shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

大橋典之 舞台「おおきく振りかぶって 夏の大会編」公演スタート!

大橋典之出演舞台「おおきく振りかぶって 夏の大会編」が、9/6(木)池袋・サンシャイン劇場にて開幕した。

同作は、コミック累計発行部数1000万部以上、第10回手塚治虫文化賞新生賞、第31回講談社漫画賞(一般部門)受賞に輝く、ひぐちアサさん原作による大人気高校野球漫画「おおきく振りかぶって」を舞台化。キャラメルボックス成井豊さんが脚本・演出を手掛け、2018年2月初の舞台化。そして待望の続篇が遂に始動する!

祖父の経営する中高一貫校の中等部から県立西浦高校に進学した三橋廉。中学時代は野球部のエース投手であったが、チームメイトから「ヒイキでエースをやらせてもらっている」とうとまれ続けたため、極端に弱気で卑屈な性格になってしまった。暗い思い出をぬぐいきれないまま、野球への未練と共に放課後の野球グラウンドを眺めていると、新設されたばかりの硬式野球部の女性監督・百枝まりあから強引に入部させられてしまう。部員はわずか10人、全員1年生の中で、はからずもエースを任される三橋だったが、捕手 阿部隆也のたぐいまれなリードとチームメイトからの信頼に助けられるのだった。そして遂に迎えた初の公式戦である夏の大会では、前年度甲子園出場の強豪 桐青高校を相手に幾度となく訪れるピンチを切り抜け、見事に初勝利をおさめた。自分たちの実力に戸惑いながら勝利の喜びに沸く西浦高校野球部。はたして彼らの快進撃は続くのか…

大橋は、主人公・三橋廉とバッテリーを組む、キャッチャーの阿部隆也役を演じる。

開幕前に行われた会見に出席した大橋は、役作りについて「阿部って狡猾だと言われるのですが、純粋に野球で勝ちたいという気持ちからそういったことをするんです。僕自身も高校野球をやっていたので、野球に対する純粋な気持ちを根底にして役を作っていこうと思いました。」とコメント。

今作では猪野広樹と阿部隆也役をWキャストで演じる。Wキャストで阿部隆也を演じるにあたっては、「試合の動きは2人で作って統一していますが、細かいお芝居に関しては各々で作りあげていきました。」と話した。

見どころを問われると、「Wキャストで阿部隆也を演じるということで、2人の違いをぜひ見ていただけたらと思っています。阿部の違いだけじゃなくて阿部と三橋の関係だったり、西浦高校も違ってきますし、そういったところも注目していただければと思います。あと、臨場感がすごいと思っていて、ある意味本物の野球よりもピッチャーを近くで見ることができるので、そういう臨場感を劇場で体験してほしいです。」と語った。

最後は「この作品がすごく好きで、キャッチャーもやってみたかったポジションなので、愛を込めてやらせていただきます。頑張ります。」と意気込みを語り、会見を締めくくった。

舞台「おおきく振りかぶって」は、9/6(木)~17(月・祝)東京:サンシャイン劇場、9/28(金)~9/30(日)大阪:梅田芸術劇場シアタードラマ・シティにて上演!
ぜひ劇場でお楽しみください!
※大橋はWキャストとして東京・大阪公演に出演します。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top