STARDUST SECTION1 スターダストプロモーション 芸能1部

SECTION1

shadow
トキワ タカコ

常盤貴子

ニュースNEWS

TV

常盤貴子 NHK連続テレビ小説「まれ」出演者発表会見!

常盤貴子が、平成27年度前期のNHK連続テレビ小説「まれ」に出演することが発表され、9/8(月)NHKにて行われた出演者発表会見に出席した。

連続テレビ小説第92作「まれ」の舞台は、“里山・里海”の豊かな自然の中で独自の伝統や風習が息づく石川県能登地方。幼いころこの地に越してきたヒロイン・津村希(まれ)(土屋太鳳さん)は、世界一のパティシエを目指して、横浜で厳しい修行に挑む。やがて希は能登に小さな店を開き、故郷の「青い鳥」となる。毎朝美味しいケーキを焼くヒロイン・希が、日本中のお茶の間に“できたての笑顔”をお届けする。

常盤が演じるのは、希の母・津村藍子役。夫に代わって一家を支える大黒柱。普段はおっとりしているが、移住先を決める際にダーツ投げで選ぶような大胆な一面をもつ。能登では見た目に似合わない怪力で塩田作業をこなし、畑仕事や朝市で収入を得て希たちを育てる。希の生き方を母として常に応援するが、希がパティシエの道を選ぶときに反対することになる。

会見に登場した常盤は、「実は朝ドラへの出演が初めてでして、ヒロインである主役が決まる前に出演依頼をお受けするという賭けにでたのも初めてでございます。でもこれは楽しい賭けだなと思いまして、主役が決まるその日が来るのをワクワクドキドキと待っていました。太鳳ちゃんが主役に決まられたということをテレビで拝見したのですが、『花子とアン』の吉高由里子さんが泣いて喜ばれたというのを見て、出演者にこれだけ愛されている太鳳ちゃんだったら、これから始まる撮影においても、とても大切な愛おしいヒロインになってくれるのではないかと思い、撮影がますます楽しみになりました。たくさんの観てくださる方々が、明るく元気な朝を迎えられるような朝ドラになるよう努力します。」と意気込みを語った。

NHK連続テレビ小説「まれ」は、2015/3/30(月)より、毎週月曜~土曜8:00~8:15放送予定。
ぜひご期待ください!


【あらすじ】
都会で父親が破産寸前になり、家族で夜逃げのように能登の漁村に移ってきた小学生のヒロイン・希(まれ)。塩田を営む夫婦の家に間借りをするが、能登で一旗揚げようとした父はまたも失敗。母が塩田で父に代わって力仕事をこなし、希と弟の4人家族を明るく養う。
8年後。高校卒業を控えた希の就職先は、輪島市役所。夢を追って失敗ばかりの父を反面教師に地道な仕事を選んだのだ。市役所での仕事は、能登への移住者をサポートする仕事だった。希は夢を持って能登に来た人々をサポートするうちに、自分の夢=パティシエへの思いを取り戻す。
「もう一度あの時の幸せな気持ちを人に与えたい」、希は家族の反対を押し切り横浜の洋菓子名門店に弟子入り志願する。フランス帰りの頑固パティシエが作るケーキは、かつての想い出のデコレーションケーキと同じ味だった。
洋菓子修業のさまざまなトラブルやコンクールへの挑戦、父との別れ、結婚と仕事の両立・・・。希はさまざまな試練を乗り越えつつ、いつしか心の故郷になっていた能登に再び帰り、自分の店と家族を持つ決心をする。
  • はてなブックマーク
  • シェア

MOVIE

常盤貴子 映画「野のなななのか」初日舞台挨拶!

常盤貴子主演映画「野のなななのか」が、5/17(土)全国公開を迎え、有楽町スバル座にて行われた舞台挨拶に、大林宣彦監督、キャストらとともに、常盤が登壇した。

本作は、優しく穏やかな里・芦別の美しい四季と人間の物語で、老人の死とその再生を通して命の尊さの中に様々な世代のありようを描いた作品。多くの日本人が知らず、関心さえ寄せない戦争秘話を忍ばせて、この物語は 一つの寓話として僕ら日本人に迫り、明日の真実の平和を手繰り寄せる芸術の力を示す、正に今、北海道が、芦別が誇るべき日本人の物語となっている。原作は、劇作家・長谷川孝治さんの原作小説「なななのか」。“なななのか”とは、仏教の「四十九日」を意味する。

物語の舞台は、満点の星空の下、美しい野山に囲まれた北海道・芦別市。あるひとりの老人・鈴木光男(品川徹さん)の死をきっかけに、普段散り散りに暮らしていた家族が古里へと戻ってくる。老人の壮絶な過去を謎の女性が炙り出し、過去と現在を彷徨いながら戦争末期の樺太での歴史をひもとき、平和とはなにか、そして生きる事とはどういうことなのかを語りかける。本作で常盤は、鈴木家に現れる謎の女・鈴木信子役を演じる。

舞台挨拶にて拍手で迎えられた常盤は、本作に対する想いについて、「私はこの映画で本当に変わりました。それは何かというと、これまでもずっとがんばっていたつもりですし、人を大切にしていたつもりだったのですが、この映画に出会って、撮影をさせていただいて、完成をして、皆で観て、そして宣伝活動をして、というすべての中で、ありきたりでどこにでもあるような言葉なのですが、改めて本当に人っていいなと思いました。劇場、スタッフ、キャストとの関係も本当に素晴らしい現場で、人と人ってこんなにやさしく想い合えるんだということをこの現場で教えていただきました。大林監督が北海道で先行上映があった際、私にふと『映画っていうのは人生の花なんだよな』と、つぶやいたことがありましたが、皆さんにとってもこの映画が人生の花になることを願っています」と語り、笑顔を見せた。

主演映画「野のなななのか」は、現在全国公開中。ぜひ劇場にてお楽しみください。
  • はてなブックマーク
  • シェア

インタビューINTERVIEW

プロフィールPROFILE

MOVIE

1999年

05月

香港映画「もういちど逢いたくて ~星月童話~」※主演
2001年

05月

香港映画「A Fighter's Blues」※主演

12月

「千年の恋 ひかる源氏物語」(東映)
2003年

08月

「ゲロッパ!」(シネカノン)
2004年

02月

「赤い月」(東宝)※主演
2005年

07月

「星になった少年」(東宝)
2006年

05月

「間宮兄弟」(アスミック・エース・エンターテインメント)

07月

「ブレイブ ストーリ-」(声優)

10月

「地下鉄(メトロ)に乗って」(松竹・東急)
2007年

01月

「筆子・その愛-天使のピアノ-」※主演

01月

「魂(たま)萌え!」(シネカノン)
2008年

05月

「アフタースクール(クロックワークス)

08月

「20世紀少年-第1章-終わりの始まり」(東宝)

10月

「釣りバカ日誌19」(松竹)
2009年

01月

「20世紀少年-第2章-最後の希望」(東宝)

08月

「20世紀少年-最終章-ぼくらの旗」(東宝)

10月

「引き出しの中のラブレター」(松竹)※主演
2011年

12月

「CUT」(ビターズ・エンド)
2012年

07月

「汚れた心」(アルバトロス・フィルム、インターフィルム)
2014年

05月

「野のなななのか」(PSC/TME) ※主演
2015年
「向日葵の丘-1983年夏」(IPSエンターテイメント) ※主演

TV

1993年

07月

「悪魔のKISS」(CX)※主演
(~09月)
1994年

01月

「ザ・ワイドショー」(NTV)
(~03月)

07月

「カミング・ホーム」(TBS)
(~09月)

10月

「私の運命」(TBS)
(~1995年03月)
1995年

04月

「禁じられた遊び」(NTV)
(~06月)

07月

「愛していると言ってくれ」(TBS)※主演
(~09月)

10月

「まだ恋は始まらない」(CX)
(~12月)
1996年

04月

「みにくいアヒルの子」(CX)
(~06月)

07月

「真昼の月」(TBS)※主演
(~09月)

10月

「ひとり暮らし」(TBS)※主演
(~12月)
1997年

01月

「理想の結婚」(TBS)※主演
(~03月)

07月

「最後の恋」(TBS)※主演
(~09月)
1998年

04月

「めぐり逢い」(TBS)※主演
(~06月)

10月

「タブロイド」(CX)※主演
(~12月)
1999年

10月

「美しい人」(TBS)※主演
(~12月)
2000年

01月

「Beautiful Life」(TBS)※主演
(~03月)
2001年

01月

「カバチタレ!」(CX)※主演
(~03月)
2002年

01月

「ロング・ラブレター~漂流教室」(CX)※主演
(~03月)

08月

「恋愛偏差値~第2章 Party~」(CX)※主演
2003年

11月

「流転の王紀・最後の皇弟」 (ANB)※主演
2006年

05月

「ザ・ヒットパレード」(CX)
2007年

06月

「玉蘭」(ANB)※主演
2008年

02月

「ロス:タイム:ライフ」(CX)※主演

03月

「笑顔をくれた君へ~女医と道化師の挑戦~」(CX)※主演

04月

「眉山」(CX)※主演
2009年

01月

大河ドラマ「天地人」(NHK)
(~2009年11月22日)
2010年

09月

ドラマスペシャル「お母さんの最後の一日」(ANB)※主演
2011年

02月

「TAROの塔」(NHK)

06月

東野圭吾特別企画「回廊亭殺人事件」(CX)※主演

10月

土曜ドラマスペシャル「神様の女房」(NHK)※主演
2012年

01月

「忠臣蔵~その義その愛~」(TX)

11月

金曜プレステージ松本清張没後20年特別企画第3弾「疑惑」(CX)※主演

12月

「再会」(CX)
2013年

01月

日曜劇場「とんび」(TBS)
(~03月)

01月

メ~テレ50周年特別ドラマ「ゆりちかへ ママからの伝言」(ANB)※主演

10月

「月に祈るピエロ」(TBS) ※主演
2014年

10月

「東京にオリンピックを呼んだ男」(フジテレビ)
2015年

03月

連続テレビ小説「まれ」(NHK)

STAGE

2005年

05月

KERA・MAP#003「砂の上の植物群」
(シアターアプル/05月01日~05月14日)
2006年

09月

TEPCO・1万人コンサート 16th 真説・山椒太夫 世界劇『黄金の刻(とき)』
―愛と永遠の絆―
(日本武道館/09月30日)

11月

「タンゴ・冬の終わりに」
(Bunkamuraシアターコクーン/11月04日~11月29日)
2007年

11月

「恐れを知らぬ川上音二郎~The Fearless og Otojiro's Company~」
(シアタークリエ/11月07日~12月30日)
2012年

09月

CBGK PREMIUM STAGE リーディングドラマ「Re:」~Session 2~
(CBGKシブゲキ!!/09月29日~09月30日)
2013年

04月

寺山修司没後30年パルコ劇場開場40周年記念公演
「レミング~世界の涯まで連れてって~」
(パルコ劇場/04月21日~05月16日)
(中日劇場/05月25日)
(イオン化粧品 シアターBRAVA!/06月01日~06月02日)

12月

「マクベス Macbeth」
(Bunkamura シアターコクーン/12月08日~12月29日)

pagetop

page top