STARDUST SECTION1 スターダストプロモーション 芸能1部

SECTION1

shadow
トキワ タカコ

常盤貴子

ニュースNEWS

TV

常盤貴子 NHK連続テレビ小説「まれ」能登ロケ取材会!

常盤貴子が出演する、NHK連続テレビ小説「まれ」能登ロケ取材会が、5/28(木)石川県珠洲市の塩田にて行われ、共演者らとともに常盤が出席した。

連続テレビ小説第92作「まれ」の舞台は、“里山・里海”の豊かな自然の中で、独自の伝統や風習が息づく石川県能登地方。幼いころ、この地に越してきたヒロイン・津村希(土屋太鳳さん)は、「地道にコツコツ」がモットーで、夢が苦手な女の子。仕事も恋も堅実第一だったが、さまざまな出会いを通して自分の原点だったケーキ職人の夢を取り戻し、世界一のパディシエを目指して横浜に旅立つ。やがて希は故郷となった能登に戻り、自分の小さな店を開く。

今月から希がケーキ職人の修行に奮闘する横浜編もスタートしたが、今後、舞台を再び能登に戻し物語が展開される。この度は、久々に能登でのロケが行われ、希の家族や幼なじみを演じるキャスト陣が集結し、会見に臨んだ。

同作で、希の母・津村藍子役を演じる常盤は、久々の能登ロケの感想を聞かれ、「前回のロケはまだ放送前で、『まれ』というドラマがどういうものかわからない段階でしたが、今回は役どころもわかってのロケで、『藍子さん!』とか『希ちゃんのおかあさん!』と能登の皆さんに迎えていただくことを、本当にうれしく思っています。」と語った。

NHK連続テレビ小説「まれ」は、毎週月曜~土曜8:00~8:15放送中!
ぜひご覧ください!
  • はてなブックマーク
  • シェア

AWARD

常盤貴子 第29回高崎映画祭 最優秀主演女優賞受賞

常盤貴子が、第29回高崎映画祭で、最優秀主演女優賞を受賞し、3/22(日)に高崎市文化会館で行われた授賞式に出席した。

高崎映画祭は、市民有志のボランティア団体である高崎映画祭事務局によって運営されている映画祭。今回常盤は、2014年5月に公開された映画「野のなななのか」の演技を受けて賞が授与され、「演じた信子は、すでにその人生を終えた者、死に行く者、これからを生きる者、それぞれを繋ぐ生の使者のような存在である。それぞれの登場人物のうちに、彼女そのものが支柱となって存在し続ける。そうした人物像を見事に体現し圧倒的に人を惹き付けてしまう。抑えの利いた演技力、人間の厚みを感じさせる美しくしなやかな表現力が高く評価された。」と受賞理由が述べられた。

授賞式にて常盤は、「この『野のなななのか』を製作しました、星の降る里芦別映画学校は、鈴木評詞さんという芦別出身の方が15歳のときに大林監督の『さびしんぼう』に憧れて、尾道をロケ地巡りをして、いつか自分のふるさとでも大林監督に映画を撮ってほしい、そのために自分にできることは何だろうと考えて、市の観光課で働き始めました。そして大林監督を招き、この映画学校が始まったそうです。ところが評詞さんは映画学校が始まって何年かしたときに病気で亡くなられてしまうんですね。その遺志を継いで、映画学校の他のスタッフたちが今日まで続けてこられ、『野のなななのか』が完成しました。私はずっとこのお話をいただいたときから今日まで、おかしなことを言っていると思われるかもしれませんが、ここに導いてくれたのは評詞さんだなとずっと思っていました。私が演じた役も不思議だと思われてしまいがちな役なので、特にそのように感じていました。こうして今日、高崎の皆さんに評価をしていただけたのも、評詞さんのおかげだと思いますし、もっと言うならば、高崎の映画好きの皆さんにはそのことが分かるんだな、映画はすごい力を持っているんだなと思いました。皆さんが、映画の中に込められている評詞さんの想いを感じ取ってくださったんだなと思うと、これからの映画製作にも希望が持てますし、評詞さんがこのことを一番喜んでくださっているのではないかと思います。映画史の中には鈴木評詞さんというお名前は残らないかもしれませんが、ここにいる皆さんだけでいいので、高崎映画祭主演女優賞・常盤貴子の裏に、どうか鈴木評詞さんを感じていただけたらと思います。今日はありがとうございました。」と語った。

また、映画「野のなななのか」は、最優秀作品賞・特別大賞を受賞した。
  • はてなブックマーク
  • シェア

インタビューINTERVIEW

プロフィールPROFILE

MOVIE

1999年

05月

香港映画「もういちど逢いたくて ~星月童話~」※主演
2001年

05月

香港映画「A Fighter's Blues」※主演

12月

「千年の恋 ひかる源氏物語」(東映)
2003年

08月

「ゲロッパ!」(シネカノン)
2004年

02月

「赤い月」(東宝)※主演
2005年

07月

「星になった少年」(東宝)
2006年

05月

「間宮兄弟」(アスミック・エース・エンターテインメント)

07月

「ブレイブ ストーリ-」(声優)

10月

「地下鉄(メトロ)に乗って」(松竹・東急)
2007年

01月

「筆子・その愛-天使のピアノ-」※主演

01月

「魂(たま)萌え!」(シネカノン)
2008年

05月

「アフタースクール(クロックワークス)

08月

「20世紀少年-第1章-終わりの始まり」(東宝)

10月

「釣りバカ日誌19」(松竹)
2009年

01月

「20世紀少年-第2章-最後の希望」(東宝)

08月

「20世紀少年-最終章-ぼくらの旗」(東宝)

10月

「引き出しの中のラブレター」(松竹)※主演
2011年

12月

「CUT」(ビターズ・エンド)
2012年

07月

「汚れた心」(アルバトロス・フィルム、インターフィルム)
2014年

05月

「野のなななのか」(PSC/TME) ※主演
2015年
「向日葵の丘-1983年夏」(IPSエンターテイメント) ※主演

TV

1993年

07月

「悪魔のKISS」(CX)※主演
(~09月)
1994年

01月

「ザ・ワイドショー」(NTV)
(~03月)

07月

「カミング・ホーム」(TBS)
(~09月)

10月

「私の運命」(TBS)
(~1995年03月)
1995年

04月

「禁じられた遊び」(NTV)
(~06月)

07月

「愛していると言ってくれ」(TBS)※主演
(~09月)

10月

「まだ恋は始まらない」(CX)
(~12月)
1996年

04月

「みにくいアヒルの子」(CX)
(~06月)

07月

「真昼の月」(TBS)※主演
(~09月)

10月

「ひとり暮らし」(TBS)※主演
(~12月)
1997年

01月

「理想の結婚」(TBS)※主演
(~03月)

07月

「最後の恋」(TBS)※主演
(~09月)
1998年

04月

「めぐり逢い」(TBS)※主演
(~06月)

10月

「タブロイド」(CX)※主演
(~12月)
1999年

10月

「美しい人」(TBS)※主演
(~12月)
2000年

01月

「Beautiful Life」(TBS)※主演
(~03月)
2001年

01月

「カバチタレ!」(CX)※主演
(~03月)
2002年

01月

「ロング・ラブレター~漂流教室」(CX)※主演
(~03月)

08月

「恋愛偏差値~第2章 Party~」(CX)※主演
2003年

11月

「流転の王紀・最後の皇弟」 (ANB)※主演
2006年

05月

「ザ・ヒットパレード」(CX)
2007年

06月

「玉蘭」(ANB)※主演
2008年

02月

「ロス:タイム:ライフ」(CX)※主演

03月

「笑顔をくれた君へ~女医と道化師の挑戦~」(CX)※主演

04月

「眉山」(CX)※主演
2009年

01月

大河ドラマ「天地人」(NHK)
(~2009年11月22日)
2010年

09月

ドラマスペシャル「お母さんの最後の一日」(ANB)※主演
2011年

02月

「TAROの塔」(NHK)

06月

東野圭吾特別企画「回廊亭殺人事件」(CX)※主演

10月

土曜ドラマスペシャル「神様の女房」(NHK)※主演
2012年

01月

「忠臣蔵~その義その愛~」(TX)

11月

金曜プレステージ松本清張没後20年特別企画第3弾「疑惑」(CX)※主演

12月

「再会」(CX)
2013年

01月

日曜劇場「とんび」(TBS)
(~03月)

01月

メ~テレ50周年特別ドラマ「ゆりちかへ ママからの伝言」(ANB)※主演

10月

「月に祈るピエロ」(TBS) ※主演
2014年

10月

「東京にオリンピックを呼んだ男」(フジテレビ)
2015年

03月

連続テレビ小説「まれ」(NHK)

STAGE

2005年

05月

KERA・MAP#003「砂の上の植物群」
(シアターアプル/05月01日~05月14日)
2006年

09月

TEPCO・1万人コンサート 16th 真説・山椒太夫 世界劇『黄金の刻(とき)』
―愛と永遠の絆―
(日本武道館/09月30日)

11月

「タンゴ・冬の終わりに」
(Bunkamuraシアターコクーン/11月04日~11月29日)
2007年

11月

「恐れを知らぬ川上音二郎~The Fearless og Otojiro's Company~」
(シアタークリエ/11月07日~12月30日)
2012年

09月

CBGK PREMIUM STAGE リーディングドラマ「Re:」~Session 2~
(CBGKシブゲキ!!/09月29日~09月30日)
2013年

04月

寺山修司没後30年パルコ劇場開場40周年記念公演
「レミング~世界の涯まで連れてって~」
(パルコ劇場/04月21日~05月16日)
(中日劇場/05月25日)
(イオン化粧品 シアターBRAVA!/06月01日~06月02日)

12月

「マクベス Macbeth」
(Bunkamura シアターコクーン/12月08日~12月29日)

pagetop

page top