shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

佐野勇斗 映画「青夏 きみに恋した 30 日」終業式サプライズイベント!

佐野勇斗がW主演を務める映画「青夏 きみに恋した 30日」(8/1(水)公開)の終業式サプライズイベントが7/24(火)淑徳巣鴨中学高等学校にて行われ、葵わかなと共に佐野が出演した。

映画「青夏 きみに恋した30日」は、南波あつこによる人気コミックの映画化で、夏休みを田舎で過ごすことになった都会の女子高生・理緒と、そこで出会う地元の男子高生・吟蔵との〈期間限定の恋〉を描いたピュアラブストーリー。

夏休みの間、大自然に囲まれた祖母の家で過ごすことになった都会育ちの女子高生・理緒(葵わかな)は、そこで地元の高校生・吟蔵(佐野)と出会う。少しぶっきらぼうだけど実は優しい吟蔵に、理緒は一瞬で恋に落ちる。吟蔵も、まっすぐな理緒に次第に惹かれていくが、夏休みが終われば離ればなれになってしまう──。わかっていても止められない想い。吟蔵の幼なじみで婚約者の万里香(古畑星夏)や、理緒に想いを寄せる祐真(岐洲匠)たちも巻き込み、恋はどんどん加速していく。果たしてこの恋のゆくえは──?

この日は同作が高校の夏休みに巻き起こるストーリーであることから、翌日より夏休みを迎える淑徳巣鴨中学高等学校の終業式に、葵と佐野がサプライズ登場。
まずは、自身の夏休みの思い出を聞かれ、「高1の時にニュージーランドにホームステイしたことがありまして、それが楽しかったです。」と笑顔で振り返った。

同作では胸キュンシーンが多く登場し、葵がその1つとして“図書室で突然告白をするシーンが恥ずかしかった”と話すと、「お芝居とはいえ、告白されるのは照れました。」と佐野も振り返る。その後、佐野が思い出に残った胸キュンシーンとして理緒が祐真に呼ばれ吟蔵が引き止めるシーンをあげると、その場で再現することに―。無事カットがかかり拍手と黄色い歓声が上がるも、「恥ずかしい。(葵の手を)持つ手が手汗で滑るかと思いました(笑)。このシーンは試写でも観れなかったんです。」と告白し、会場の笑いを誘っていた。

その後、生徒さんに事前に取った“夏休みを有意義に過ごすには?”のアンケート結果で【花火大会に行きたい】が多かったことから、女子生徒は佐野を、男子生徒は葵を花火大会に誘うというチャレンジコーナーが行われた。まずは男子生徒が葵を誘うことになり、佐野が男子生徒にアドバイス。続けて女子生徒が佐野を誘うことになり、立候補で選ばれた3名からのストレートな告白に、「おお…って、ストレートに行きたいと思いました。」と感想を語っていた。

そして最後に、「皆さん、夏休みの予定は決まっていますか?正直言ってしまうと僕は高1、高2の頃、遊んでいました。高3は死に物狂いで勉強したので、高校3年生の人は今が勝負どきだと思って頑張ってください。先生の前であまり言えませんが高1、高2は宿題をちゃんとやりながら遊んでください。あと、8/1に「青夏」が公開しますので、友達とかと予定を立ててぜひ観てください。今日は急にお邪魔してしまってすみませんでした。ありがとうございました。」とメッセージを送った。

映画「青夏 きみに恋した30日」は8/1(水)全国ロードショー!
ぜひご期待ください。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top