shadow
アラキマリ

荒木まり

プロフィールPROFILE

PROFILE

 
介護職を経験後、看護師免許取得。
新人看護師時代。
時間に追われる中で思い描いていた理想の看護師になれず自信が持てなかった時、患者さんの笑顔とありがとうの言葉に助けられる日々を過ごす。
スピードを問われる業務は不得意な自分でも一人一人の患者さんとしっかり向き合い精神的な支えになれる看護がしたい。という思いが強くあり、糖尿病看護の道を選んだことから現在に至る。
何通りもある糖尿病治療の中から患者さん自身が納得できる自分だけの「マイプラン」を見いだせるよう外来の他、ブログで情報発信や質問に答えるなど、幅広い年齢層の患者さんに対して4000時間以上の療養支援を行う。
食行動やライフスタイル、精神面が治療に結びつく患者さんとの関わりにおいて、信頼関係を築くこと、十分に時間をかけて話を聞くことの必要性を感じたことから、病院とは違う場所で健康相談ができる「アンファミエ・プリベンティブ」を設立。
現在、糖尿病専門クリニックに勤務する傍ら、オンラインと面談による相談業務・予防事業に携わる。
また老人ホームの調理に携わるなど、看護師として栄養に関する支援も行っている。

得意な看護
自覚症状のない生活習慣病における行動変容支援
ライフステージ別栄養管理 
高齢者の食に関する支援

特技
人の長所を見つけすぐに人を好きになれること。

pagetop

page top