shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

柳楽優弥 映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」完成披露試写会!

柳楽優弥出演映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」の完成披露試写会が8/9(木)丸の内ピカデリーで行われ、監督・キャストと共に柳楽が登壇した。

同作は、累計発行部数5,500万部以上、週刊少年ジャンプ(集英社刊)が誇る天下無敵の痛快エンターテイメント「銀魂」(原作:空知英秋)の映画化で、パラレルワールドの江戸時代末期を舞台に、便利屋<万事屋(よろずや)銀ちゃん>を営むちょっと変わった男・坂田銀時と、ひょんなことから出会った仲間の身に巻き起こる事件を描いた痛快アクションエンターテイメント。
昨年7月に公開された映画「銀魂」は、2017年の実写邦画No.1の成績を記録する大ヒット。
今回映画化されるエピソードは、「銀魂」史上最もアツい「真選組動乱篇」、そして隠れ人気キャラの"将ちゃん"が登場、最も笑える「将軍接待篇」を融合したものとなっている。

物語は、前作同様かぶき町の便利屋<万事屋銀ちゃん>を中心に展開。金欠で家賃も払えない万事屋3人はついにバイトを決意するが行く先々のバイト先で天下の将軍様と遭遇する羽目に…!
同じ頃、「真選組」は内紛劇により、近藤たちは「真選組」始まって以来の危機に迫られる。やがて将軍をも巻き込む陰謀につながり、江戸中で大騒動が勃発。この最大の危機に万事屋は、銀時はどう立ち向かうのか―

柳楽は前作に引き続き、江戸の治安を守る特殊警察真選組の鬼の副長、土方十四郎を演じる。クールで頭も切れる近藤勲の右腕として、局中法度重視のスパルタで荒くれ隊士たちをまとめる人物。さらに、同作で重要な鍵を握る土方の別人格“トッシー”も演じており、同じ人物ながら中身の全く違う2つのキャラクターがスクリーンでどう映るのか、注目が集まる。

上映前に行われた舞台挨拶にて柳楽が紹介されると黄色い歓声があがり、「ありがとうございます。「銀魂」を通して人気をあげていきたいです(笑)。真選組が頑張っていますのでよろしくお願いします!」と笑いも交えてPR。

土方と別人格であるアイドルおたくのトッシーを演じたが、「土方がカッコイイので、トッシーをやっているほうが楽しかったなと正直思います。素はトッシー寄りなので、(トッシーのほうが)演じやすかったです。」と話すとキャスト陣から“活き活きしてた”、“変わり目がカッコ良かった”と絶賛され、「本当ですか。ありがとうございます。」と満面の笑みを浮かべた。

映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」は8/17(金)公開。
さらにオリジナルドラマ「銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-」が8/18(土)よりdTVにて配信スタート。
ぜひお楽しみください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top