shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

秋田汐梨 映画「青夏 きみに恋した30日」前日祭舞台挨拶!

秋田汐梨出演映画「青夏 きみに恋した30日」前日祭舞台挨拶が7/31(火)新宿ピカデリーで行われ、監督・キャストと共に秋田が登壇した。

映画「青夏 きみに恋した30日」は、南波あつこによる人気コミックの映画化で、夏休みを田舎で過ごすことになった都会の女子高生・理緒と、そこで出会う地元の男子高生・吟蔵との<期間限定の恋>を描いたピュアラブストーリー。

夏休みの間、大自然に囲まれた祖母の家で過ごすことになった都会育ちの女子高生・船見理緒(葵わかな)は、そこで地元の高校生・泉吟蔵(佐野勇斗)と出会う。少しぶっきらぼうだけど実は優しい吟蔵に、理緒は一瞬で恋に落ちる。吟蔵も、まっすぐな理緒に次第に惹かれていくが、夏休みが終われば離ればなれになってしまう──。わかっていても止められない想い。吟蔵の幼なじみで婚約者の大鳥万里香(古畑星夏)や、理緒に想いを寄せる菅野祐真(岐洲匠)たちも巻き込み、恋はどんどん加速していく。果たしてこの恋のゆくえは──?

秋田は吟蔵の仲間・永村さつきを演じている。

上映後の舞台挨拶に艶やかな浴衣姿で登壇した秋田は、「ついさっき観た映画の理緒ちゃんと吟蔵君が目の前にいるということで、皆さんニヤニヤ、ソワソワしていると思いますが、前日祭舞台挨拶を夏最高の思い出にしてください。今日はよろしくお願いします。」と挨拶。

同作のタイトル「青夏」に“青春よりも、もっと青くて熱い”という意味が込められていることから、今年“青夏”したと感じた青夏体験を聞かれ、「京都に住んでいるのですが、祇園祭が先週あって、それに行けることになったので友達を誘ったんです。そうしたら友達から好きな人と行けることになったから一緒に行けないって言われて…。その子は祇園祭で告白されたらしく、私も青夏したいなって思いました。」と答えると“青夏っぽい”“いいね”という声が―。その後MCから“祇園祭には行ったのですか?”と質問され、「別の女の子たちと行きました。8月は花火大会に行く予定を立てています。」と笑顔で話した。

この日は、登壇者の“青夏”愛を測るため、キャストを役柄に順じて都会チーム(葵わかな・岐洲匠・久間田琳加・志村玲於)、上湖チーム(佐野勇斗・古畑星夏・水石亜飛夢・秋田汐梨)に分け、劇中に登場するアイテムを当てる「箱の中身はなんだろな」ゲームに挑戦!負けたチームは舞台挨拶終盤に撮影する公式SNS用写真に変顔で写るという罰ゲームが待っており、秋田は1回戦目に登場。対戦前に客席に箱の中身が披露され、その反応に恐れていた秋田はゲームスタート後も同様で、ゲーム終了後には、「3つのうち、1つも分からなかった。」と話し、会場の笑いを誘っていた。

1回戦目は両チーム正解し、勝負は葵vs佐野の2回戦目へ―。2人とも大絶叫しながら、最終的に冷静を取り戻した葵が見事正解し、都会チームが勝利した。

そして最後に、登壇者全員からサプライズで葵にメッセージを―。秋田は、「私は映画初出演だったので撮影はすごく緊張したのですが、葵さんがたくさん話しかけてくださって。あと、私がロケバスでお弁当を食べてしまっていて結局行けなかったのですが(笑)、ご飯にも誘ってくださってありがとうございました。またぜひお願いします!」と話し、登壇者全員のメッセージと中央に佐野が『わかな大好き』と書いた色紙をプレゼント。温かい空気に包まれたまま、舞台挨拶は終了した。

映画「青夏 きみに恋した30日」は、8/1(水)全国ロードショー!
ぜひ劇場でご覧ください。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top