STARDUST SECTION3 スターダストプロモーション 芸能3部

SECTION3

shadow

HOME > ニュース

ニュース

岡田将生のニュース

岡田将生 「連続ドラマW 名刺ゲーム」完成披露試写会!

2017年12月1日更新

はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Buzzurl MIXIチェック シェア

岡田将生出演、「連続ドラマW 名刺ゲーム」(WOWOWプライム)の完成披露試写会が11/30(木)都内で行われ、堤真一さん、鈴木おさむさんと共に岡田が登壇した。

同作は、放送作家・鈴木おさむさんがエンタメ業界の裏側を描いた同名小説を<新たなヒューマン・サスペンス>として、実写ドラマ化。
謎の男X が仕掛けた【名刺ゲーム】を通じてあわらになる“勝者と敗者/強者と弱者の関係”、という【エンタメ業界】に限らない、“日本のビジネス社会の縮図”。年齢も性別も境遇も異なる登場人物たちが追いつめられる<極限のサスペンス>は、<究極のヒューマンドラマ>となり、そして衝撃的なクライマックスへ向かっていく―。

地下のボイラー室。人気クイズ番組のプロデューサーでヒットメーカーの神田(堤真一さん)が目覚めると自分の首に謎の首輪がはめられていることに気づく。床には大量の名刺が散乱し、壁には同じ首輪をはめられ磔にされた娘(大友花恋さん)が…、2人は密室に囚われていた。
そして、神田の前に突如として謎の男X(岡田)が現れる。男が神田に仕掛けるのはタイムリミット2時間の【名刺ゲーム】。ルールは自分がもらった名刺を探し当て、その持ち主に「正しく返す」こと。もし持ち主を間違えれば、自分か娘の首が爆破されるという残酷なゲーム。完全なる密室で、神田は娘を救うために【名刺ゲーム】に挑むが、そこには驚くべき秘密が隠されていたー。

第1話上映後に行われた舞台挨拶にて岡田は、「お越しいただきましてありがとうございます。ネタバレが多いようなので、今日はあまりしゃべらないように(笑)、気をつけながら話したいと思います。よろしくお願いします。」と挨拶。

脚本を読み、「単純に面白かったのと、バラエティの世界は怖いなと思いました。毎週気に入って観ている番組があるのですが、その番組も裏側はこうなのかなと思うと観る気が…。」と話すと鈴木さんが、“勘弁してください。フィクション!フィクション!”とフォロー。その後、「勘違いしてしまうくらいリアリティがあって、惹きこまれました。」と感想を語った。

自身が演じた役について、「本当に謎な男で、フルパワーで演じました。1話を観させていただいたのですが、僕ってこんな笑い方をするんだって。気持ち悪いなと思いました。あまりにショックで今後笑うのをやめようと思うくらい、引いてしまいました。」と話すと、会場が笑いに包まれた。

堤さんとは6年ぶりの共演となるが、「プライベートでよくお話しさせていただくのですが、堤さんはずっとしゃべっていて、でもこの作品では僕がずっとしゃべっていたので逆転できました。」と満面の笑み。

しかし撮影直前まで堤さんに話しかけられていたそうで、「2、3ページのセリフを話さないといけないのに、先輩がずっとしゃべっているので聞かないといけなくて…(笑)。そのストレスをお芝居にぶつけられたと思います。」とユーモアも交えて話しつつ、「先輩がリラックスさせてくだ
さったので、負荷がかからず楽しく演じることができました。」と感謝した。

そして最後に、「エッジが効いた作品だと思いますし、人って多面的なんだなと感じるところがたくさんありました。最後まで観ると、なおさら感じることが多い作品だと思います。ぜひいろいろな方々に観ていただきたいです。宜しくお願いします。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

「連続ドラマW 名刺ゲーム」は、12/2(土)よりWOWOWプライムにて毎週土曜22:00~放送。(第1話無料放送)
ぜひご覧ください!

TOPへ

岡田将生のニュース

岡田将生 映画「伊藤くん A to E」完成披露試写会!

2017年11月22日更新

はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Buzzurl MIXIチェック シェア

岡田将生 W主演映画「伊藤くん A to E」の完成披露試写会が11/21(火)都内で行われ、監督・キャストと共に、岡田が登壇した。

同作は、「ランチのアッコちゃん」をはじめ、数々のヒット作を生み出し、あらゆる世代の女性から熱い支持を受ける作家・柚木麻子さん初の直木三十五賞候補作となった会心の恋愛小説を、『ヴァイブレーター』『さよなら歌舞伎町』など深く人間心理をあぶり出し、海外でも高い評価を受ける実力派・廣木隆一監督が製作陣からの熱烈なオファーを受け映画化。女性たちを振り回すモンスター級【痛男(いたお)】と、なりふり構わず再起を狙う崖っぷちアラサ―【毒女(どくじょ)】を中心に、予測不能な震撼恋愛ミステリーが幕をあける。

落ち目の脚本家・矢崎莉桜は、“伊藤”という男について悩む【A】~【D】4人の女たちの切実な恋愛相談を、新作脚本のネタにしようと企んでいる。心の中で毒づきながら「もっと無様に」なるよう巧みに女たちを誘導、そんな莉桜の前に“伊藤”が現れる。“伊藤”は莉桜が主宰するシナリオスクールの生徒。中身が無く、いつも口先だけの彼が、なぜか莉桜と同じ4人の女たちについての脚本を書いていくのだ。しかもそこには、莉桜のネタにはない5人目【E】の女が存在し…。“伊藤”の狙いは一体何なのか――。莉桜は、徐々に追い詰められていく。

岡田は、容姿端麗だが、自意識過剰、無神経すぎるモンスター級【痛男(いたお)】伊藤誠二郎を演じる。

上映前に行われた舞台挨拶にて岡田は、「この作品を観ていただくのは皆さんが初めてということで、緊張しています。思っている以上に僕が演じさせていただいた伊藤は痛男で、観た人は嫌いになるような役(笑)。女性たちを振り回すように一生懸命やらせていただきました。痛快な作品になっていると思いますので、楽しんでください。ありがとうございます。」と挨拶。

出演が決定した時の心境を聞かれ、「今までと違う役をやってみたいと思っていた頃だったので、すごく良いタイミングでした。こんなにクズでダメな奴とこの夏を過ごすことができて気持ちが良かったです。」と愛情たっぷりに話すと共に、完成作を観て、「伊藤と出会うことによって5人の女性が成長していくお話でもあります。伊藤のクズさが過激なほど良い方向に向くのかなと思っていたので、良かったと思います。」と感想を語った。

撮影時、ある葛藤があったようで、「カットがかかると、皆さんがすごく小さい声で“気持ち悪い”って言うんです(笑)。心がクッてなったのですが、俺じゃなくて伊藤だと思って、役を全うしました。」と当時の心境を明かした。

その後、同作にちなみ、“今年一番痛かったこと、無様だったことは?”という質問があがり、「休みの日に車を運転していて細い道を走っていたのですが、小学生10人位に囲まれまして…。“お兄ちゃん知ってる、出てきて!出てきて!名前なんだっけ!?名前なんだっけ!?”って。すごく無様で、(小声で)“岡田将生”って言いました。悲しかったです。」とエピソードを話すと会場から笑いが起こっていた。

そして最後に、「伊藤のことをいろいろと言いましたが、僕はこの役に出会えて良かったと思っています。また、伊藤を通して5人のタイプが違う女性たちを見ることによって、人それぞれ共感できる部分があるのではないかと。いろいろな方々に届けたいと思いますので、よろしくお願いします。そして、キャラクターたちを観察していただけたら良いなと思います。今日はありがとうございました。」とPRし、舞台挨拶を締めくくった。

映画「伊藤くん A to E」は来年1/12(金)公開。
ぜひご期待ください!

TOPへ

岡田将生のニュース

岡田将生 「連続ドラマW 名刺ゲーム」出演決定!

2017年9月14日更新

はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Buzzurl MIXIチェック シェア

岡田将生が12月よりスタートする「連続ドラマW 名刺ゲーム」(WOWOWプライム)に出演することが発表された。

同作は、放送作家・鈴木おさむさんがエンタメ業界の裏側を描いた同名小説を<新たなヒューマン・サスペンス>として、実写ドラマ化。
謎の男X が仕掛けた【名刺ゲーム】を通じてあわらになる“勝者と敗者/強者と弱者の関係”、という【エンタメ業界】に限らない、“日本のビジネス社会の縮図”。年齢も性別も境遇も異なる登場人物たちが追いつめられる<極限のサスペンス>は、<究極のヒューマンドラマ>となり、そして衝撃的なクライマックスへ向かう。

地下のボイラー室。人気クイズ番組のプロデューサーでヒットメーカーの神田(堤真一さん)が目覚めると自分の首に謎の首輪がはめられていることに気づく。床には大量の名刺が散乱し、壁には同じ首輪をはめられ磔にされた娘(大友花恋さん)が…、2人は密室に囚われていた。
そして、神田の前に突如として謎の男X(岡田)が現れる。男が神田に仕掛けるのはタイムリミット2時間の【名刺ゲーム】。ルールは自分がもらった名刺を探し当て、その持ち主に「正しく返す」こと。もし持ち主を間違えれば、自分か娘の首が爆破されるという残酷なゲーム。完全なる密室で、神田は娘を救うために【名刺ゲーム】に挑むが、そこには驚くべき秘密が隠されていたー。

同作への出演が決定し岡田は、「脚本を読んで、最後の最後まで良い意味で裏切られました。「あ、なるほど。そういうことだったのか」という驚きの連続でした。僕自身がテレビ業界を知っているから、より感じるのかもしれませんが、僕が演じる謎の男Xのような人間は結構いるのかもしれないと思います。」とコメント。

謎の男・Xを演じるにあたり、「最初、徹底的な「悪」として描かれますが、少しずつ変化していく役です。とても魅力的で演じがいのある役柄だと思うので、全力で挑みたいと思います。」と意気込んだ。

さらに、「主演の堤真一さんとは、プライベートの関係性と立場が逆転しますので、堤さんのみじめな顔をどんどん引き出せるように芝居をしていきたいです。堤さんは、いつもどーんと真ん中で立ってくださる方なので、胸を借りる気持ちで徹底的にやりたいなと思います。鈴木おさむさんとは初めての仕事になります。テレビを見ていて面白いと思う番組には、かならず鈴木さんが関わられていることが多いです。「名刺ゲーム」は鈴木さんがテレビ業界の裏側を題材として作品を書かれたということで、とてもリアリティを感じました。堤さんが演じる神田役はじめキャラクターがクレイジーな人ばかりですし、エンターテイメントとして面白い作品になると思いますので僕自身も楽しみにしています。」と期待を寄せた。

「連続ドラマW 名刺ゲーム」は、12/2(土)よりWOWOWプライムにて毎週土曜22:00~放送。(第1話無料放送)
ぜひご期待ください!

TOPへ

岡田将生のニュース

岡田将生 「クロレッツ」新CM発表会に出席!

2017年9月4日更新

はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Buzzurl MIXIチェック シェア

岡田将生が、モンデリーズ・ジャパン株式会社「クロレッツ」のCMキャラクターに就任し、9/4(月)都内で行われた新CM発表会に出席した。

30年以上にわたってロングセラーを誇るガム・ミントタブレットブランド「クロレッツ」が9/4(月)リニューアル。スッキリ感に影響するする成分であるメントールやクーリングの寮を調整し、最適な成分バランスに仕上げることで、スッキリ感をより長く実感できることを可能にすると共に、スッキリ感の持続時間がこれまでの30分間から40分間へと進化した。

岡田は新CMキャラクターとして同日より放映されるCMに出演。岡田が様々な役柄で走り続け、新ブランドコンセプトである「スッキリと、前へ。 STAY FRESH」を表現した疾走感あふれるCMとなっている。

撮影中や台本を読んでいる時、集中したい時に「クロレッツ」を食べていたという岡田。8月の初旬、夏の暑い中行われた撮影について、「一日中走っていたのですが、タイミングや走るスピードが大変でした。スタッフの皆さんがとても素敵な方々で、力を合わせて撮影をさせていただきました。良い一日でした。」と振り返った。

また、お気に入りのシーンを聞かれ、“40”のオブジェをジャンプして飛び越えるシーンをあげ、「カメラとなかなかタイミングが合わなかったり、もっと高く飛んでほしいというリクエストがあって一生懸命やったシーンなのでお気に入りです。」と答えた。

同CMでは岡田と親交のある、人気ロックバンド[Alexandros]の新曲『明日、また』が使用されており、「一緒に食事をしたり、ライブに行ったりしていて、今回のCMが決まった時に“僕たちが曲をやるのでよろしくね”と連絡をくださって、“一生懸命やります”と返しました。」と笑顔で語った。

常にフレッシュあり続け、前を向いていこうというメッセージが込められたブランドコンセプトにかけ、役者としてフレッシュな演技をするために心掛けていることを聞かれ、「あまり考え込まないようにしています。考え込んでしまうと、どうしても固くなってしまうので。あとは、いろいろな役にチャレンジすること。なるべく違う顔を見せたいという心意気で演じています。」と明かした。

この日は、新CMのお祝いに千原ジュニアさんが駆けつけ、トークセッションへ。“人のCMを応援する仕事って…芸歴28年で初めて。こんな不思議な仕事来る?”と笑いながら話す千原さんへ岡田が、「僕は今年28歳なのですが、(芸能界で)長く続く秘訣はありますか?」と質問。“勢いのある若手に付いていくこと。今は岡田君!”という回答を受け、「僕も長くできるように進化していかないとと思います。」と願望を語っていた。

その後、スッキリ感が従来より10分長い40分間続くことを広めるため、“40”のオブジェを使ってPRすることに。爽やかにカッコよくキメてくださいというお願いに困惑しつつ、「せっかくなのでジュニアさんにポーズをつけてもらいたいです。」とリクエストし、“ポケットに手を入れて、壁ドンして振り向いて”と言われ、「“40”に壁ドンして振り向く…。すごく恥ずかしい。」と照れ笑いを浮かべながらポーズをキメた。

そして最後に、「新CMを見て、多くの方々に「クロレッツ」を手に取って食べていただけたら。僕自身も盛り上げていきたいと思っていますので、「クロレッツ」も岡田将生もよろしくお願いします。」とメッセージを送り、発表会を締めくくった。

岡田が出演する新CM「クロレッツ『スッキリと、前へ。』」篇は、現在放映中!
ぜひご覧ください。

☆「クロレッツ」ブランドサイト:http://www.clorets.jp/

TOPへ

岡田将生のニュース

岡田将生 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」公開記念舞台挨拶!

2017年8月5日更新

はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Buzzurl MIXIチェック シェア

岡田将生出演映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」が8/4(金)公開初日を迎え、翌8/5(土)TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた舞台挨拶に岡田が登壇した。

「ジョジョの奇妙な冒険」は、19世紀末のイギリスから始まる名門貴族の息子ジョナサン・ジョースターとディオ・ブランドーという2人の少年の出会いから始まるジョースター家の血縁と因縁を描く大河作品。生誕から30年を迎え、シリーズ累計発行部数1億部を超える人気コミックで、第1部から現在連載中の第8部まで部ごとに主人公が代替わりしていくという手法で物語が展開する。今回映画化されるのは、東方仗助が主人公の第4部『ダイヤモンドは砕けない』。<スタンド>と呼ばれる特別な力で家族と町を守ろうとする仗助の活躍が描かれる。

<スタンド>と呼ばれる特殊能力を持つ高校生、東方仗助(山﨑賢人)。彼の住む杜王町では、最近、変死事件が続発していた。仗助は偶然、同じくスタンド使いであり、一連の事件に関わる凶悪犯アンジェロ(山田孝之)の犯行を邪魔してしまったことから、次の標的にされてしまう。
アンジェロは水を操る能力「アクア・ネックレス」を駆使して、執拗に仗助を狙い、その狡猾な手口によって、ついに大切な祖父の命が奪われてしまう。家族と町を守るため、アンジェロとの戦いを決意した仗助。彼のスタンドは、触れるだけで他人のケガや壊れたものをなおすことができる「クレイジー・ダイヤモンド」。そんな最も優しい力を持つ仗助は、彼に危険を知らせに来た空条承太郎(伊勢谷友介)と共に、最凶の力を使うアンジェロに立ち向かう。しかし、アンジェロの背後では、謎の兄弟がすべての糸を引いていた。果たして、仗助と町の運命は…?

岡田が演じるのは、虹村形兆。ある恐ろしい目的のため杜王町で暗躍する冷酷無比な男で、同じ能力を持つ東方仗助と対立する。

上映後に行われた舞台挨拶にて岡田は、「ご覧いただいたということで、(山﨑の挨拶時に)楽しかったと言ってくださったのがとても嬉しかったです。本日はよろしくお願いします。」と挨拶。

スペインでの撮影秘話を聞かれ、「仗助と屋敷の中で戦うシーンがあるのですが、一週間位かけて撮影をしていたんです。終わりが見えなくて、テンションを維持するのがすごく大変でした。」と話した。

さらに作品にちなみ、どんなスタンド能力がほしいかという質問があがり、神木隆之介さんが“身体能力があがるスタンド。アニメや漫画のような速度で戦うのが憧れです”と回答。すると岡田が、「1人だけ早くてもお芝居が成立しないかも。あ、俺の番のときにそれ言うね。」と宣言し、自身の順番になった際に待ってましたとばかりに、「身体能力をあげる能力が欲しいです。あれ?(神木さんと)一緒だね。神木君とアクション映画を撮りたいです。お願いします!」と笑顔でアピールした。

映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」は現在大ヒット公開中。
ぜひ劇場でお楽しみください!

(敬称略)

TOPへ