shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

佐野勇斗 映画「走れ!T校バスケット部」プレミア試写会!

佐野勇斗出演映画「走れ!T校バスケット部」プレミア試写会10/11(木)丸の内 TOEIにて行われ、監督、キャストと共に佐野が登壇した。

同作は、バスケットボールを題材とした青春小説「走れ!T校バスケット部」(松崎洋著・幻冬舎文庫)を実写映画化で、強豪校・白瑞(はくすい)高校のバスケ部でいじめに遭い、自主退学した主人公の田所陽一が、編入先の多田野(ただの)高校の弱小バスケ部で個性的なチームメイトと出会い、バスケットボールの楽しさを思い出すというストーリー。
監督は、映画『今日、恋をはじめます』『クローバー』『ReLIFE リライフ』等、数々の青春恋愛映画を生み出してきた古澤健。弱小バスケットチームの成長を通し17歳の高校生の悩みや葛藤、仲間との絆、家族の想いを丁寧に描いていく。

佐野は、通称T校と呼ばれる多田野高校バスケット部のキャプテン・矢島俊介を演じる。

上映前の舞台挨拶にて佐野は、「皆さん、盛り上がっていますか?」と客席にコール&レスポンスし、「今日は来てくださって本当にありがとうございます。たくさんのイケメンや美女の方がそろっているので、ぜひ目の保養にしていただいたらと思います(笑)。よろしくお願いします。」と笑いを誘いつつ、挨拶。

キャスト陣から、“佐野がバスケのシーンでいいプレーをすると、役柄ではなく佐野自身に戻って「監督、出来ました!」という表情でニコっとしていた”という撮影の裏話が語られると、「3ポイントシュートをバンバン打つ役なのですが、実際には打つことが難しいのでシュートが入った時は佐野勇斗に戻ってしまいました(笑)。本当に喜んでしまって何度かリアクションを撮り直しさせていただくということがありました。」と笑顔で振り返った。

この日の昼には、撮影から約1年ぶりに再集結したT校バスケット部メンバーが、『スポーツ振興の神』として全国で知られ、オリンピック選手も大会前に参拝に訪れる亀戸香取神社を来訪し、同作の大ヒットを祈願。その後行われた会見で佐野は、「撮影から約1年が経ちますが、久しぶりにこのメンバーで集まらせていただいて、当時を思い出しながらこの映画が多くの皆さんに届けばいいなという気持ちでお祈りさせていただきました。」とコメントした。

映画「走れ!T校バスケット部」は、11/3(土)全国東映系にてロードショー!
ぜひご期待ください。

【ストーリー】
中学時代、バスケットボール部キャプテンであった田所陽一は、強豪私立である白瑞(はくすい)高校に入学するが、部内で激しいイジメにあい、自主退学する。
「二度とバスケはしない」と誓い、通称T校と呼ばれる多田野(ただの)高校に編入した陽一だが、連戦連敗の弱小バスケ部から勝負を挑まれ、そのまま入部することに。そこで陽一は、キャプテンの矢島俊介をはじめ、個性的なチームメイトと出会い、仲間とのバスケの楽しさを思い出していく―。
そして迎えたウィンターカップ。因縁のライバル・白瑞を相手に、弱小バスケ部は勝利を手にすることが出来るのか!?
  • はてなブックマーク

pagetop

page top