STARDUST SECTION1 スターダストプロモーション 芸能1部

SECTION1

shadow
トキワ タカコ

常盤貴子

ニュースNEWS

TV

常盤貴子 テレビ朝日新ドラマ「やすらぎの郷」出演決定!

常盤貴子が2017年春より放送のテレビ朝日新ドラマ「やすらぎの郷」に出演することが発表された。

同作は、テレビ朝日と倉本聰さんがタッグを組み、中高齢の視聴者に向けて新設された帯ドラマ=“シルバータイムドラマ”の枠で、第1弾として放送されるオリジナル作品。数々の名作ドラマを生み出してきた倉本さんがテレビ朝日のドラマを執筆するのは『祇園囃子』(2005年)以来で、長年に渡ってテレビドラマに関ってきた経験のすべてが注ぎ込まれている。

物語の舞台は、テレビの全盛期を支えた俳優、作家、ミュージシャン、アーティストなど“テレビ人”だけが入居できる老人ホーム「やすらぎの郷 La Strada(ラ・ストラーダ。イタリア語で“道”の意味)」。かつて一世を風靡した石坂浩二さんが演じるシナリオライター・菊村栄を中心に、このホームに入居した往年の大スターたちの姿を描き、家族、財産(遺産)、過去への想い、恋、死への恐怖、芸術への心残り――など多岐に渡るテーマがユーモラスに描かれる。

常盤が演じる「やすらぎの郷 La Strada」のコンシェルジュ・松岡伸子は、入居者の世話のすべてを取り仕切る施設の実質的な責任者という役どころ。性格は慎ましやかでありながらも凛とした態度で入居者をサポートしている。

出演にあたり常盤は、「私がこのドラマに惹かれたいちばんの理由は、そうそうたる大スターの皆さまとご一緒できるということです。何をおいても、この作品には絶対に参加したいと思いました。先輩方は、とても“自由”でいつもワクワクしながら勉強させていただいています。言われたことを額面通りに受け取るかどうかは『自分次第』という自由さを持っていらっしゃるんです。そんなおおらかさが素敵で、さっそく私も学ばせていただいています。とにかく脚本が楽しくて、“このシーン、面白いよね”などと皆さんで話しながら撮影を重ねられるのは幸せなことだなと思います。」とコメント。

物語に登場する全盛期の映画やテレビ業界を支えたかつての大スターの面々について、「この作品の登場人物はキラキラ輝いていて、その姿は愛おしくて時に笑ってしまうこともありますが、こんなふうに齢を重ねられたらいいな、こんな晩年を過ごせるなら未来が楽しみになるなと思う、憧れの存在です。」と語った。

また脚本については、「単なる老人ホームのドラマではなく、倉本さんが今のテレビ界について随所でメッセージを投げかけていらっしゃるので、現役のテレビマンはヒヤッとするでしょうし、これからの人たちには、何十年か経ってこんな伝説のドラマがあったんだと言ってもらえるドラマだと思います。」と述べた。

テレビ朝日新ドラマ「やすらぎの郷」は2017年春より放送!
ぜひご期待ください。

【あらすじ】
菊村栄(石坂浩二)は単身、海を臨む山の斜面にひっそりと建つ、「やすらぎの郷 La Strada」を訪れた――。ここは大手芸能プロダクション“加納グループ”の総帥・加納英吉がグループを突如解散した後、私財を投じて作った、テレビに功績があった者だけが入れる無料の老人ホーム。しかし、加納本人は姿を見せることがなく、施設を仕切るのは、加納の長女・名倉みどり(草刈民代)と、みどりの夫で元大学病院院長の名倉修平(名高達男)だった。会員になるにはただひとつ資格が必要で、それは全盛期の映画、テレビを真剣に支えた役者、監督、ミュージシャン、アーティストであること、というものだった。
菊村もある時代、一世を風靡したシナリオライターだった。実は、認知症の元女優の妻・律子(風吹ジュン)の介護にほとほと疲れ果てたとき、みどりから、突然の誘いを受けたのだ。みどりとは面識がなかったが、“加納英吉の娘”という言葉を信じた。何よりも、芸能界に長く籍を置く者なら一度は聞いたことがある噂になっていた老人ホームで、万端の設備で老夫婦を迎え入れると言われていた。
菊村は、夫婦での移住を決意した矢先、妻があっけなく他界してしまい、その部屋でひとり暮らすことを決意し、老人ホームを訪れると、もはや記憶から消えかけていた全盛期のテレビの人たちだった。夢か幻を見ているような呆然たる菊村に笑みを向けてきたのは、往年の大女優、大俳優たち。こうして、菊村の新たな生活がはじまって…!?

(敬称略)
  • はてなブックマーク

MOVIE

常盤貴子 主演映画「だれかの木琴」初日舞台挨拶!

常盤貴子主演映画「だれかの木琴」が9/10(土)公開初日を迎え、有楽町スバル座で行われた舞台挨拶に常盤が登壇した。

同作は、観る者が心の奥底に抱える孤独を解き放つ、魂の美しき共鳴の物語。平凡に生きてきた主婦・親海小夜子(常盤貴子)が、ふとした心の隙間に入って来た美容師の男・山田海斗(池松壮亮さん)に、どうしようもなく心を囚われていく。あなたなら、この〈名前のない想い〉を何と呼ぶ?好奇心…衝動…執着…恋…それとも欲望? エスカレートしていく彼女の言動に息をのみながら、私たちはふと気づくだろう。SNSでフォローしている特別な相手に対してやっている自分の行為と似ていることに。休日に誰とどこへ出かけたのか、今どこで何を食べているのか、見たい、知りたい──。
閉塞した現代社会で孤独を癒すためにSNSに逃げ込む私たちと、癒す術を持たず美容師の男にのめりこむ主婦、そんな女の飢餓感を見つめる男の〈想い〉が重なり合っていく。愛と呼ぶにはあまりにも危険で切ない、求め合いねじれゆく男と女をスリリングかつエレガントに描く、大人のためのサスペンスが誕生した。

上映後に行われた舞台挨拶にて常盤は、「本日は『だれかの木琴』に朝からお越しくださいまして、ありがとうございます。今、映画をご覧になった皆さんだと思いますので、モヤモヤの絶頂期かと思いますが(笑)、朝に観たからこそ、今日出会った人、接した人、すれ違った人に対する見え方がきっと違ってくるであろう映画だと思うので、このモヤモヤを十分に楽しんでください。」と挨拶。

小夜子と海斗がどことなく共鳴しているようにも見える部分について、何が共鳴していたのか常盤の見解を聞かれると「現代社会に潜んでいる孤独でしょうか。撮影中はそんなことも考えずに、ただただ小夜子としてそこにいようと思っていたのですが、完成した映画を観ていろいろな取材でお話をさせていただく中で、それなのかなと思うようになりました。」と分析した。

小夜子の行動を演じる上で気を付けた部分については、「異常に見せることはしたくないと思いました。異常に見せるやり方はいくらでもあるし、皆さんの想像する分かりやすいストーカーにすることはできたのですが、私はやっぱり観客の皆さんの頭の中を信じたいというか、人間の想像力はとても豊かだと思うので、その想像力の中で私をそういう風に見てくだされば、もっと怖いものがそれぞれの皆さんの中で出来上がっていくんじゃないかなと…。東(陽一)監督の映画ですから、余白は凄くある映画なので、ぜひそういう部分を膨らませていただけたらなと思います。監督の映画だからこそできる挑戦でした。」と語った。

さらに、“孤独”というものに自身はどう向き合っているかを問われると、「私は孤独を楽しむタイプ。どんどん部屋の明かりを暗くしていったりして、孤独な状況を最大限にして、『怖っ!』ってなるのが好きです(笑)。それで大泣きしてみても誰にも届かないみたいなのが面白いなと(笑)。でもそれを楽しんじゃうのは孤独が足りていないということですよね…もっとストイックになりたいと思います。」と意気込み、笑いを誘った。

最後はご来場いただいた皆様に向けて、「憧れの東監督に出会うことができて、今日この日を共に迎えることができて、こんな幸せな日が来るなんて20代の頃の私に教えてあげたいと思うのですが、そんな出会いがこの先もあるのであれば、私はこれからもまだまだ頑張っていきたいなと思います。最近、ご家族やご夫婦、恋人同士で、不倫について語り合うことが多かった思いますが、そういう報道とかをテレビで観る度に不倫の境界線っていうのはどこなのかということを考えていたりしていて、やっぱり人の頭の中にまで入り込むことはできないし、その中で何が起こっているのかは誰にも分からない…それって凄く怖いことで、そういうことを想像させてくれる映画だと思いますので、この珍しいタイプの映画をより多くの方に観ていただきたいと思います。どうぞこれから1度のみならず2度3度とご覧になって、この映画への理解を深めていっていただけたらと思います。今日はありがとうございました。」とメッセージを送った。

映画「だれかの木琴」は、有楽町スバル座、シネマート新宿ほか全国公開中!
ぜひ劇場でご覧ください。
  • はてなブックマーク

インタビューINTERVIEW

プロフィールPROFILE

MOVIE

1999年

05月

香港映画「もういちど逢いたくて ~星月童話~」※主演
2001年

05月

香港映画「A Fighter's Blues」※主演

12月

「千年の恋 ひかる源氏物語」(東映)
2003年

08月

「ゲロッパ!」(シネカノン)
2004年

02月

「赤い月」(東宝)※主演
2005年

07月

「星になった少年」(東宝)
2006年

05月

「間宮兄弟」(アスミック・エース・エンターテインメント)

07月

「ブレイブ ストーリ-」(声優)

10月

「地下鉄(メトロ)に乗って」(松竹・東急)
2007年

01月

「筆子・その愛-天使のピアノ-」※主演

01月

「魂(たま)萌え!」(シネカノン)
2008年

05月

「アフタースクール(クロックワークス)

08月

「20世紀少年-第1章-終わりの始まり」(東宝)

10月

「釣りバカ日誌19」(松竹)
2009年

01月

「20世紀少年-第2章-最後の希望」(東宝)

08月

「20世紀少年-最終章-ぼくらの旗」(東宝)

10月

「引き出しの中のラブレター」(松竹)※主演
2011年

12月

「CUT」(ビターズ・エンド)
2012年

07月

「汚れた心」(アルバトロス・フィルム、インターフィルム)
2014年

05月

「野のなななのか」(PSC/TME) ※主演
2015年

01月

「望郷の鐘満蒙―開拓団の落日―」(現代ぷろだくしょん)

08月

「向日葵の丘-1983年夏」(IPSエンターテイメント) ※主演
2016年

09月

「だれかの木琴」(キノフィルムズ) ※主演

TV

1993年

07月

「悪魔のKISS」(CX)※主演
(~09月)
1994年

01月

「ザ・ワイドショー」(NTV)
(~03月)

07月

「カミング・ホーム」(TBS)
(~09月)

10月

「私の運命」(TBS)
(~1995年03月)
1995年

04月

「禁じられた遊び」(NTV)
(~06月)

07月

「愛していると言ってくれ」(TBS)※主演
(~09月)

10月

「まだ恋は始まらない」(CX)
(~12月)
1996年

04月

「みにくいアヒルの子」(CX)
(~06月)

07月

「真昼の月」(TBS)※主演
(~09月)

10月

「ひとり暮らし」(TBS)※主演
(~12月)
1997年

01月

「理想の結婚」(TBS)※主演
(~03月)

07月

「最後の恋」(TBS)※主演
(~09月)
1998年

04月

「めぐり逢い」(TBS)※主演
(~06月)

10月

「タブロイド」(CX)※主演
(~12月)
1999年

10月

「美しい人」(TBS)※主演
(~12月)
2000年

01月

「Beautiful Life」(TBS)※主演
(~03月)
2001年

01月

「カバチタレ!」(CX)※主演
(~03月)
2002年

01月

「ロング・ラブレター~漂流教室」(CX)※主演
(~03月)

08月

「恋愛偏差値~第2章 Party~」(CX)※主演
2003年

11月

「流転の王紀・最後の皇弟」 (ANB)※主演
2006年

05月

「ザ・ヒットパレード」(CX)
2007年

06月

「玉蘭」(ANB)※主演
2008年

02月

「ロス:タイム:ライフ」(CX)※主演

03月

「笑顔をくれた君へ~女医と道化師の挑戦~」(CX)※主演

04月

「眉山」(CX)※主演
2009年

01月

大河ドラマ「天地人」(NHK)
(~2009年11月22日)
2010年

09月

ドラマスペシャル「お母さんの最後の一日」(ANB)※主演
2011年

02月

「TAROの塔」(NHK)

06月

東野圭吾特別企画「回廊亭殺人事件」(CX)※主演

10月

土曜ドラマスペシャル「神様の女房」(NHK)※主演
2012年

01月

「忠臣蔵~その義その愛~」(TX)

11月

金曜プレステージ松本清張没後20年特別企画第3弾「疑惑」(CX)※主演

12月

「再会」(CX)
2013年

01月

日曜劇場「とんび」(TBS)
(~03月)

01月

メ~テレ50周年特別ドラマ「ゆりちかへ ママからの伝言」(ANB)※主演

10月

「月に祈るピエロ」(TBS) ※主演
2014年

10月

「東京にオリンピックを呼んだ男」(フジテレビ)
2015年

01月

「京都人の密(ひそ)かな愉(たの)しみ 秋」(NHK BSプレミアム)※主演

03月

連続テレビ小説「まれ」(NHK)

08月

「京都人の密(ひそ)かな愉(たの)しみ 夏」(NHK BSプレミアム)※主演

12月

「ビューティフル・スロー・ライフ」(NHK)※主演
2016年

03月

「京都人の密(ひそ)かな愉(たの)しみ 冬」(NHK BSプレミアム)※主演
 
「鶴瓶の家族に乾杯」(NHK)※『家族に一杯』ナレーション レギュラー
(03月~)
2016年

10月

「旅するフランス語」(NHK Eテレ)
(10月~)
2017年
「やすらぎの郷」(ANB)
(2017年春放送予定~)

02月

ドキュメンタリー「大ちゃんと為さん」ナレーション
02月11日(TVS・CTC)、03月16日(KBS) 

STAGE

2005年

05月

KERA・MAP#003「砂の上の植物群」
(シアターアプル/05月01日~05月14日)
2006年

09月

TEPCO・1万人コンサート 16th 真説・山椒太夫 世界劇『黄金の刻(とき)』
―愛と永遠の絆―
(日本武道館/09月30日)

11月

「タンゴ・冬の終わりに」
(Bunkamuraシアターコクーン/11月04日~11月29日)
2007年

11月

「恐れを知らぬ川上音二郎~The Fearless og Otojiro's Company~」
(シアタークリエ/11月07日~12月30日)
2012年

09月

CBGK PREMIUM STAGE リーディングドラマ「Re:」~Session 2~
(CBGKシブゲキ!!/09月29日~09月30日)
2013年

04月

寺山修司没後30年パルコ劇場開場40周年記念公演
「レミング~世界の涯まで連れてって~」
(パルコ劇場/04月21日~05月16日)
(中日劇場/05月25日)
(イオン化粧品 シアターBRAVA!/06月01日~06月02日)

12月

「マクベス Macbeth」
(Bunkamura シアターコクーン/12月08日~12月29日)
2016年

05月

「8月の家族たち August:Osage County」
(Bunkamuraシアターコクーン/05月07日~05月29日)
(森ノ宮ピロティホール/06月02日~06月05日)
2017年

04月

「王将」
(下北沢・小劇場 楽園/04月27日~05月14日)

pagetop

page top