shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

岡田将生 映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」完成披露試写会!

岡田将生出演映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」の完成披露試写会が8/9(木)丸の内ピカデリーで行われ、監督・キャストと共に岡田が登壇した。

同作は、累計発行部数5,500万部以上、週刊少年ジャンプ(集英社刊)が誇る天下無敵の痛快エンターテイメント「銀魂」(原作:空知英秋)の映画化で、パラレルワールドの江戸時代末期を舞台に、便利屋<万事屋(よろずや)銀ちゃん>を営むちょっと変わった男・坂田銀時と、ひょんなことから出会った仲間の身に巻き起こる事件を描いた痛快アクションエンターテイメント。
昨年7月に公開された映画「銀魂」は、2017年の実写邦画No.1の成績を記録する大ヒット。
今回映画化されるエピソードは、「銀魂」史上最もアツい「真選組動乱篇」、そして隠れ人気キャラの"将ちゃん"が登場、最も笑える「将軍接待篇」を融合したものとなっている。

物語は、前作同様かぶき町の便利屋<万事屋銀ちゃん>を中心に展開。金欠で家賃も払えない万事屋3人はついにバイトを決意するが行く先々のバイト先で天下の将軍様と遭遇する羽目に…!
同じ頃、「真選組」は内紛劇により、近藤たちは「真選組」始まって以来の危機に迫られる。やがて将軍をも巻き込む陰謀につながり、江戸中で大騒動が勃発。この最大の危機に万事屋は、銀時はどう立ち向かうのか―

岡田は前作に引き続き、銀時の幼馴染であり、かつての盟友・攘夷浪士の桂小太郎を演じる。今回は「銀魂」ファン待望の(?)想像を超えた桂&エリザベス(地球外生物・桂のペット)のシーンも用意されているとのことで、さらなる期待が高まる。

上映前に行われた舞台挨拶にて岡田は、「真選組が本当にカッコ良くて、僕が演じた桂は飛び道具的な扱い…。撮影では、何をしに現場に来たんだろうと思うくらい、福田(雄一)監督とお話して終わるような感じでした(笑)。」とコメント。すると福田監督が“冒頭の面白い場面をやってくれて嬉しかった。先陣を切って一番最初に写るのは桂ですから。楽しみにしてください”とPRすると岡田も、「ぜひ楽しみにしていてください。」と笑顔を見せた。

その後、銀時を演じられた小栗旬さんが1度だけあった顎を突き出すギャグシーンについて言及すると、同様のシーンがあった岡田にも飛び火。「上手くできなかったんです。すみません。」と反省する岡田に福田監督が、“俺がやった見本をテストの時はできるのに、本番になるとできなくて”と話し、「帰りの新幹線の中で、マスクの下で練習しながら帰ったんです。しかもちょっと涙をためながら。」と振り返った岡田。続けて福田監督が“最終日に「出来なくて本当にすみません。初めて福田組の洗礼を受けた気がします」って謝りにきて。大丈夫だよって慰めたんだけど、確かに出来ていなかったという思いがあった。でも、編集で観たら出来ていない岡田将生が一番面白かった。みんなも観て笑うと思う。あれは面白い。”と太鼓判を押した。

さらに、劇中では女装に挑戦しているが、「自分の女装姿を見て、“綺麗だな”と思いました。撮影の時に皆さんが褒めてくれたんですけど、その時は自信がなくて、でも映像を観たら綺麗かもと思いました。」と自画自賛し、会場の笑いを誘っていた。

映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」は8/17(金)公開。
ぜひ劇場でお楽しみください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top