shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

北川景子 映画「パンク侍、斬られて候」大ヒット御礼舞台挨拶!

北川景子出演映画「パンク侍、斬られて候」の大ヒット御礼舞台挨拶が7/5(木)新宿バルト9で行われ、主演の綾野剛さんと共に北川が登壇した。

同作は、芥川賞作家・町田康が2004年に発表した傑作小説「パンク侍、斬られて候」の映画化。江戸時代を舞台にしながらも、今っぽい口語による滑稽な会話の応酬、次から次へと登場する特異なキャラクター、驚きに満ちたストーリー展開、そしてド肝を抜く大団円…。発表から十数年経った今でも色あせないどころか、混沌深まる現代の写し鏡の様な世界観で、多くの熱狂的なファンを持つ作品だ。
SNS上では“体と心がパンク侍を求めている…!早くまた見たいと訴えている!中毒性半端ないです!”、“アタシの頭の中パンク侍で脳内破壊されててやばいっす(笑)”、“ほんとカオスな映画。というか神映画”など、独特な世界観で来場者を圧倒。この度、そんな同作の大ヒットを記念した舞台挨拶イベントが行われた。

ある組織の極悪非道な元幹部・茶山半郎の身のまわりの世話をするミステリアスな美女・ろんを演じた北川は、「綾野さんと撮影から宣伝まで一緒に動かせていただきましたが、綾野さんは本当にプロフェッショナルな方なんだと感じました。」とコメント。続けて、「綾野さんとは今日でお会いするのがたぶん最後になるのですが…」と話し、綾野さんから“いやいや(笑)”とツッコミがー。慌てた様子で、「そういう意味ではなくて(笑)、この作品でお会いするのは最後になるのですが、綾野さん、そしてたくさんのお客様と一緒に作品のプロモーションを終えられて嬉しい気持ちでいっぱいです。」と笑顔で話した。

その後MCより綾野さんがプロフェッショナルだなと感じたところを聞かれ、「スタッフ的な動きとか、共演者のこと、さらに天候やその時の状況を常に気にかけてくださっていて。あと、雨雲レーダーをチェックされている主演の方を初めて見て、そんなところまで気にしてくださるのかと。それもひとえに作品を良くしたいという思いでやられていることなので、すごいと思いました。」と絶賛した。

この日は、同イベントをもって初解禁となった映画撮影時のメイキング映像を来場者と一緒に鑑賞。撮影中に収録されたインタビューで北川が、「私がやりたかったのはこういうこと。」とコメントした映像が流れ、「撮影期間中に撮ったものなので、どこか違う世界にいっていたのかな(笑)。“パンク”という言葉はそれで成立しているので説明ができないのですが、現場や撮影の技法、監督の感覚がすごくパンクで、今まで経験したことがないような撮影でした。“自分はこういうのがやりたかったんだ!”って覚醒したのですが、今見るとちょっと恥ずかしいです。」と微笑んだ。

そして最後に、「原作ファンの方から、原作に忠実なので楽しめるという話しを伺いました。私はこの作品から石井岳龍監督の世界に飛び込んだのですが、“日々の現実を忘れて自分の生きたいように生きてみても良いのではないか”とか、“自分をもっと出していこう”といったスカッとした気持ちになりました。石井監督のファンの方にもこれから観てみたいという方にも、きっとハマッてもらえる作品。観ていただくためのお力を皆さんにお借りできたらと思います。本日はありがとうございました。」とメッセージを送った。

映画「パンク侍、斬られて候」は現在大ヒット公開中!
ぜひ劇場でお楽しみください。

【物語】
ある日、とある街道に一人の浪人があらわれ、巡礼の物乞いを突如斬りつける。自らを“超人的剣客”と表すその浪人の名は掛十之進。
掛は「この者たちは、いずれこの土地に恐るべき災いをもたらす」と語るが……。次々とあらわれるクセもの12人。ある隠密ミッションの発令によって始まる前代未聞のハッタリ合戦。
そして一人の女をめぐる恋の行方と、一人の猿が語り出す驚きの秘密。
今、あなたの想像をはるかに超える、驚天動地の戦いがはじまる!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top