shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

葵わかな 映画「青夏 きみに恋した30日」終業式サプライズイベント!

葵わかながW主演を務める映画「青夏 きみに恋した30日」(8/1(水)公開)の終業式サプライズイベントが7/24(火)淑徳巣鴨中学高等学校にて行われ、佐野勇斗と共に葵が出演した。

映画「青夏 きみに恋した30日」は、南波あつこによる人気コミックの映画化で、夏休みを田舎で過ごすことになった都会の女子高生・理緒と、そこで出会う地元の男子高生・吟蔵との〈期間限定の恋〉を描いたピュアラブストーリー。

夏休みの間、大自然に囲まれた祖母の家で過ごすことになった都会育ちの女子高生・理緒(葵)は、そこで地元の高校生・吟蔵(佐野勇斗)と出会う。少しぶっきらぼうだけど実は優しい吟蔵に、理緒は一瞬で恋に落ちる。吟蔵も、まっすぐな理緒に次第に惹かれていくが、夏休みが終われば離ればなれになってしまう──。わかっていても止められない想い。吟蔵の幼なじみで婚約者の万里香(古畑星夏)や、理緒に想いを寄せる祐真(岐洲匠)たちも巻き込み、恋はどんどん加速していく。果たしてこの恋のゆくえは──?

この日は同作が高校の夏休みに巻き起こるストーリーであることから、翌日より夏休みを迎える淑徳巣鴨中学高等学校の終業式に、葵と佐野がサプライズ登場。
まずは、自身の夏休みの思い出を聞かれ、「佐野君とは今回で共演が2回目。以前一緒に出演した作品が中学校の合唱部の映画で、本当に部活をしているような夏休みを体験しました。」と話すと共に、長期的な夏休みを取れるとしたらという質問には、「海外旅行に行きたいです。」と声を弾ませた。

同作について、「この映画は青春ラブストーリーで、胸キュンシーンが多いんです。私が演じた理緒は元気な役だったのですが、図書室で突然告白するとかあって、それはすごく恥ずかしかったです。」と振り返った葵。一方、佐野が思い出に残った胸キュンシーンとして理緒が祐真に呼ばれ吟蔵が引き止めるシーンをあげると、その場で再現することになり、「恥ずかしい(笑)」と言いながらも見事演じ切ると、会場からは拍手と黄色い悲鳴が上がっていた。

その後、生徒さんに事前に取った“夏休みを有意義に過ごすには?”のアンケート結果で【花火大会に行きたい】が多かったことから、男子生徒は葵を、女子生徒は佐野を花火大会に誘うというチャレンジコーナーが行われた。まずは男子生徒が葵を誘うこととなり、佐野のアドバイスのもと、立候補で選ばれた3名から誘いを受けると、「みんな素敵で選ぶのが難しいです。」と悩みつつ、告白前に「一緒にいて楽しい、面白いだろうなって思える感じで言って欲しい。」と希望していた通り、3人の中で一番笑いの多かった生徒が選ばれた。

今度は女子生徒が佐野を誘う順番になり、葵がアドバイス。「佐野君はボーイッシュな女の子が好きという情報が謎にあったので、それをお伝えしようかと思ったのですが、先程“たどたどしさが大事”と言われていたので、女性3人が元々持っていたストレートでいくという意思を貫きました。」と説明し、三人三様の可愛らしい告白を見て笑顔がこぼれていた。

そして最後に、「私は今20歳なのですが、学生時代は、あまり思い出に残るような夏休みを過ごしていませんでした。ぜひ皆さんには外に出て夏を感じて遊んでほしいと思います。高校3年生の時は受験勉強をしていたので夏はその思い出が強いです。大変ですが、同世代の方たちの多くが受験だからと思うと頑張れました。受験勉強の人もぜひ頑張ってください。そして、「青夏」を観ていただいて、楽しい夏休みを過ごしてください!ありがとうございました。」とメッセージを送った。

映画「青夏 きみに恋した30日」は8/1(水)全国ロードショー!
ぜひご期待ください。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top