MOVIE

松尾太陽(超特急・タカシ) 映画「一週間フレンズ。」初日舞台挨拶!



松尾太陽出演映画「一週間フレンズ。」が2/18(土)公開初日を迎え、新宿ピカデリーで行われた舞台挨拶に、監督・共演者と共に松尾が登壇した。

同作は、シリーズ累計170万部を突破する葉月抹茶さんの大人気コミックの映画化で、毎週月曜日になると友達のことを忘れてしまう少女・藤宮香織と、初めて彼女に会った日から惹かれ、何度忘れられても思い切って「友達になってください」と思いを伝え続けるクラスメート・長谷祐樹が織りなす切なくも淡い恋物語。4コマ漫画とストーリー形式漫画のミックスという独自な形態でありながら、14年にTVアニメ化、さらに同年、舞台化もされ大反響を呼ぶと共に、今世紀いちばん泣ける純愛(ピュアラブ)として、世代を超えて多くのファンから愛され続けている。

高校2年の長谷祐樹(山﨑賢人)は、初めて会った日から惹かれていた同級生・藤宮香織(川口春奈さん)に、思い切って「友達になって下さい」と声をかける。が、香織は必死で祐樹を拒む。実は彼女には、“友達のことを一週間で忘れてしまう”という記憶障害があった。それでも香織のそばにいたいと願い、毎週月曜日、記憶がリセットされるたびに、香織に会いに行く祐樹。二人は交換日記を始めて、少しずつ距離を縮めていく。そんなある日、香織の過去を知る転入生が現れてー。

松尾は、香織、祐樹と同じクラスで、祐樹の親友・桐生将吾を演じる。

上映後舞台挨拶に登壇した松尾は、「桐生将吾役を演じました、松尾太陽です。ついに初日を迎えて本当にうれしく思います。この映画を観てくれた皆さんの心が少しでも温かくなっていただけるとうれしいです。今日はお集りいただき本当にありがとうございます。」と挨拶をした。

さらに、これから迎える卒業シーズン、そして本作の公開初日を迎える当日、新たな旅立ちの一歩を踏み出すキャスト達へ“卒業証書”ならぬ、“公開記念証書”授与式を実施。村上正典監督からメッセージが綴られた証書を受け取った松尾は、固い握手を交わし笑顔を見せていた。

フォトセッションでは劇中で香織と祐樹の重ねる時間を表現するアイテムとして登場する黒板アートとともに記念撮影。
公開初日にふさわしい華やかな舞台挨拶となった。

映画「一週間フレンズ。」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク