STARDUST SECTION3 スターダストプロモーション 芸能3部

SECTION3

shadow

HOME > ニュース

ニュース

本仮屋ユイカのニュース

本仮屋ユイカ 「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018」アワードセレモニーに登場!

2018年6月18日更新

はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Buzzurl MIXIチェック シェア

本仮屋ユイカが、6/17(日)都内で行われた「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018」のアワードセレモニーに公式審査員として出演した。

同映画祭は、1999年、ショートフィルムを日本に紹介するため、米国俳優協会(SAG)の会員でもある別所哲也さんを創立者に「アメリカン・ショート・ショート フィルムフェスティバル」として東京・原宿で誕生。 2001年に「ショートショート フィルムフェスティバル(SSFF)」と改称し、2004年に米国アカデミー賞公認映画祭として認定された。
その後、アジア発の新しい映像文化の発信・新進若手映像作家の育成目的から「ショートショート フィルム フェスティバル アジア(SSFF AISA 共催:東京都)」が2004年に誕生。現在、2つの映画祭を“SSFF & ASIA”と総称して開催している。

映画祭20周年の節目となる今年は、6/4(月)~6/24(日)まで、世界130以上の国と地域から集まった過去最高1万本の作品から選りすぐりの約250作品を東京8会場で上映。国内の映画祭として初となるVR部門や、学生部門・ノンフィクション部門を新設し、日本初公開となる第90回アカデミー賞短編実写部門の受賞作品を揃えるなど、世界から注目を集めている。

同映画祭のオフィシャルコンペティション作品の中から、グランプリ1作品、各部門の優秀賞を選定する公式審査員を務めた本仮屋。
さらにこの日は、特別上映作品としてW主演映画「遠い時間、月の明かり」がお披露目となった。同作は、海外でも人気を誇る和楽器バンドの楽曲『細雪』をモチーフにしたショートフィルムで、偶然にも日本の北と南で、同日同時刻に生まれた男女が出会い恋に落ちるも、突然の別れが訪れ、やがて同時に一生を終えるという儚くも切ない男女の物語。今後は、SSFF & ASIAを通じて世界の国際映画祭に出品される。

和楽器バンドのギター・町屋さんからの“月を撮影するラストシーンで、ファインダーを外した本仮屋さんの表情がお気に入り”という言葉を受け、「感激です。ありがとうございます。あのカットは、現場が一体となって全員の呼吸が聞こえているような状況で、とても集中できた思い出深いシーンだったので、気に入っていただいて嬉しいです。」と笑顔でコメント。

撮影は沖縄で行われたとのことで、「スタッフの皆さんが沖縄の方々で、“今のカット良かったね”とか“こうしたらもっと良いシーンになるね”とポジティブな言葉をかけてくださったので、現場がどんどん上がっていくんです。印象深かったのは雪が降るシーンで、本当に降らしています。みなさんが協力してくださって、無事美しい雪になりました。」と振り返っていた。

TOPへ

本仮屋ユイカのニュース

本仮屋ユイカ 映画「劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!」初日舞台挨拶!

2018年3月12日更新

はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Buzzurl MIXIチェック シェア

本仮屋ユイカ出演映画「劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!」が3/10(土)公開初日を迎え、新宿ピカデリーで行われた舞台挨拶に本仮屋が登壇した。

同作は、2017年7月~12月までテレビ東京系列で放送された円谷プロダクション制作の特撮テレビドラマ「ウルトラマンジード」の劇場版。スクリーンで描かれるのは、ジードが困難を乗り越えて究極の英雄へと成長していく物語。ジードにとって先輩のオーブ、ゼロといった歴代の人気ウルトラヒーローも登場し、ともに地球の危機に立ち向かっていく。

本仮屋は、物語の舞台となる沖縄でアウトドア教室を開いている、自然が大好きな女性・比嘉愛琉(アイル・サデルーナ)を演じる。沖縄へやって来た主人公・朝倉リクたちに島の歴史や伝説を教える。その正体は、母星を失ったため、太古の地球へと逃げ延びていた宇宙人。「赤き鋼」を使うことができる戦士と出逢うため、永い時を生き続けていた、という役どころだ。

上映後に行われた舞台挨拶に登壇した本仮屋は、印象に残っているシーンについて、「ドンシャイン(劇中に登場する特撮ヒーロー番組のキャラクター)のポーズはかなり印象に残っています。皆が“ドンシャインはもっとキレが良い、もっと早く”とかたくさん教えていただいて頑張りました。リクくんとの海辺のシーンはすごく好きなシーンです。」と笑顔を見せた。

さらに舞台挨拶では、主演を務めた濱田龍臣さんへのサプライズで、共演の小澤雄太さんから手紙を贈られる一幕も。綴られた感謝の言葉に、濱田さんを始め登壇陣も涙を浮かべ、会場が感動に包まれる中、舞台挨拶は幕を閉じた。

映画「劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!

TOPへ

本仮屋ユイカのニュース

本仮屋ユイカ 映画「劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!」完成披露上映会&舞台挨拶!

2018年2月21日更新

はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Buzzurl MIXIチェック シェア

本仮屋ユイカ出演映画「劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!」の完成披露上映会&舞台挨拶が、2/21(水)新宿ピカデリーにて行われ、本仮屋が登壇した。

同作は、2017年7月~12月までテレビ東京系列で放送された円谷プロダクション制作の特撮テレビドラマ「ウルトラマンジード」の劇場版。スクリーンで描かれるのは、ジードが困難を乗り越えて究極の英雄へと成長していく物語。ジードにとって先輩のオーブ、ゼロといった歴代の人気ウルトラヒーローも登場し、ともに地球の危機に立ち向かっていく。

本仮屋は、物語の舞台となる沖縄でアウトドア教室を開いている、自然が大好きな女性・比嘉愛琉(アイル・サデルーナ)を演じる。沖縄へやって来た主人公・朝倉リクたちに島の歴史や伝説を教える。その正体は、母星を失ったため、太古の地球へと逃げ延びていた宇宙人。「赤き鋼」を使うことができる戦士と出逢うため、永い時を生き続けていた。という役どころだ。

上映前舞台挨拶に登壇した本仮屋は、撮影を振り返って、「ジードチームの仲がすごく良くて、心の底からウルトラマンを愛していて、その輪の中に入れてとても楽しかったです。」とコメント。

同作で本仮屋はアクションシーンにも挑戦しており、当時の心境を聞かれると、「少し恐かったですが、地球とみんなを守るという使命感で、楽しんでチャレンジすることが出来ました。」と語った。

イベント中には、May J.さんによる主題歌「絆∞Infinity」が生歌で披露され、ウルトラマンジードとウルトラマンオーブが登場する一幕も。間近での生歌を聴き終えた本仮屋は、「最高でした。試写会でこの歌を聴いた時からこの歌が好きで、生で聴けて、それにウルトラマンジードとウルトラマンオーブにも会えて大興奮です。」と声を弾ませた。

そして最後に、「前々からウルトラマンチームのみんなに『イベントに登壇するとすごい声援が飛ぶよ』というのは聞いていたのですが、今日はそれを初体験して感動しました。こんなにもみんなのピュアな思いで愛された作品に参加出来て、とても幸せです。今日はありがとうございました。」とメッセージを送った。

映画「劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!」は、3/10(土)全国公開!
ぜひご期待ください。

TOPへ

本仮屋ユイカのニュース

本仮屋ユイカ 「劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!」出演決定!

2017年11月23日更新

はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Buzzurl MIXIチェック シェア

本仮屋ユイカが来年3/10(土)公開の映画「劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!」に出演することが発表された。

同作は、今年7月から放送中の円谷プロダクション制作シリーズ最新作「ウルトラマンジード」の劇場版。
監督に坂本浩一氏(「仮面 ライダーフォーゼ」ほか)、シリーズ構成・脚本を小説家の乙一氏(「ZOO」ほか)が務める。シリーズ史上唯一の「悪に堕ちたウルトラマン」ウルトラマンベリアルの遺伝子を受け継ぎ、ヒーローの力を宿したカプセル使って変身する主人公・朝倉リク、平凡なサラリーマンと一体化した若きヒーロー・ウルトラマンゼロとの共闘、ベリアルに忠臣を誓う謎のライバルの登場など、複雑に絡み合った重厚なストーリーも魅力の作品となっている。

本仮屋は、沖縄を舞台とした同作で、沖縄の伝承、風俗などに詳しい女性ガイドだが、実は古代から地球で暮らしてきたクシア人・比嘉愛流を演じる。

出演が決定し本仮屋は、「驚きました。まさかこんなに大人になってからウルトラマンに出られることになるなんて!とても嬉しく、光栄です。」とコメント。

自身の役柄や沖縄での撮影を、「初めての宇宙人役。地球を愛し、憂い、その尊さを訴えるセリフを美しい沖縄の地で言えたことがとても幸せでした。そして、リクくんに自分を信じるように、と励まし導くシーンでは、観てくださってる人にもそのメッセージが伝わるように祈りを込めました。アイルという、神聖な役を使命感をもって演じることができたのはとても誇らしい気持ちでした。」と語った。

また、同作で特撮作品初出演を果たしたが、「最初は不思議な感じがしました。まだ見ぬ怪獣を想像しながら動いたり、アクションをしたり、戸惑いましたがとてもいい経験になり、感謝しております。」と振り返った。

映画「劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!」は来年3/10(土)公開!
ぜひご期待ください。

TOPへ

本仮屋ユイカのニュース

本仮屋ユイカ ドラマ「さくらの親子丼」制作発表会見!

2017年10月4日更新

はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Buzzurl MIXIチェック シェア

本仮屋ユイカ出演、オトナの土ドラ「さくらの親子丼」(10/7スタート、東海テレビ・フジテレビ系)の制作発表会見が10/4(水)都内で行われ、キャストと共に本仮屋が出席した。

同作は、連続テレビ小説「あぐり」、「3年B組金八先生」などの清水有生氏が脚本を手掛け、リアルな社会問題についての取材をもとに“現代に生きる不器用な人々”を描いたオリジナル・社会派人情ドラマ。
古本屋を営むシングルマザーの主人公・九十九さくら(真矢みきさん)が、行き場を失いお腹を空かせた人々に親子丼を振る舞い、彼らの抱える問題に向き合っていく。

本仮屋は、九十九さくらの娘・恭子を演じる。16年前に兄が殺害されて深く傷つき、現在は1人暮らしをするフリーライターという役どころだ。

会見にて本仮屋は、「真矢さんとは2回目の共演。親子という近い関係を、和気あいあいと演じることができると思っていたら、ピリピリとしたシーンが多くて…。なので、こういった会見の場で和やかに談笑できるのがとても嬉しいです。よろしくお願いします。」と挨拶。

恭子を演じるにあたり、「16年前の事件は恭子の人生、そして人格をも変えてしまったもので、すごく根深いけれど、それがどこまで表面に出てきているのか、その起伏を考えました。また、母親と対峙した時の気持ちが大事だなと感じていて、真矢さんを心から尊敬していて、気心が知れていると思っているので、母親に対して意地を張ったり甘えたりといったところが、緊張はしますがとても演じやすいです。恭子とさくらさんの関係が良い方向に向かうといいなと思いながら演じています。」と充実感をにじませた。

自身が役柄と似ている点、違う点は?という質問があがり、「こんなに“許せない”というセリフを言う役は初めてです。私も許せないと思うことはありますが、根に持ち続けられるパワーが逆に考えると愛なんだなと恭子のセリフを言いながら感じます。愛情の出し方は違うけれども、正義感の強さという意味では似ているのかなと。その愛情の出し方に気をつけながら演じています。」と話した。

また、さくらが劇中で話す言葉で印象に残っているものは?と質問され、「“人は悲しみの中では生きていけるけれど、苦しみの中では生きていけない”という言葉です。悲しいのも生きられないと思いつつ、私は悲しみを燃料にチャレンジしてみようとか、改善策を考えようとするタイプ。苦しみは確かにただただ苦しくて、このセリフは恭子自身が言う回もあるので、母親と同じセリフを言うことができて嬉しいです。」と語った。

作品にちなみ、自身の思い出の味を聞かれ、「節目やお祝い事の度に作ってくれる祖母のお赤飯です。忙しくて祖母の家に足が遠のいてしまった時には、妹が作ってくれました。妹が私を飛び越して我が家の味を受け継いでしまったので(笑)、今度は私が作って誰かに食べてもらいたいです。」と答えると、真矢さんから“そうめんもでしょ?”と振られ、「そうなんです。我が家のそうめんは中華風で、ごま油と卵が必ず入っています。ある日そうめんを食べに行った時に“我が家とは違う。これはなんだ?”となりました。」とエピソードと共に語った。

主人公・さくらを演じる真矢さんについて、「毎日情報番組をやられていて、本当に大変だと思うんです。朝、生放送を終えてから、自分の人生ではない“さくら”という人の人生を全く違う時間軸で演じる。人って疲れたりピリピリすることがあるのに、真矢さんはそんな顔を見せたことがなくて、いつも穏やかで爽やか。人への寄り添い方も美しくて、隣にいるだけで自分も綺麗になっているような気がしています。」と笑顔を見せた。

最後に、9月に誕生日を迎えたのを機に、新たに挑戦してみたいことは?という質問が投げかけられ、「今年、舞台で歌を歌ったのですが、すごく楽しくて(笑)。残念ながらダンスシーンはなかったので、次こそはミュージカルで歌って踊りたいです。ただ、みんなが知らない、音が外れても分からないようなナンバーがあるミュージカルを希望します(笑)。」と声を弾ませた。

オトナの土ドラ「さくらの親子丼」は、10/7(土)より東海テレビ・フジテレビ系にて毎週土曜23:40~放送。
ぜひご覧ください!

【ストーリー】
東京・大田区。羽田空港にほど近い、下町とも言える雑多な雰囲気の中、ぽつんと一軒の古本屋「九十九堂」がある。
漫画を中心に揃え、幅広い世代が訪れる店の主人・九十九さくらは、少し変わった毎日を送っていた。

古本屋の奥には「たまりば」と呼ばれる一室が。
そこには、どこからともなく“行き場を無くした人々”が集まる。
すると、主人のさくらは、深く詮索するでもなく「親子丼」を出す。
相手が誰であろうと無料。
それがうまい。お腹を満たすだけでなく、心まで温めてくれるような…。

空腹が満たされた“行き場のない人”は、少しずつ、自分のことをさくらに話し始めるのだ。
それをさくらは聞く。ある時は笑顔で励まし、ある時は共に涙を流しながら。
「泣きたいときは泣けばいい。落とした涙の粒だけ幸せの花が咲くんだから」
それがさくらの口癖だ。

―今日もまたひとり、ふたりと、
現代社会からはみ出してしまいそうな人間が、九十九堂を訪れる。

少年院出所後、妹の夢のために貧乏ながらも明るく懸命に生きる少年。
「この子さえいなければ…」と日々悩み続けるシングルマザー。
複雑な家庭環境から摂食障害に悩む女性教諭。
会社で居場所を失った自閉症の男性。
今を生きる人々の、様々な事情、リアルな感情が浮き彫りになっていく。

―そんな中、さくら自身もまた、悲しい過去と向き合うことになる。

さくらが親子丼を無料で振る舞うキッカケになった、16年前の出来事とは。
ある日、九十九堂を訪れた一人の少女・二宮あざみが、時計の針を巻き戻していく…。

TOPへ