ぺきにこなす。依頼者は同級生を殺された女子高校生、結婚詐欺にあった女性、連続殺人被害の家族…など様々。義波は依頼者の要望に応じて、ターゲットの心をえぐるような最適で残酷な方法で追い詰めていく。仲間は数人、統率するのはTAKER(テイカ―)と呼ばれる謎の少女(森川)。なぜ彼らは復讐代行業を始めたのか?
第1話は家族連れで賑わう休日の展望室が舞台。そこに銃を持った一人の若者が現れ立てこもる。見境なく居合わせた人々に危害を加えようとする青年の真意とは?そして、今回はどんな復讐劇が待ち受けているのか!?驚き連続のリベンジミステリーが幕を開ける!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top