shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

佐野勇斗 映画「3D彼女 リアルガール」公開記念舞台挨拶!

佐野勇斗出演映画「3D彼女 リアルガール」が、9/14(金)公開初日を迎え、翌9/15(土)新宿ピカデリーで行われた舞台挨拶に、監督・キャストとともに佐野が登壇した。

同作は、講談社「月刊デザート」(2011年9月号~2016年7月号)で連載され、累計発行部数145万部(※デジタル売上含む)の人気コミック・那波マオ原作『3D彼女 リアルガール』(全12巻)を実写映画化。「美女と野獣」ならぬ“美女とオタク”のありえない純愛の行方を描く、笑って泣いて爽やかな気持ちになれるマジカルなラブコメディとなっている。

書店で万引きの濡れ衣を着せられた学校一の美少女・五十嵐色葉を助けたのは、2次元を愛する超絶おたく・つっつんこと筒井光。リア充の色葉から突然の告白を受けたつっつんは新手のイジメだと疑いながらも、正反対のふたりの交際がスタートして…!?

佐野は、2次元を愛する超絶オタクでコミュ障な高校生“つっつん”こと筒井光を演じる。

上映後に行われた舞台挨拶に登壇した佐野は、「皆さん、映画は面白かったですかー?こうして大勢の皆さんに観てもらえたと思うと、本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。僕はこの作品が大好きなので、今後もたくさん宣伝してもらえると嬉しいです。今日はよろしくお願いします。」と挨拶。

現場でアドリブが多かったという佐野は、「今回は台本に書かれていないことをたくさんやりました。」とコメント。さらに笑いを堪えるのが大変だったシーンは?という質問に、病院で筒井光の父(竹内力さん)が色葉と光を追いかけるシーンを挙げ、「2人が逃げ切るシーンだったんですけど、本番で竹内さんが走るのが早すぎて追い付いてしまって(笑)。中条さんがすごく笑ってたと思うんですけど、あれは素だよね。」と話し、笑顔を見せた。

さらに舞台挨拶では、撮影の合間に盛り上がっていたという「絵しりとり」に挑戦。4人目
で登場した佐野は、恒松祐里さんから繋がれた“キス”の画を「“チュウ”だと思った!」と“うし”の画を披露。答え合わせの結果、2番手のゆうたろうさんからしりとりがつながれていなかったことが判明するものの、書かれた画に共演者同士で、ツッコミ合ったり、笑い合ったりと仲の良さを伺わせていた。

最後はサプライズでキャスト全員が英勉監督へ声を合わせ、「ありがとう!」と伝え、和やかな雰囲気に包まれる中、舞台挨拶は幕を閉じた。

映画「3D彼女 リアルガール」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top