shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

中川大志 映画「覚悟はいいかそこの女子。」男子学生限定試写会!

中川大志主演映画「覚悟はいいかそこの女子。」の男子学生限定試写会が9/18(火)都内で行われ、伊藤健太郎さんと共に中川が登壇した。

同作は、「マーガレット」にて2014年から掲載された椎葉ナナさんによる同名コミックの映画化。“超絶イケメン”だけど恋愛経験ゼロ、実は“究極ヘタレ”な主人公・古谷斗和(中川)が、人生で初めて本気の恋に落ち、彼女を振り向かせるためにカッコ悪く奮闘する日々を描いた痛快青春コメディとなっている。

上映前に行われた舞台挨拶にて中川は、「こんばんは。皆さん緊張してますね…僕らも緊張しています。なぜなら男子しかいない試写会は初めてなので(笑)。男くさく、男子トークができたらと思います。よろしくお願いします。」と挨拶。

完成した作品を観た感想を聞かれ、「取材とかでコメディタッチで面白かったですと言っていただくのですが、撮影の時は全然そんなつもりでやっていなくて、完成した作品を観て“こいつらバカだな、なんでそういう手段を選んだんだ”ってツッコミたくなるようなところがあり、僕たちが意図していないところで笑えるところがいくつかあって面白かったです。」と話した。

さらに、“同作の注目ポイントは?”という質問があがり、「男子のノリ。僕たちが思う高校生よりも幼いというかピュアで、“こいつらだったらやりかねないな”って、そういったところを観ていただきたいです。」と答えた。

また、自身が思うヘタレ男子の定義を、「やる時にやろうとしない、挑戦すらしない人。やってダメのほうがカッコイイと思います。」と話した。

ここからは来場者からの質問を受け付け、“愛され男子になるにはどうすればいいか”と聞かれたが、「今日は一人で?お友達と?逆にこちらからいっぱい質問したいです(笑)。どうして今日来てくれたんですか?」と興味津々の様子。“中川大志さんのファンなので”と言われると、「ありがとう。嬉しいです。」と喜びをかみしめつつ、「僕の思う愛され男子は無自覚なんです。愛されていることに気づいていなくて、気がつくと周りに人が寄ってくるような人というイメージがあります。この映画で僕が演じている斗和もですが、学校でモテモテなのですが、男子からも嫌われない。自然体で男女の垣根なく接することができる人かなと思います。」と自論を展開した。

次に“モテ期が来ないのですが…”という切実な質問を受け、「こういう話をしたかった。」と笑顔。質問者に気になる子がいることが分かると、「いっぱいの人からモテるより、好きな人からモテたいじゃないですか。気になる子がいるのであれば、その子にモテることに集中するのが大事かなって思います。頑張ってください!」とエールを送った。

また、“女の子のここが好き?というところを教えてください”という質問には、「男も男同士一緒にいるのが好きですが、女の子も女の子同士一緒に行動する人がいるじゃないですか。それはイヤではないのですが、そんな中でも自分を持って、自分の意見を言える子は素敵だなと思います。」と答えた。

徐々に来場者とも打ち解けてきたところで時間となり、最後に、「ようやく会場が温まってきたところ。今からみんなでファミレスでも行って一緒に話をしたいです(笑)。なかなか男子トークができる機会がないので、本当に楽しかったです。
ヘタレと言われている男子がカッコつけるのをやめて、一生懸命女の子を追いかける映画です。草食男子が増えていると言われていますが、頑張りましょうよ!男は追いかけるというか、引っ張っていかないといけないと僕は思うんです。この映画を観て、今恋をしている人もしていない人も、頑張ろうと思っていただけると嬉しいです。男性のお客様に観ていただきたいという想いもあるので、この後観ていただき、周りの人たちに勧めてください。今日はありがとうございました。」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

映画「覚悟はいいかそこの女子。」は10/12(金)公開。
ぜひご期待ください!

【ストーリー】
幼い頃から女子に囲まれてきたイケメンの“愛され男子”古谷斗和。女性からチヤホヤされ、自分はモテると思い込んでいる斗和だが、実は付き合った経験ゼロで、もちろん非リア充・・・。
ある日、彼女ができた同級生から「所詮、お前は観賞用男子だ!」と言われた斗和は、「(イケメンのオレが)彼女を作るなんてチョロい」と、高らかに「彼女作ります!!」宣言。狙うは学年一人気だが、幾人の男達からの告白を断り続ける難攻不落のクールビューティー・三輪美苑。そんな美苑に自信満々に告白する斗和だったが、「安っぽい告白」と一瞬でフラれる始末!!まさかの展開に、現実を受け入れられない斗和は、とにかく躍起になって、再三、アプローチを続けるが、撃沈の連続・・・。
しかし、そんなアプローチを続ける日々の中で、次第に斗和は美苑の優しさや、人柄に触れ、本気で彼女を好きになり始めるのだった。そんな時、彼女の視線の先に美術教師・柾木隆次がいることに気づく・・・。 「俺はヘタレだ!」と自覚し、人生で初めて恋した相手に認めてもらうべく、見た目はイケメン、中身はヘタレな斗和が、本気で大奮闘!見事ヘタレを克服し、初彼女をゲットできるのか!?
  • はてなブックマーク

pagetop

page top