shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

城桧吏 NHK大河ドラマ「西郷どん」出演決定!

城桧吏が、第39回(10/21放送予定)より放送のNHK大河ドラマ「西郷どん」に出演することが発表された。

同作は、極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(西郷どん)が、南国奄美で愛に目覚め、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく物語。第39回より明治時代に突入する。

城は西郷吉之助と愛加那の長子、西郷菊次郎(9~12歳)を演じる。大島龍郷に育つが9歳のとき薩摩の西郷家に引き取られ糸が継母となる。12歳で米国に留学。17歳で西南戦争に従軍するも負傷によって、右足の膝下を失い、投降。戦後は、外務省に入り「日清戦争」後は台湾の支庁長(4年半)に就任。帰国後、京都市長となる。

大河ドラマ初出演となる城は、「いつか時代劇に出演したいと思っていたので、今回出演が決まってとても嬉しかったです。初めての時代劇と、薩摩言葉と奄美言葉(2か所の言葉)を話す役なので難しいことが沢山ありましたが、皆さんが優しく接して下さるのでリラックスして撮影に参加しています。明治時代を生きた西郷菊次郎さんになりきって頑張りますので、是非皆さんに観て頂きたいです!」とコメントを寄せた。

NHK大河ドラマ「西郷どん」は、毎週日曜20:00~放送!
城は、第39回(10/21放送予定)より登場!ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top