MOVIE

山﨑賢人 主演映画「斉木楠雄のΨ難」ピンクカーペット&完成披露試写会!


山﨑賢人主演映画「斉木楠雄のΨ難」ピンクカーペット&完成披露試写会が、9/28(木)丸の内ピカデリーにて行われ、監督・共演者とともに山﨑が登壇した。

同作は、2012年から「週刊少年ジャンプ」で連載を開始、その独特な世界観に熱狂的なファンが集まり、コミックス累計発行部数は450万部を記録、また2016年にはアニメ化もされている麻生周一さんの大人気ギャグコメディ「斉木楠雄のΨ難」を実写映画化。「勇者ヨシヒコ」シリーズ、「銀魂」で圧倒的な人気を誇る福田雄一さんが脚本・監督を務める。

普通に生きたい。でも、隠しているのはとんでもない超能力―。
生まれながらに与えられたとんでもない超能力を隠して高校生活を送る、斉木楠雄(山崎)。毎年恒例の一大イベント、文化祭で、なぜか斉木に想いを寄せる妄想しまくり美女や、超能力でも気配が読めないぐらいのバカなど、ワケありのクラスメイトたちがムダにカラんで、災難が次から次へとふりかかりまくる。ただ普通に生きたいだけなのに、何かの陰謀か?やっかいな恋と友情、そして超能力が吹き荒れる!そして、まさかの地球滅亡?!斉木は地球滅亡の危機を乗り越えることが出来るのか?

この日はまず、主人公・斉木楠雄の髪色にちなんだピンクカーペットイベントが行われ、監督・キャスト総勢10名が登場。集まったファンの大歓声に、笑顔で応えた。

その後舞台挨拶が行われ、コメディ初主演となる山﨑は斉木を演じた感想について、「僕は心の中でツッコんでいるという設定なので、皆さんのボケに笑いを堪えるのが難しかったです。」とコメント。さらに、「ムロ(ツヨシ)さんは、僕だけ映っていてムロさんが映っていないところでも、一回やったことと違ったことをやったりするので、スンとした顔をしていなきゃいけないのに、ほとんど笑っちゃいました。」と撮影時のエピソードを明かした。

観客の皆さんに、「この映画は悪い人が一人も出てこない、本当にハッピーで楽しい映画で幸せになれると思うので、ぜひ楽しんでください。」とメッセージを送った。

映画「斉木楠雄のΨ難」は、10/21(土)全国公開!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク