STARDUST SECTION1 スターダストプロモーション 芸能1部

SECTION1

shadow
モリサキ ウィン

森崎ウィン

メディアMEDIA

MOVIE

●「鬼談百景『追い越し』」
監督:中村義洋
配給:日本出版販売
2015年12月より先行配信スタート、2016年1月23日(土)テアトル新宿にてオールナイト上映
http://kidan100.com/

●「シェリー」
監督:笠原正夫
2014/08/02(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか、全国順次ロードショー
※主演・佐藤潤一役
http://ozaki.webstar-p.jp/

TV

2013/07/08(月)スタート!
毎週月曜
20:00~
「名もなき毒」
TBS
http://www.tbs.co.jp/namonakidoku/

2013/4/8(月)O.Aスタート!
毎週月曜
23:00~23:30
「恵比寿ケチャッピュ」
TOKYO MX
出演者:SECRET GUYZ/PrizmaX/WAZZ UP

STAGE

●舞台「グラファー」

【日程】
2015年10月14日(水)~18日(日)
14日(水) 19時~
15日(木) 14時~/19時~
16日(金) 14時~/19時~
17日(土) 13時~/18時~
18日(日) 13時~/17時~
※全9回公演

【劇場】
キーノート・シアター
http://keynote-theater.tokyo/access.html
〒1160013
東京都荒川区西日暮里1-1-1 パレスいしかわB1F


【脚本・演出・振付】
後藤健流

【CAST】
森崎ウィン
本川翔太
清水ひとみ
藤本かえで
後藤紗亜弥
音河亜里奈
石田達成
後藤健流

(敬称略)

【チケット発売日】
8月1日(土)12時~

【料金】
全席自由
・前売 4,000円
・当日 4,300円

【チケット発売】
こりっち 8月1日発売予定

【公式サイト】
後日発表いたします。

【公式twitter】
http://twitter.com/grapherstage

SINGLE

PrizmaX「Mysterious Eyes/GO!」
発売日:2013年3月27日(水)
価格:500円(税込)
品番:SDMC-0104
JANコード:4582465220057
販売元:株式会社SDR

DVD

●連続ドラマW「天の方舟」DVD
発売日:2013/09/03(火)
セル・レンタル同時リリース
セルDVD(本編3枚組):11,9700円(税込)
特典映像:予告スポットほか収録(予定)
発売・販売元:株式会社ポニーキャニオン

●映画「闇金ウシジマくん」Blu-ray
発売日:2013/02/27(水)
価格:6,090円(税込)
DISC:2枚組
特典:特典Disc・ブックレット付(予定)
特典映像DISC
・完成披露舞台挨拶ダイジェスト
・ヤベーぜ!TVダイジェスト
・超ヤベーぜ!TV ライジング~エンジョイ!ウシジマくん編~ダイジェスト
・超ヤベーぜ!TV ライジング~エンジョイ!ウシジマくん編~番外編~ダイジェスト
発売・販売元:SDP
ご購入はコチラ>>>

●映画「闇金ウシジマくん」DVD
発売日:2013/02/08(金)
価格:3,990円(税込)
DISC:1枚組
本編約130分+特典映像(特報&予告)
発売・販売元:SDP
ご購入はコチラ>>>

●映画「天国からのエール」DVD&Blu-ray
発売日:2012/05/02(水)
DVDプレミアム・エディション価格:5,040円(税込)
DVDスタンダード・エディション価格:3,990円(税込)
Blu-rayプレミアム・エディション価格:6,090円(税込)
発売元:アスミック、関西テレビ放送
販売元:角川書店
ご購入はコチラ>>>

CM

2012/06/20~
(株)NTTdocomo
ドコモthanksキャンペーン「とある留学生と、私。」

2012/03/20~
カルピス株式会社
「カルピスウォーター」

ニュースNEWS

MOVIE

藤本泉・森崎ウィン・吉倉あおい 「鬼談百景」出演決定!

藤本泉・森崎ウィン・吉倉あおいが、「鬼談百景」に出演することが発表された。

同作は、第26回山本周五郎賞を受賞、累計発行部数1000万部の「十二国記」シリーズや、累計発行部数140万部の「屍鬼」などで知られる小野不由美さんの怪談文芸の頂点を極めたと名高い同名小説の映像化。来年1月に小野さんの初映画化となる長編ホラー作品「残穢(ざんえ) -住んではいけない部屋-」の公開を記念し、「残穢(ざんえ)」でもメガホンを執った中村義洋監督を始め、Jホラーを代表する6人の監督が「鬼談百景」の中からよりすぐりの10作品を手掛ける。

藤本、森崎、吉倉は、中村監督による「追い越し」に出演。
午前三時、男二人、女二人が乗った車がトンネルを越えて、田舎道を走っていると、その先に白い服を着ている女の姿が見えた。男たちは速度を上げて女を追い越そうとするが…。

12月より先行配信がスタートするほか、「残穢(ざんえ)」公開直前の1/23(土)、テアトル新宿にて一夜限りのオールナイト上映が決定している。
ぜひご期待ください!

------------

【10の恐怖】
■「追い越し」
監督:中村義洋
(「残穢-住んではいけない部屋-」('16)、「予告犯」('15)、「白ゆき姫殺人事件」('14))
脚本:鈴木謙一

■「密閉」
脚本・監督:白石晃士
(「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」('14)、「オカルト」('13))

■「影男(かげおとこ)」
脚本・監督:安里麻里
(「劇場版 零~ゼロ~」('14)、「バイロケーション」('13))

■「尾(つ)けてくる」
脚本・監督:安里麻里

■「どこの子」
脚本・監督:岩澤宏樹
(「心霊玉手匣」('14)、「ほんとにあった!呪いのビデオ」('13))

■「空きチャンネル」
脚本・監督:岩澤宏樹

■「一緒に見ていた」
脚本・監督:大畑創
(「劇場版 稲川怪談 かたりべ」('14)、「へんげ」('12))
   
■「赤い女」
脚本・監督:大畑創

■「どろぼう」
脚本・監督:内藤瑛亮
(「ライチ☆光クラブ」('16)、「パズル」('14)、「先生を流産させる会」('13))

■「続きをしよう」
脚本・監督:内藤瑛亮

------------

【イベント詳細】
『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』公開記念!
六人の鬼が集う一夜限りの『鬼談百景』オールナイト!

日程:2016/1/23(土)
開場時刻:23:30/開演時刻:23:45/終演時刻:翌05:30(予定)
※終了時間は前後することがあります。予めご了承ください。

劇場:テアトル新宿(TEL:03-3352-1846)

予定ゲスト:6人の監督<中村義洋、白石晃士、安里麻里、岩澤宏樹、大畑創、内藤瑛亮>
※登壇ゲストは当日の状況により予告なく変更となる場合が御座います。

上映作品:「鬼談百景」(100分予定)他、6人の監督の旧作、未発表作1作品ずつを予定
※プレゼント抽選会予定

料金:3,000円
※税込・全席指定制
※チケット購入時に劇場窓口にて『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』特別鑑賞券をご提示お客様は300円割引!
※1/16(土)より、劇場窓口・オンラインチケット予約にて販売。

詳細:http://kidan100.com/


(敬称略)
  • はてなブックマーク
  • シェア

LIVE

森崎ウィン(PrizmaX) 「BIRTHDAY LIVE ~WINの止まらない一夜~」開催!

森崎ウィン(PrizmaX)の「BIRTHDAY LIVE ~WINの止まらない一夜~」(全2公演)が、8/25(火)吉祥寺・スターパインズカフェにて開催された。

8/20で25歳を迎えた、森崎ウィンの初ソロライブ。
生バンドをバックに、全編通してオール生声一本で勝負したいというコンセプトのもと、会場にはスタンドマイクの前に立つウィンの歌声が響く。自作曲、そして“PrizmaX”としての楽曲も織り交ぜながらライブを進行。

時折、その楽曲への思いを語りながら歌い繋ぐスタイルも盛り込む。
ウィン「日々喜んだり、笑ったり、泣いたり、そういう感情って僕達当たり前のように毎日感じているけど、それってやっぱり支えてくれる人がいるから、そういう感情になれるのであって…。もし支えてくれる人が急にいなくなった時、その時に初めてその人の大事さや重さを感じるものなんじゃないかなと思います。心が急にからっぽになった途端に、いろんな感情で満たされていた日々が夢のように思えたりとかして…。それが夢か現実か、その狭間でふと…Girl I need、君が必要なんだっていう思いが込み上げて、こぼれでちゃうんじゃないかって思います。」と語り、『Girl I need』を披露。しっとりとラブバラードで、ちょっぴり切ない思いも垣間見せた。
ウィン「急に泣きたい気持ちで胸がいっぱいになって、涙がこぼれ出そうな時って、逆に泣いてしまったら余計に辛くなると思うんです。だから、そんな時は歩いたりなんかりして…」と話すと、アカペラで『上を向いて歩こう』を披露。歌詞1つ1つを噛みしめながら届けた。
また、大好きな人=ホリック(PrizmaXファンの名称)への思いも告白すると、『Bruno mars』の名曲『Just the way you are』で会場を温かく包み込んだ。

また、この日の為に書き下ろした自作曲『恋心』も初披露。いろんな気持ちの恋心がある中で、ウィンが今書き留めておきたかった“恋心”をストレートに伝えた。
もちろん、ホリックとのコール&レスポンスも忘れない。
ウィン「僕の生誕なので、勝手に用意してきました。今日はここにいるホリックと思い出が作りたいので、皆でサビを一緒に歌いたいです。」と話し、PrizmaXの楽曲『Never』を会場皆で楽しんだ。

スクリーンに、PrizmaXメンバー・黒川ティム、福本有希、島田翼からのビデオメッセージが流れると、ウィンに宛てた各々のユニークな思いに笑いが起こる。その流れのまま明るいナンバー『Believe』を歌い始めると、唯一メッセージが流れなかった清水大樹がサプライズ登場。ウィンと熱い抱擁を交わし、2人でのセッションで盛り上げた。
「ウィン!誕生日おめでとう!!」と祝う大樹は、本番前に緊張していたウィンの様子や、ホリックからのファンレターを人一倍しっかり読むウィン、おまけにそのリアクションが大袈裟過ぎるという恥ずかしいエピソードまで明かし、会場を盛り上げた。

鳴りやまないアンコールでは、ウィンの自作曲『うさぎ』をピアノ弾き語りで披露。この日1番の歓声を浴びると、会場いっぱいに歌声を響き渡らせた。
ラストは、サプライズバースデーケーキを持って再び大樹が登場。会場全員でバースデーソングを贈ると、大樹「去年は24歳。2+4=6。“みんなをロックします”と言っていましたが、ちなみに25歳はどうなりますか?」と尋ね、ウィン「25歳は2+5=“ニコニコ”。25歳は、皆さんのことをニコニコにする1年にします!!」と約束し、初のソロライブステージに幕を下した。

森崎ウィンが所属するユニット・PrizmaXは、6th Single『Lonely summer days』を9/30(水)リリース!同リリースを引っ提げて、9/6(日)ららぽーと横浜、9/12(土)ららぽーと新三郷(以降順次開催)にてフリーイベントが行なわれますので、是非会場にて生ライブをお楽しみください。


【森崎ウィン:公演終了後のインタビュー】

Q.同公演のコンセプト&込めた思いは?
「PrizmaXとして活動している時はCD音源を使って踊ったりしていますが、今回の初ソロライブは全て生の声一本で、どれだけ自分が勝負できるかというのを僕の中でのコンセプトにして挑戦したライブです。実は元々ソロ活動もしてみたいという気持ちがあるので、いずれ“ウィンくんのソロライブやべぇぞ!”と、“PrizmaXの時とは味が違うぞ”と思ってもらえるよう頑張ります、今回来れなかった方々にも是非来て頂きたいです。」

Q.森崎ウィン、ソロ活動でこだわってみたい部分は?
「ソロなので、別に大きい会場でやりたいとかは全く思わないんですけど、絶対に自分の生の声一本でやりたいです。Bruno marsが僕の理想のアーティストなので、出来るだけ自分なりに近づけたら…というイメージはあります。」

Q.ステージ上でこだわっていることは?
「僕、役者もやっているので、ステージの上では演じていたいです。だからといって常に凄く演じている訳でもないんですけど(笑)、何か1つ物語を作って、1つの空間がその物語で埋まったら良いなっていうイメージを強く持っています。ちょっと大袈裟になっている部分もあるかと思うんですけど、森崎ウィン・ソロでステージに立つ時と、PrizmaXでいる時とはだいぶイメージが違うかなと思います。」

Q.改めて、初ソロライブ公演を終えての感想は?
「イェ~イ!やりました!生誕祭!凄く良かった!マジ幸せでした!!(笑)ここまで僕を連れて来てくれたホリックの皆さんには、凄く感謝しております!やりきった!!オーマイガ~。本当に楽しかったです。幸せでした!!」


▼「PrizmaX・森崎ウィン BIRTHDAY LIVE ~WINの止まらない一夜~」
8月25日(火)@吉祥寺スターパインズカフェ
【セットリスト】
M1. one two three
M2. Ready
M3. Sing it
M4. Girl I need
M5. 上を向いて歩こう
M6. Just the way you are
M7. 恋心
※合唱コーナー
※動画コーナー
M8. Believe
M9. Three things
M10. うさぎ (アンコール)
  • はてなブックマーク
  • シェア

プロフィールPROFILE

MOVIE

2009年

07月

「ごくせん THE MOVIE」(東宝)
2010年

02月

「パレード」(ショウゲート)

05月

「書道ガールズ!!わたしたちの甲子園」(ワーナー・ブラザーズ映画)

08月

「劇場版 怪談レストラン」(東映)
2011年

10月

「天国からのエール」(アスミック・エース)
2012年

08月

「闇金ウシジマくん」(S・D・P)
2014年

08月

「シェリー」※主演
2016年

01月

「鬼談百景『追い越し』」(日本出版販売)

TV

2008年

04月

「みんなのうた」(NHK)
※『CRYSTAL CHILDREN』(CRYSTALS)O.A
(~05月)

06月

「東京少女 恋より大切なこと」(BS-i)

07月

「学校じゃ教えられない!」(NTV)
(2008年07〜09月)
2009年

03月

「ごくせん卒業スペシャル'09」(NTV)

08月

「イケメンデルの法則」(KTV)
(08,11月)

10月

「仮面ライダーダブル」(7・8話)(EX)

12月

「激モテ!セブンティーン学園」(BS-TBS)
2012年

09月

「ゴーストママ走査線 僕とママの不思議な100日」(第8話)(NTV)

12月

「天の方舟」(WOWOWプライム)
(12月~)
2013年

07月

「名もなき毒」(TBS)

STAGE

2007年
「POWER BOXX」vol.1~4
(~2008年)
2010年

08月

「EBiDAN」

11月

「EBiDAN THE LIVE」

12月

「EBiDAN」
2012年

03月

「EBiDAN THE LIVE 春の陣 ~お披露目!新ユニット旋風の乱~」

04月

「3次元の彼女~Z(ゼータ)~」

05月

「EBiDAN THE LIVE 風林火山 応-WESTの乱」

07月

「露出狂」
(~08月)
2013年

01月

「恋するブロードウェイ♪ vol.2」
(~02月)

05月

「大西洋レストラン」
2014年

10月

「CLUB SLAZY The 3rd invitation~Onyx~」
2015年

10月

「グラファー」

EVENT

2009年

10月

JBL2009-2010トヨタ自動車アルバルクホームゲーム ハーフタイムイベント
2010年

02月

JBL2009-2010トヨタ自動車アルバルクホームゲーム ハーフタイムイベント

CD

2008年
CRYSTALS「CRYSTAL CHILDREN」
(2008.04.23)
 
クリスタルズ feat.PrizmaX 「CRYSTAL CHILDREN〜眩い未来へ〜」
「HEART OF CRYSTAL(ピアノバラードver.)」Tim&Win(配信限定)
(2008.11.05)
2013年
PrizmaX「Mysterious Eyes/GO!」
(2013.03.27)

DVD

2008年
「みんなでおどろう!CRYSTAL CHILDREN
(2008.11.05)
2009年
「ミテルだけ for Lady」
(2009.11.25)

MAGAZINE

 
「nicola」
「ラブベリー」
「Seventeen」
「Soup」
「street Jack」

PV

2009年
FUNKY MONKEY BABYS「明日へ」
(2009.11.18)
2012年
ソナーポケット「月火水木金土日。~君に贈る歌~」
(2012.04.25)

pagetop

page top