shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

山田孝之 W主演ミュージカル「シティ・オブ・エンジェルズ」公開ゲネプロ!

山田孝之W主演ミュージカル「シティ・オブ・エンジェルズ」が、9/1(土)新国立劇場 中劇場にて開幕。公演に先駆けて、8/31(金)関係者・マスコミ向けの公開ゲネプロが行われた。

同作は、トニー賞6部門、オリヴィエ賞2部門受賞を誇る話題沸騰のミュージカル・コメディ。舞台は、数々の名画が誕生した、映画最盛期の1940年代後半のハリウッド。ハードボイルドのシナリオを描くためにやってきた脚本家が執筆に四苦八苦する中で、シナリオの世界と現実に起こる出来事に混乱し様々な事件が巻き起こる――。
ハリウッドの華やかさをジャズのメロディにのせ、最高にクールで笑えるミュージカルが誕生した。

山田は、女にめっぽう弱く、いつも懐は寂しい、L.A.の私立探偵・ストーンを演じる。

ミュージカル「シティ・オブ・エンジェルズ」は、下記日程で上演。
ぜひ劇場でお楽しみください。


■ミュージカル「シティ・オブ・エンジェルズ」公演日程
東京公演:9/1(土)~9/17(月・祝)新国立劇場 中劇場
静岡公演:9/21(金)~9/22(土)静岡市清水文化会館(マリナート) 大ホール
大阪公演:9/27(木)~9/30(日)新歌舞伎座

【STORY】
1940年代後半のハリウッド、それは数々の名画が誕生したまさに映画最盛期の時代。
当時のハリウッドではプロデューサーが最高権威者であり、今では作品の中核をなす作家もタイピスト的存在として軽くあしらわれるのが常だった。
これは映画のシナリオライターとしての夢を叶えようとハリウッドに乗り込んだ新進作家と名?プロデューサーの葛藤が生み出したドラマである。
作家スタインは、自分の小説「CITY OF ANGELS」の映画化に当たって、ヒーローの探偵ストーンを彼の理想像として描こうとしている。彼はロマンとダンディズム、ニヒルでセクシーで…といった、伝統的なハードボイルド映画の主人公として生きはじめる。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top