STARDUST SECTION1 スターダストプロモーション 芸能1部

SECTION1

shadow
トキワ タカコ

常盤貴子

ニュースNEWS

TV

常盤貴子 主演ドラマ「ビューティフル・スロー・ライフ」取材会見&クリスマストークショー!

常盤貴子主演ドラマ「ビューティフル・スロー・ライフ」の取材会見&クリスマストークショーが、12/22(火)千代田放送会館にて行われ、スタッフ・キャストと共に常盤が出席した。

同作は、看板女優の「彼女」(常盤)と、彼女にひそかに恋焦がれていた劇団の小道具係の「彼」(北村一輝さん)が愛を育み、子どもが生まれ、すれちがいを乗り越え、やがて妻へ最期の贈りものをするまでの物語。エピソードを象徴する『出来事』が起きた瞬間から映像がスローに切り替わり、マエストロ(小日向文世さん)の指揮によるフルオーケストラのオリジナル・シンフォニーの演奏にあわせて物語が進行してゆく。

トークショー前に行われた取材会見で常盤は、「渡された企画書に大きな字で“4K”と書かれていたのにもかかわらず、撮影が始まってからスタッフが教えてくれた話によると、放送は2Kのみという事がわかったのですが、お客さんが4K映像を想像しながら見なければいけない初の試みでいいのではないかと、今はスーパーポジティブに考えています。」とコメント。

自身が演じた役柄と撮影について、「舞台女優という設定だったのでプレッシャーでした。本当の事を言うと、24日は皆さんどこかへ出かけて下さいと思うくらい日本中の演劇関係者に見てもらいたくないとすら思っています。舞台シーンでは、名作をかいつまんでやらせて頂いているのですが、もちろんドラマですから舞台稽古の時間もないですし、自分の想像で“そのシーンだったらこうやるんじゃないか”という風に作っていったので、本当に申し訳ない限りです。でも素晴らしいメイクさん、衣装さん、照明やセットとか全て、時代が流れていく様を上手く監督が撮って下さったので、以外と年代を踏まえているように見えます。たった49分の中でこんな風に作れるんだなという驚きがありました。私の努力は全然足りてないなと思うのですが、“皆に頼って良かった”という発見でもありました。」と振り返った。

また、北村さんとの共演について質問され、「私にとっては、大河ドラマで以前ご一緒しているので、完全に“殿”です。今回もお会いする時に緊張してしまったのですが、“殿”と夫婦の役をやれるように私もなったんだなと、嬉しく思いました。久々にお会いしたら笑顔が可愛くて、優しくて、とても幸せな時間でした。」と話した。

撮影時の印象的なエピソードについては、「驚いた事なのですが、北村さんがちょっとした動作の練習をされていたんです。放送で言ったら一秒にも満たない一瞬の動きなのに、普段のスムーズな動きに見える様に何度も繰り返されていました。やるようでやれない事だと思いますし、側で見て勉強させて頂きました。」とコメントした。

その後のクリスマストークショーで、スローシーンについて聞かれ、「こんなにスローシーンが多いとは思っていなかったですし、撮影は大変でした。卵のシーンでは何回撮り直した事か(笑)。今年は私、卵とスローの組み合わせが多いんです。コマーシャル(ミツカン『金色昆布つゆ』のCM)でも、下からカメラが撮っている所に卵を割って、“黄身、白身の順番で落ちないとダメだ”と言われて、スローでなければ分からない事なのに大変だなと思いました。」と語った。

さらに、スロー映像でのフルオーケストラの音楽がある上での撮影について、「音楽は重要でした。例えば“このシーンは7秒で”というリクエストがあり、録音部の方がまず音楽を聞かせてくれるんです。1カットならまだしも2カットトータルで7秒に収めなければならなくて…。ぜひ放送を見て頂きたいのですが、産気づくシーンは7秒ですのでカウントしてみて下さい。」と明かした。

また、海辺のシーンを18倍速(1カット:12秒間/5000コマ)で段々と笑顔になっていく演技をする際の撮影を振り返り、「テスト撮影で、思ったより早くカットがかかるのでもっと急いでやらなければいけないんだっていう感覚で演じました。普通のドラマですと、気持ちを作って一個一個の気持ちを消化できますが、今回はそれを考えていると終わってしまうので、わりと回転を早くして演じました。人生ってそんなもので、気持ちを踏んで踏んで踏んで、ではなくて結構一瞬の物だと思うんです。同時にいろいろな事を考えたりもしますし、まさにそのものだなと思いました。」と心境を含めてコメントした。

そして、フルオーケストラとマエストロについては、「中学生時代は吹奏楽部に所属していたのですが、指揮者の指揮棒にグッと集中する感じとかがたまらなく好きなんです。楽器を演奏する人たちは、指揮者のちょっとした動きに合わせますから、指揮者が駄目だと全くグダグダになってしまいますし、しかも小日向さんはプロの演奏者の方々へむけて振るなんて、とても怖かったと思います。」と思いを語った。

同作に登場する名前も出てこない『彼』と『彼女』の夫婦関係と同作の楽しみ方について、「『彼』はすごく優しくて、こんなに愛されて良いのかしらって思うくらいでした。女性はたまらないと思います。結局、誰の走馬灯なのかというと、私の場合は“私から見た彼”という存在で『彼』の良い部分ばかりを見ていますし、逆に彼は『彼女』の良い部分をピックアップして走馬灯として見ていると思うので、人によって違う見え方があるのではないかと思います。その時に、自分の人生の走馬灯でどういう所を見たいかな、どういう所を見るのかという風に考え出すと面白くなってきます。走馬灯が49分かかるとしたら、私がどこを見るか選んでおきたいなと思いました。」とアピールした。

最後にご覧になる方へ向けて、「音楽も演劇要素も重なって何層にもなっているドラマなので、見て得した気分になれるかと思います。4Kで撮ったものが見られないというのは、今しかない良い時期だと思いますので4Kを想像しながら、そしてクリスマスに相応しいリッチな気分になってもらえたら嬉しいです。ぜひ見て下さい。」と見どころをふまえてメッセージを送った。

クリスマスイブに贈る、美しい人生の物語。ドラマ「ビューティフル・スロー・ライフ」は、12/24(木)22:00~22:49 NHK総合にて放送。
ぜひご覧ください。
  • はてなブックマーク
  • シェア

MOVIE

常盤貴子 主演映画「向日葵の丘 1983年・夏」初日舞台挨拶!

常盤貴子主演映画「向日葵の丘 1983年・夏」が8/22(土)公開初日を迎え、品川プリンスシネマで行われた舞台挨拶に監督・共演者とともに常盤が出席した。

同作は、太田隆文監督が、今から31年前の”1983年”を舞台に、昭和の懐かしい風景を残す静岡県島田市でオールロケを敢行。バブル直前の1983年は、東京ディズニーランドが開園し、ファミコンやカロリーメイトなどが発売され、”義理チョコ”という言葉が流行語になるなど、日本人の日常生活が大きく変わった年。太田監督は、この1983年に注目し、「2013年」と、常盤演じる多香子が高校生だった「1983年」という時代を見つめることで、友達や親子の絆の大切さを描く。

1983年。まだパソコンもなく、CDではなくレコード、DVDではなくビデオテープの、バブル景気とも言える懐かしい時代。松田聖子や中森明菜が大人気で、マイケル・ジャクソンの「スリラー」が流行する中、田舎町で青春時代を過ごしていた女子高生3人組は、一緒に映画館に入り浸り、町を巻き込んで8ミリ映画を作る。しかし、卒業前に悲しい出来事が起こり、離れ離れになった3人は、30年後、ふるさとで感動の再会をする。

上映後に行われた舞台挨拶にて常盤は、「映画というのは、その世界に入り体験した気分になれる力があるものだと思います。1980年代を知らない世代は、この映画を観てその時代に連れていってくれて、知っている世代は、またもう一度懐かしむことができる映画だなと実感しました。」と同作の魅力を語った。

その後、撮影中に監督と常盤で鉄道博物館へ訪れたエピソードが明かされるなど、監督・共演者との仲睦まじいトークが繰り広げられ、最後に、「この映画をみんなの力で広めていけたら幸せなので、どうかご覧になった感想をいろんな方に伝えていって下さればと思います。今日はありがとうございました。」とメッセージを送った。

映画「向日葵の丘 1983年・夏」は、品川プリンスシネマ他にて絶賛公開中!
ぜひ劇場でお楽しみください!
  • はてなブックマーク
  • シェア

インタビューINTERVIEW

プロフィールPROFILE

MOVIE

1999年

05月

香港映画「もういちど逢いたくて ~星月童話~」※主演
2001年

05月

香港映画「A Fighter's Blues」※主演

12月

「千年の恋 ひかる源氏物語」(東映)
2003年

08月

「ゲロッパ!」(シネカノン)
2004年

02月

「赤い月」(東宝)※主演
2005年

07月

「星になった少年」(東宝)
2006年

05月

「間宮兄弟」(アスミック・エース・エンターテインメント)

07月

「ブレイブ ストーリ-」(声優)

10月

「地下鉄(メトロ)に乗って」(松竹・東急)
2007年

01月

「筆子・その愛-天使のピアノ-」※主演

01月

「魂(たま)萌え!」(シネカノン)
2008年

05月

「アフタースクール(クロックワークス)

08月

「20世紀少年-第1章-終わりの始まり」(東宝)

10月

「釣りバカ日誌19」(松竹)
2009年

01月

「20世紀少年-第2章-最後の希望」(東宝)

08月

「20世紀少年-最終章-ぼくらの旗」(東宝)

10月

「引き出しの中のラブレター」(松竹)※主演
2011年

12月

「CUT」(ビターズ・エンド)
2012年

07月

「汚れた心」(アルバトロス・フィルム、インターフィルム)
2014年

05月

「野のなななのか」(PSC/TME) ※主演
2015年
「向日葵の丘-1983年夏」(IPSエンターテイメント) ※主演

TV

1993年

07月

「悪魔のKISS」(CX)※主演
(~09月)
1994年

01月

「ザ・ワイドショー」(NTV)
(~03月)

07月

「カミング・ホーム」(TBS)
(~09月)

10月

「私の運命」(TBS)
(~1995年03月)
1995年

04月

「禁じられた遊び」(NTV)
(~06月)

07月

「愛していると言ってくれ」(TBS)※主演
(~09月)

10月

「まだ恋は始まらない」(CX)
(~12月)
1996年

04月

「みにくいアヒルの子」(CX)
(~06月)

07月

「真昼の月」(TBS)※主演
(~09月)

10月

「ひとり暮らし」(TBS)※主演
(~12月)
1997年

01月

「理想の結婚」(TBS)※主演
(~03月)

07月

「最後の恋」(TBS)※主演
(~09月)
1998年

04月

「めぐり逢い」(TBS)※主演
(~06月)

10月

「タブロイド」(CX)※主演
(~12月)
1999年

10月

「美しい人」(TBS)※主演
(~12月)
2000年

01月

「Beautiful Life」(TBS)※主演
(~03月)
2001年

01月

「カバチタレ!」(CX)※主演
(~03月)
2002年

01月

「ロング・ラブレター~漂流教室」(CX)※主演
(~03月)

08月

「恋愛偏差値~第2章 Party~」(CX)※主演
2003年

11月

「流転の王紀・最後の皇弟」 (ANB)※主演
2006年

05月

「ザ・ヒットパレード」(CX)
2007年

06月

「玉蘭」(ANB)※主演
2008年

02月

「ロス:タイム:ライフ」(CX)※主演

03月

「笑顔をくれた君へ~女医と道化師の挑戦~」(CX)※主演

04月

「眉山」(CX)※主演
2009年

01月

大河ドラマ「天地人」(NHK)
(~2009年11月22日)
2010年

09月

ドラマスペシャル「お母さんの最後の一日」(ANB)※主演
2011年

02月

「TAROの塔」(NHK)

06月

東野圭吾特別企画「回廊亭殺人事件」(CX)※主演

10月

土曜ドラマスペシャル「神様の女房」(NHK)※主演
2012年

01月

「忠臣蔵~その義その愛~」(TX)

11月

金曜プレステージ松本清張没後20年特別企画第3弾「疑惑」(CX)※主演

12月

「再会」(CX)
2013年

01月

日曜劇場「とんび」(TBS)
(~03月)

01月

メ~テレ50周年特別ドラマ「ゆりちかへ ママからの伝言」(ANB)※主演

10月

「月に祈るピエロ」(TBS) ※主演
2014年

10月

「東京にオリンピックを呼んだ男」(フジテレビ)
2015年

03月

連続テレビ小説「まれ」(NHK)

12月

「ビューティフル・スロー・ライフ」(NHK)※主演

STAGE

2005年

05月

KERA・MAP#003「砂の上の植物群」
(シアターアプル/05月01日~05月14日)
2006年

09月

TEPCO・1万人コンサート 16th 真説・山椒太夫 世界劇『黄金の刻(とき)』
―愛と永遠の絆―
(日本武道館/09月30日)

11月

「タンゴ・冬の終わりに」
(Bunkamuraシアターコクーン/11月04日~11月29日)
2007年

11月

「恐れを知らぬ川上音二郎~The Fearless og Otojiro's Company~」
(シアタークリエ/11月07日~12月30日)
2012年

09月

CBGK PREMIUM STAGE リーディングドラマ「Re:」~Session 2~
(CBGKシブゲキ!!/09月29日~09月30日)
2013年

04月

寺山修司没後30年パルコ劇場開場40周年記念公演
「レミング~世界の涯まで連れてって~」
(パルコ劇場/04月21日~05月16日)
(中日劇場/05月25日)
(イオン化粧品 シアターBRAVA!/06月01日~06月02日)

12月

「マクベス Macbeth」
(Bunkamura シアターコクーン/12月08日~12月29日)

pagetop

page top