shadow
サクラシメジ

さくらしめじ

ニュースNEWS

LIVE

春爛漫!高校生になったさくらしめじ初のワンマンライブは見どころいっぱいの華やかステージ!

 この春、晴れて高校生になったばかりのフォークデュオ、さくらしめじが待望のワンマンライブ『春しめじのeat shun』を4月23日(日)に東京ドームシティーホールで開催した。3月にリリースした1stミニアルバム『さくら〆じ』発売のかなり前からアナウンスされていたこの日を、今か今かと田中雅功と髙田彪我が心待ちにしていたライブだ。

 ブルーとホワイトの爽やかな衣装でさくらとしめじは登場。1曲目は「ふうせんはなび」。出だしからスピード感と勢いが要となる難しい1曲だが、ダイナミックなフルバンドに支えられた2人は、新しい未来に堂々と踏み込んだ喜びを讃えるように、晴れやかな表情をしていた。

「みなさん、こんばんは! 僕が高校生になった15歳の雅功で〜す」(田中雅功)
「同じく、高校生になった髙田彪我で〜す。よろしくお願いします!」(髙田彪我)

 一歩ずつ、そして着実に大人へと歩む2人からのエールソング「かぜいろのめろでぃー」、少しの希望を抱きながらも卒業式前夜の切ない心境を綴った「ゆめがさめたら」という、春ソングを2曲続けたあとに、なんと! 2人して新しい相棒ができたことを紹介。雅功はギブソンJ-45(愛称:おこげさん)、彪我はタカミネ700シリーズ(愛称:タカダぱふぱふ)というニュー・ギターだ。新入りの愛機と共に「ギターも新しくなったことだし、僕たちももう1歩前に進もうと思い、1人ずつ曲を作ってきました!」と、彪我は2人のおっちょこちょいエピソードを綴った「ポンコツデリシャスロード」、雅功は勉強しなければいけない時に限って他に熱中してしまう学生あるある「勉強をしたいのに?」という、それぞれ個性あふれるナンバーを弾き語りで初披露! 彼らがソロでステージに立つのは初めてのことで、会場を埋めつくすきのこりあん(ファンの総称)たちも大感激。引き続き、2人だけの弾き語りで「はじまるきせつ」など3曲のオリジナル曲を演奏。そこにバンドメンバーを呼び戻すと、さらにさくらしめじとしての新曲を披露して観客を喜ばせた。1stミニアルバムの製作から数ヵ月で、ここまで意欲的にレベルアップを図っていたとは!

 その勢いはみるみる増幅していき、ライブ後半もバンドと一緒にダンサブルでファンクな「いーでぃーえむ」、卵のおもちゃを配り歩いたり、メンバー全員でニワトリのかぶり物で盛り上げた「てぃーけーじー」、そして、さらに新曲2曲などを加えて、ライブのボルテージは最高潮に。東京ドームシティーホールを春とは思えないような熱気に包みこんでしまう気勢が今のさくらしめじにはある。本編ラストの「ひだりむね」で会場いっぱいに舞った無数の花びらは、そんな2人を祝福し、希望あふれる未来に送り出しているように見えた。

「楽しかった〜!! こんな一瞬をこれからもどんどん積み重ねて、大きなまつたけになります! 高校生のさくらしめじもよろしくお願いします」(田中雅功)
「高校生になって一発目に、こんなライブができて本当に良かったです。みなさんの左胸に想いを届けられるよう、これからも頑張ります!」(髙田彪我)

 6月14日には結成記念イベント『しめたん-さくらしめじが生まれた日-』、夏からは月1回のペースで全国のライブハウスを回る『菌育in the 家(ハウス)』、9月3日にはワンマンライブ『菌育in the 家 スペシャル!』を行うことをファンへサプライズアナウンス。『春しめじのeat shun』が終わってしまうのは名残惜しいけれど、この後もトピックスをたくさん抱え、充実感に満ちた表情のさくらしめじは、温かいアンコールに迎えられ、この日の最後に「みちくさこうしんきょく」を真心込めて歌い上げた。“晴れわたる空もぬかるんだ道も いつでも どこでも すべてを楽しむんだ”。速すぎず、遅すぎず、高校生になった彼らは、さくらしめじらしいテンポで一瞬一瞬を噛みしめながらこれからも共に歩んでいく。果てなく広がる未来は、さぁここからだ。


【ライブ情報】
くらしめじの結成日イベント開催!!
【しめたん -さくらしめじが生まれた日-】

2017年6月14日(水) 下北沢GARDEN (東京都)
開場18:00 / 開演18:30

[公演に関するお問合せ]
SOGO TOKYO
03-3405-9999 (月-土 12:00~13:00/16:00~19:00

■席種・料金
オールスタンディング 3,900円(税込)
※3歳以上チケット必要
※別途ドリンク代500円必要
※整理番号付


1年をかけて月に1回、日本各地のライブハウスでライブを行っていく
「菌育 in the 家(はうす)」の開催も決定!!


【菌育 in the 家(はうす)】
2017年7月8日(土)
HEAVEN’S ROCKさいたま新都心VJ-3 (埼玉県)
開場17:00 / 開演17:30
[公演に関するお問い合わせ]
SOGO TOKYO 03-3405-9999(月-土 12:00~13:00/16:00~19:00)

2017年8月6日(日)
CLUB RIVERST (新潟県)
開場16:30 / 開演17:00
[公演に関するお問い合わせ]
CLUB RIVERST 025-250-0430
2017年9月10日(日)
仙台darwin (宮城県)
開場16:30 / 開演17:00
[公演に関するお問い合わせ]
ニュース・プロモーション 022-266-7555(平日11:00~18:00)

2017年10月9日(月・祝)
高松DIME (香川県)
開場16:30 / 開演17:00
[公演に関するお問い合わせ]
DUKE 高松 087-822-2520

2017年11月25日(土)
HIROSHIMA BACK BEAT (広島県)
開場17:00 / 開演17:30
[公演に関するお問い合わせ]
キャンディープロモーション 082-249-8334(平日 11:00~18:30)

■席種・料金
全自由 4,040円(税込)
※3歳以上チケット必要
※別途ドリンク代500円必要
※整理番号付


【菌育 in the 家(はうす)スペシャル!】
2017年9月3日(日)
渋谷 CLUB QUATTRO(東京都)
開場16:45 / 開演17:30
[公演に関するお問い合わせ]
SOGO TOKYO 03-3405-9999(月-土 12:00~13:00/16:00~19:00)

■席種・料金
全自由 5,500円(税込)
※3歳以上チケット必要
※別途ドリンク代500円必要
※整理番号付
  • はてなブックマーク

EVENT

やっぱり2人がいい!!新たな門出!初のミニアルバム「さくら〆じ」リリースイベント大盛況!

この春、中学を卒業したばかりの田中雅功と髙田彪我による若手フォークデュオ、さくらしめじ。4月にいよいよ高校生になる彼らが1stミニアルバム『さくら〆じ』を完成させた。タイトルには“中学生の自分たちに一度区切りをつけて(〆て)、また新しい一歩を踏み出そう”という大きな想いを込めているそう。そのCDジャケットも、初回限定盤には結成当初から今までの彼らの表情を捉えた写真で構成される“いままでのさくらしめじ”、通常盤には落ち着いた雰囲気で、成長した2人を感じさせる撮り下ろし“これからのさくらしめじ”と、それぞれコンセプトを分けたデザインになっている。想い入れの深い作品を手に、発売日である3月22日、豊洲ららぽーとにてリリース記念イベントを行った。

 海風が吹いてくるオープンエアのイベント会場に響き渡った1曲目「おたまじゃくし」は、少しずつ訪れる成長の変化に戸惑いながら、いつか必ず訪れる未来への希望に思いを馳せるピアノ・アコースティック・ロック。実はこの日の前、大阪と福岡で行われたリリースイベントは彪我が体調不良で参加できなかったため、雅功がたった1人で彪我の分まで歌を届けに行っていた。そんなブランクをものともせず、ピタリと息の合った力強いユニゾンの歌声が心地よかった。「雅功さん、すみませんでした!! そのときの姿を後日、映像で見て感動しました!」。そう頭を下げる彪我にニコリと笑って「今日はとことん楽しんでいきましょう!」と雅功。

 続く「かぜいろのめろでぃー」は、一歩ずつ確実に大人へと歩んでいるさくらしめじが、同世代の背中をそっと支えてくれる優しいエールソング。軽快なテンポと透明感のあるサウンドが、少し風が強く吹く今日の日にぴったりだ。この曲は『さくら〆じ』のリード曲で、ミュージックビデオも作られている曲。持ち前のゆる〜いMCで撮影ウラ話を披露し、集まったファンを笑わせながら、次に歌う「ゆめがさめたら」の紹介へ。これはTHURSDAY'S YOUTH(ex.Suck a stew Dry)の篠山浩生氏による作詞・作曲であること、そして先日、岩手県田原中学の卒業生4人と合唱した曲であることを告げる。卒業式を待つ前日の夜の心境を切々と歌う、ちょっぴりセンチメンタルな美しい卒業ソングで、まさに雅功と彪我の“今”を綴っている。

 そしてラストは、さくらしめじのワンマンライブでは必ずアンコールの最後に披露するナンバーであり、音源化が待ち望まれた「みちくさこうしんきょく」。この先どんな困難が訪れたとしても、笑顔を絶やさず楽しみながら前に進んでいこうという、さくらしめじのアーティスト・コンセプトを背負った、リズミカルで明るい曲。この雰囲気に引き込まれ、2人の正面から左右、後方まで集まったたくさんファンのファンは一斉に手拍子で盛り上がり、記念すべき初のミニアルバムの発売を祝った。

 この同日3月22日より、さくらしめじの1stシングル「いくじなし」から4thシングル「ひだりむね」に収録されている全曲が各配信サイトにて配信開始、そして4月23日には東京・TOKYO DOME CITY HALLにて4回目であり、高校生になって初のワンマンライブ『春しめじのeat shun』が控えているなど、まだまだ話題は尽きない。

「待ちに待った『さくら〆じ』のリリース日ということで、こんなにたくさんのお客さんに観て、盛り上がっていただけて嬉しかったです! ファンの方だけでなく、遠くから見て立ち止まってくださる方もいたり。嬉しいことばかりで僕も楽しかったです。それに……やっぱり隣に彪我がいるだけで気持ちは違いますね! 安心感があるんです(笑)。たぶん、いてくれるだけで僕は大丈夫なんだと思います」(田中雅功)
「ここまで2回、雅功さんに1人でイベントライブをこなしていただいて。その感謝を返したいという想いを込めて今日は思い切り歌いました。今日は雅功さんにも、心配して待っていてくださったお客さんにも“ありがとう!”を伝えたいです」(髙田彪我)

 2014年6月にさくらしめじを結成し、中学3年間をかけて意欲的にCDリリースやワンマンライブを行ったり、全国47都道府県をフリーライブで巡るなど、“菌活”をとおして着実にフォークデュオとして歩んできた2人。1stミニアルバム『さくら〆じ』は、そんな彼らの成長記録であると共に、未来へ無限の可能性を広げる夢の架け橋のような作品である。この日、大きな歓声を全身で受け、ステージで力いっぱいギターを奏でながら歌声を響かせる雅功と彪我の瞳は真っ直ぐ、しっかり前を見つめていた。さくらしめじらしく、ゆったりまったり笑い合いながらこれからの長い時間を共に歩いていってほしい。

Text by 恒川めぐみ
Photo by ハヤシサトル


【さくらしめじ 楽曲配信情報】
iTunes
https://itunes.apple.com/jp/artist/さくらしめじ/id988303344
レコチョク
http://recochoku.jp/artist/2000394340/?affiliate=4350010263

【リリース情報】
さくらしめじ1stミニアルバム「さくら〆じ」
3月22日(水)発売
初回限定盤(ライブ&メイキングDVD付)¥2,315+税 (ZXRC-2019)
通常盤 ¥1,667+税 (ZXRC-2020)
収録楽曲
01.ひだりむね
02.かぜいろのめろでぃー
03.おたまじゃくし
04.いーでぃーえむ
05.ゆめがさめたら
06.みちくさこうしんきょく

【ワンマンライブ情報】
さくらしめじ春のワンマンライブ「春しめじの eat shun」
2017年4月23日(日)TOKYO DOME CITY HALL
OPEN:16:00 / START:17:00
全席指定:5,500円
  • はてなブックマーク

ディスコグラフィーDISCOGRAPHY

※ディスコグラフィーは準備中です。

pagetop

page top