EVENT

emma トークイベント「救え!断念バイカー」に出席!



emmaが、11/8(水)に行われたトークイベント「救え!断念バイカー」にお笑いコンビANZEN漫才のみやぞんさん、あらぽんさんと共に出席した。

同イベントは、ヤマハ発動機株式会社が、バイクへの憧れがあるものの、何らかの理由でバイクに乗ることを諦めている“断念バイカー”を救うために開催。
WEB動画「みやぞんさんからのプレゼントは“安心感”」で、みやぞんさんから「LMW(リーニング・マルチ・ホイール)テクノロジー」を採用した三輪バイク『トリシティ155』をプレゼントされ、“断念バイカー”から脱したあらぽんさん。再び実感できたバイクの素晴らしさを伝えようと、“若者断念バイカー”でもあるemmaにバイクの魅力についてのプレゼンが行われた。

イベントに登場したemmaは、「北海道の地元に凄くかっこいいバイク屋さんがあって、小さい時からバイクに憧れがありました。両親にバイクに乗りたいと話していたらしいです。」と明かすと共に、「今日は、もしツーリングに行くとしたらいうテーマでコーディネートを組んで来ました。」とコメント。

趣味のフィルムカメラを使って撮影したという”ツーリングで行きたい場所”を、「北海道の美瑛町にあるジェットコースターの路です。坂が急斜面で、車では通ったことがありますが、バイクで走ったら気持ちいいだろうなと思って選びました。北海道の家族と一緒に走りたいです。」と紹介した。続いて神奈川県の工場地帯の写真も公開し、「工場地帯に萌えるんです(笑)。バイクの免許を取ったら一番に行きたいと思う場所です。都内から近いので、友達と行きたいです。あまり人も多くないと思うので、穴場スポットだと思います。」と話した。

また、「マネージャーさんにバイクの免許を取りたいと直談判しました。」というくらいバイクに憧れているというemmaは、最後の一歩を踏み出せずにいる理由を、「都内は交通量が多くて道も狭いので運転が難しそう。色々な方に迷惑をかけてしまうので転ぶのが怖い。」と告白。それを聞いたあらぽんさんからの、“自分に合ったバイク選びをすれば女性でも難しくない。『トリシティ155』なら前に二輪があるので安定性がある”というアドバイスに、「それを聞いてほっとしました。」と話した。

その後、『トリシティ155』がステージに運ばれ、初めてバイクにまたがったemmaは、「とにかくカッコイイという事と、前に二輪があるので乗っていて安定性があります。安心して乗れる気がします。」と笑顔。

最後に、“断念バイカー”として心境が変わったかと聞かれ、「皆さんのお話を聞いて、実際に乗らせていただいたことで、バイクに対する違うイメージがどんどん膨らんできました。安定感があるので、女性でも乗りやすいなと思いました。私のような若い世代の子達でも同じような悩みを抱えている方が多いと思うので、ぜひこの『トリシティ155』でその悩みを解決してもらえたら嬉しいと思います。」と語った。
  • はてなブックマーク