shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

佐野勇斗 映画「3D彼女 リアルガール」ハロウィンイベント!

佐野勇斗出演映画「3D彼女 リアルガール」ハロウィンイベントが、9/26(水)109シネマズ二子玉川で行われ、中条あやみさんとともに佐野が登壇した。

同作は、講談社「月刊デザート」(2011年9月号~2016年7月号)で連載され、累計発行部数145万部(※デジタル売上含む)の人気コミック・那波マオ原作『3D彼女 リアルガール』(全12巻)を実写映画化。「美女と野獣」ならぬ“美女とオタク”のありえない純愛の行方を描く、笑って泣いて爽やかな気持ちになれるマジカルなラブコメディとなっている。

書店で万引きの濡れ衣を着せられた学校一の美少女・五十嵐色葉を助けたのは、2次元を愛する超絶おたく・つっつんこと筒井光。リア充の色葉から突然の告白を受けたつっつんは新手のイジメだと疑いながらも、正反対のふたりの交際がスタートして…!?

佐野は、2次元を愛する超絶オタクでコミュ障な高校生“つっつん”こと筒井光を演じている。

この日は、色葉の抱える重大な秘密が明かされる重要なシーンであるハロウィンシーンにちなみ、佐野は劇中衣装のタキシードにマントのコスチューム姿で登場。集まった観客に、「お足元が悪い中ですが…、皆さん盛り上がってますかー?今日は最後のイベントなので、ぜひ楽しんでいただけたらなと思います。よろしくお願いします!」と挨拶。

公開から2週間が経ち、周りの反響を聞かれると、「多くの方から連絡が来ました。地元の子や映画館で働いている友達もいるんですけど、“めっちゃ観に来てくれる人いるよ!俺も観たけど感動した!”と言ってくれました。僕ら世代の方もそうですけど、大人の方も“観た!感動した!”と言ってくださって、すごく嬉しかったです。」と笑顔を見せた。

ハロウィンシーンで印象に残っていることについては、「泣くシーンがあるんですけど、段取りで泣きすぎて本番でよく分からなくなってしまって…。そんなときポーちゃん(中条さん)が、“大丈夫だよ。気持ち伝わるから。”って言ってくれたおかげで楽になれて、すごく助かりました。」と明かした。

さらに自身が今年のハロウィンでやってみたいことについて、「僕はM!LKのメンバーで、ドラゴンボールかトイストーリーの恰好をして踊りたいです!僕はトイストーリーだったら、豚のハム。そのキャラクターが好きなんですよ、メンバーカラーもピンク色だし。ドラゴンボールだったら、魔人ブウ。ピンク色だし。その二体のどっちか。」と話し、会場の笑いを誘っていた。

最後に、「僕の役者人生の中でこんなに僕自身が愛した作品は今回が初めてでした。それはキャストやスタッフの皆さんの愛、そして皆さんのおかげです。もっとこの作品の良さを知ってもらいたいので、上映期間はまだ続きますので、ぜひ観てもらいたいです。今日はありがとうございました。」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

映画「3D彼女 リアルガール」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top