STARDUST SECTION3 スターダストプロモーション 芸能3部

SECTION3

shadow

HOME > ニュース

ニュース

青木崇高のニュース

青木崇高 映画「モリのいる場所」完成披露試写会!

2018年4月23日更新

はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Buzzurl MIXIチェック シェア

青木崇高出演映画「モリのいる場所」の完成披露試写会が、4/22(日)ユーロライブで行われ、監督・キャストと共に青木が登壇した。

同作は、30年間もの間、ほとんど家の外へ出ることなく庭の生命を見つめ描き続け、97歳で没するまで生涯現役であり続けた伝説の画家・熊谷守一氏のエピソードをもとに、沖田修一監督が晩年のある1日をフィクションとして描くオリジナルストーリー。
時流にも無頓着、自分のやりたいことだけに夢中になる画家・モリ、94歳(山﨑努さん)。ともに人生の荒波を乗り越え、ちょっと変わった夫との暮らしを楽しんでしまう(?)笑顔がチャーミングな妻・秀子、76歳(樹木希林さん)。長い年月を積み重ねてきた夫婦の姿を通し、人生を豊かにする生き方とは何か、それとなく教えてくれるユーモラスな人間ドラマとなっている。

自宅の庭には草木が生い茂り、たくさんの虫や猫など、守一の描く絵のモデルとなる生き物たちが住み着いている。守一は30年以上、じっとその庭の生命たちを眺めるのを日課にしていた。普段、守一は妻の秀子と二人の生活をしているが、毎日のように来客が訪れる。守一を撮ることに情熱を燃やす若い写真家の藤田くん、看板を書いてもらいたい温泉旅館の主人、隣人の佐伯さん夫婦、郵便屋さんや画商や近所の人々、そして、得体の知れない男…
今日もまた、モリとモリを愛する人々の、可笑しくて温かな1日が始まる。

青木は、熊谷家の隣のマンション建設のいかつい現場監督・岩谷を演じる。

上映前の舞台挨拶にて青木は、「去年の夏、暑くて汗をダラダラたらしながら撮影をした記憶が蘇ってきます。そして今日、完成披露を迎えられることを誇りに思います。どうぞよろしくお願いします。」と挨拶。

撮影を振り返り、「(撮影場所の)葉山は素敵で虫が多かったです。セミが脱皮して白い羽を出しているところを毎日何匹か見るという貴重な経験をしました。山﨑努さんとお芝居をさせていただいた時は、緊張とかではなく素直にそこに居られたような気分でした。すごく楽しい夏の思い出です。」と話すと共に、「ロケーション自体は美術さんが作られたのですが、そこの家具などが馴染んでいて、本当にそこに存在するかのような場所でした。動物とかも、ウズラを飼っていたり、夏におじいちゃん、おばあちゃんのところに遊びに行った時のことを思い出すような感覚でしたし、匂いとか風も気持ちよくて最高でした。」と語った。

映画「モリのいる場所」は、5/19(土)シネスイッチ銀座、ユーロスペース、シネ・リーブル池袋、イオンシネマ他全国ロードショー。
ぜひご期待ください!

TOPへ

青木崇高のニュース

青木崇高 映画「かぞくいろ」出演決定!

2018年3月28日更新

はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Buzzurl MIXIチェック シェア

青木崇高が2018年公開予定の映画「かぞくいろ」に出演することが発表された。

同作は、地方のローカル線を舞台に、人と人との繋がりや、自分の生き方を見つめ直す姿を温かく描き、多くの世代から愛される人気シリーズとなった映画「RAILWAYS」シリーズの最新作。
熊本県・八代~鹿児島県・川内を結ぶ<肥薩おれんじ鉄道>を舞台に、血の繋がらない家族が新しい家族のカタチを見つけていく“再生”の物語を描かれる。

奥薗晶(有村架純)は、夫の修平(青木)とその連れ子の駿也(歸山竜成)と3人で幸せに暮らしていたが、突然夫を亡くしてしまう。そのことを伝えるために、晶は夫の故郷である鹿児島県で鉄道の運転士をする義父・節夫(國村隼)に会いに行く。
妻に先立たれ、修平とも長い間疎遠だったため、節夫は突然知らされた息子の死と、初めて会う晶と駿也をどう受け止めたら良いかわからず困惑するが、経済的な理由で東京で暮らせなくなり行くあてがないという晶と駿也を、鹿児島の家に住まわせることをやむなく許す。
こうして、血のつながらない3人の共同生活が始まった。
実の子供ではない駿也の母親として生きることを決意した晶は、鉄道が好きな息子のため、節夫が務める肥薩おれんじ鉄道の運転士の試験を受ける。周囲の人々に支えられ、良き母、一人前の運転士になろうと奮闘する晶。大切な人を失った悲しみをそれぞれが抱えながら、3人は次々に起こる出来事に必死に立ち向かう―。

青木は、愛する晶や駿也を残し、ある日突然病で急逝してしまう奥薗修平を演じる。

撮影は1月上旬にクランクインし、2月中旬にクランクアップ。
青木は、「撮影前に一緒に遊ぶことでこの家族の日常をたくさん感じることが出来ました。そんな素敵な時間は、きっとこの物語に豊かさと彩りを与えてくれると信じています。」とコメントを寄せた。

映画「かぞくいろ」は2018年公開予定。
ぜひご期待ください!

(敬称略)

TOPへ

青木崇高のニュース

青木崇高 UCC新製品「UCC BLACK COLD BREW PET500ml」新・TVCM発表記念イベント!

2018年3月14日更新

はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Buzzurl MIXIチェック シェア

青木崇高が3/14(水)都内で行われたUCC新製品「UCC BLACK COLD BREW PET500ml」新・TVCM発表記念イベントに出席した。

UCC上島珈琲株式会社は、昨今のコーヒートレンドの一つである「COLD BREW(低温・水出し)」に着目して開発した、独自製法「UCC冷香仕込み(れいこうじこみ)」を採用し、レギュラーコーヒー100%・香料無添加にこだわりCOLD BREW特有の「どこまでも澄み切ったクリアな味わい」が特長の無糖タイプの小型PETコーヒー飲料製品「UCC BLACK COLD BREW PET500ml」を3/26(月)に発売。パッケージは、COLD BREWを全面に強調し、波打つボトル形状でコーヒーのシズル感を高め海外のレトロなコーヒーショップを想起する情緒的な世界観を表現、シンボリックなBLACKのロゴは、シンプルでクラフト感あふれるデザインとなっている。

同商品の発売に合わせて放映される新CMに登場する青木がイベントに出席し、TVCMに出演することが決まった時のことについて、「俺でいいのかなという控えめな自分がいながら、お馴染みのBGMが心の中で流れていたので、準備はできていたのかな(笑)と思います。」とコメント。

TVCMでは、圧倒させられるほどの景色が広がる南アフリカの秘境アトランティス丘に立ち、大自然の偉大さを感じている青木のバックショットから始まるが、完成した作品を観て、「とにかくすごくカッコよく作ってくださって、本当に嬉しいです。」と笑顔を見せつつ、撮影で苦労した点、こだわった点を聞かれ、「最初の訴えてくるような景色の強さを自分の中でどう受け止めるか。撮影ですから何度も撮りますが、ファーストインプレッションをとどめておいて、より良いものを切り取っていただきました。ここに立つまでの道のりも感じながら、とにかく集中してその場所に立つこと、そして感じたものを出すように心がけました。」と答えた。

さらに、「撮影の時に飲んでその時に思ったのが、疲れてホッとしよう、自分にご褒美みたいな感じではなく、自分の未知なる挑戦というか、チャレンジをしたエリアにおいてくさびを打つようなものとしてこのコーヒーを捉えました。また、力強さを常に持っていられる相棒のようなアイテムに思えました。(撮影地は)地図にない場所でしょうし、いわゆる観光名所でもなく、自分で見つけた自分だけの景色のように感じました。」と撮影を振り返った。

また、商品の味わいを聞かれ、「美味しいです。爽快で香料無添加にも関わらず香りがあって、味もしっかり強い。自分の憧れる存在ではないですが、飾り過ぎない真の強さみたいなものを感じました。氷を入れるとだんだん薄まっていきますが、ペットボトルなので冷やしておけば最後までそのままの味で飲めて良いと思います。」と話した。

その後、同商品のWEB限定ムービーに出演されているアキラ100%さんがサプライズ出演。イベント当日が青木の誕生日だったことから限定WEBムービーのタイトル「Unveil(アンベール)-隠された真実-」にちなみ、誕生日ケーキを持ち込むスタッフに扮して登場した。アキラ100%さんのスマートな立ち振る舞いに最初は気付かなかった青木だが、「最高のプレゼントです。ありがとうございます。」と感謝し、誕生日を迎えた心境を、「CMのようなイメージがあるのであればそういったものでも、胎児からお婆ちゃんまで何でも演じたい。先日、ゾンビをやって念願が叶いましたし(笑)、人じゃなくてもなんでも挑戦したいです。プライベートではドローンを買ったのでそういう撮影とか、自分で撮ったりもしたいです。やりたいことが多すぎて(話出すと)時間が足りないですが、片っ端からいろいろなことに挑戦してみたいです。」と語った。

そして最後に商品を試飲し、「スッと切れがありつつ、心にも体にもしっかり残る味。パッケージのイメージも含め、こういう男になりたいです。本当に美味しい。」とPRした。

青木が出演する「UCC BLACK COLD BREW PET500ml」新・TVCMは、3/26(月)から放映開始。
ぜひご期待ください!

■BLACK無糖ブランドサイト
http://www.ucc.co.jp/black/

TOPへ

青木崇高のニュース

青木崇高 映画「モリのいる場所」出演決定!

2017年12月7日更新

はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Buzzurl MIXIチェック シェア

青木崇高が2018年5月公開される映画「モリのいる場所」に出演することが発表された。

同作は、30年間もの間、ほとんど家の外へ出ることなく庭の生命を見つめ描き続け、97歳で没するまで生涯現役であり続けた伝説の画家・熊谷守一のエピソードをもとに、沖田修一監督が晩年のある1日をフィクションとして描くオリジナルストーリー。
時流にも無頓着、自分のやりたいことだけに夢中になる画家・モリ94歳(山﨑努さん)。ともに人生の荒波を乗り越え、ちょっと変わった夫との暮らしを楽しんでしまう(?)笑顔がチャーミングな妻・秀子76歳(樹木希林さん)。長い年月を積み重ねてきた夫婦の姿を通し、人生を豊かにする生き方とは何か、それとなく教えてくれるユーモラスな人間ドラマとなっている。

自宅の庭には草木が生い茂り、たくさんの虫や猫など、守一の描く絵のモデルとなる生き物たちが住み着いている。守一は30年以上、じっとその庭の生命たちを眺めるのを日課にしていた。普段、守一は妻の秀子と二人の生活をしているが、毎日のように来客が訪れる。守一を撮ることに情熱を燃やす若い写真家の藤田くん、看板を書いてもらいたい温泉旅館の主人、隣人の佐伯さん夫婦、郵便屋さんや画商や近所の人々、そして、得体の知れない男…
今日もまた、モリとモリを愛する人々の、可笑しくて温かな1日が始まる。

青木は、熊谷家の隣のマンション建設のいかつい現場監督・岩谷を演じる。

映画「モリのいる場所」は、2018年5月、シネスイッチ銀座、ユーロスペース、シネ・リーブル池袋、イオンシネマ他全国ロードショー。
ぜひご期待ください!

■青木崇高コメント
―出演を決めたきっかけ
沖田監督作品であり、山﨑努さんとの共演であったからです。

―山﨑努さんと共演しての感想
リラックスして関係性を探っていけたのでとても楽しかったです。

―樹木希林さんと共演しての感想
現場で色んなアイデアを出されていたのが印象的でした。

TOPへ

青木崇高のニュース

青木崇高 ドラマ「BORDER 贖罪」プレミアム上映会!

2017年9月22日更新

はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Buzzurl MIXIチェック シェア

青木崇高出演、ドラマスペシャル「BORDER 贖罪」(テレビ朝日)のプレミアム上映会が9/21(木)TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、青木が登壇した。

「BORDER」は、直木賞受賞小説「GO」や「SP 警視庁警備部警護課第四係」など大ヒット映像作品の原案・脚本を手がけた金城一紀による完全書下ろし作品で、死者と対話できる能力を手にした刑事、石川安吾(小栗旬)が被害者の無念を晴らすため、生と死、正義と法、情と非情…様々な“BORDER=境界線”で葛藤しながらも事件に立ち向かう姿を描いた、今なお語り継がれる衝撃作。
2014年に連続ドラマとして放送され、謎多きラストシーンはさまざまな憶測を呼ぶと同時に、底知れぬ衝撃で視聴者を震え上がらせた。その衝撃から3年の時を経て、ドラマスペシャル「BORDER 贖罪」の放送が決定。あの後、石川はどうなったのか…。サブタイトル『贖罪』が意味するものとは、いったい何なのか…。痛烈な一撃を放つ第二章が幕を開ける!

青木は、連続ドラマ版に続き、警視庁捜査一課第二強行犯捜査・殺人犯捜査第4係第一班の刑事・立花雄馬を演じる。
警察官一家に生まれたため、警察官という職業に対して過剰なプライドを持っており、強すぎる正義感をもてあまし、融通が利かない一面も。同僚である石川に強いライバル心を抱いていたが、捜査を共にするうちに絆が生まれていくという役どころ。

この日はまず、“絶対的な悪”を体現する史上最悪の敵・安藤周夫(大森南朋)が石川に投げかけた「こちら側の世界へようこそ」という言葉と共に終了した連続ドラマ最終話の上映が行われた。その後の舞台挨拶にて青木は、「あのエンディングの後、拍手をしていただくのは大変な心情だったのではないでしょうか。今日はいろいろなお話ができたらと思います。宜しくお願いします。」と挨拶。

続編が決定し、「旬君とはこの作品に入る前まで舞台を一緒にやっていたのですが、それが終わってすぐに入るということで大変だなと。でも、旬君は痩せたり、石川のメンタルを取り戻したり、さらに大変だと思ったので、僕もしっかり頑張らないとと思いました。」と心境を語った。

その後、視聴者の方々が連続ドラマ最終回のその後を妄想したストーリーが発表され、青木はコメントを求められるも壮大なストーリーだったため、「聞きながら(話を)追いかけていたら途中で分からなくなってしまいました。それだけ熱心にご覧いただいていたということなので、嬉しく思います。」と答え、笑いを誘っていた。

また、連続ドラマ最終話の台本を読んだときの心境を聞かれ、「“え?それで続きは?”って。金城さんが2日で書き上げられたと聞いていたので、まだ出来上がってなくて、現場で作るのかなと。でも、こういった最終回じゃないと、金城脚本でやる意味はないかなと思いました。最終回はスタッフさんとかとみんなで観て、終わってから“よし!日本国中の人がすごい顔してるぞ”と言いながら、美味しいお酒を飲みました(笑)。」とエピソードも交えて話した。

イベント終盤では、青木が描いた共演者のイラストがデザインされたスタッフTシャツを来場者にプレゼントする一幕も。他にも、撮影の裏話や、初解禁となる同作のPR映像の上映などが行われた。

ドラマスペシャル「BORDER 贖罪」は10/22(日)21:00~テレビ朝日にて放送。
ぜひご期待ください!

(敬称略)

TOPへ