shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
7月スタートのサタドラ「女の戦争~バチェラー殺人事件~」(テレビ東京系)。華麗でハイスペックな御曹司バチェラー・鳴戸哲也と、彼を奪い合う女性たちが織りなす愛憎サスペンスだ。そんな本作で鳴戸を奪い合う女性のひとりで、どこか謎めいた“若菜”を演じる葵わかなに、本作へ込める想いを聞いた。

どんな話なのか予測しながら楽しんでもらいたいです

写真

―― 総資産3000億円の御曹司・鳴戸哲也が結婚式当日に殺されたーー。遡ること3か月前、彼の花嫁を選ぶ恋愛リアリティ番組「ゲット・ザ・バチェラー」の収録に7人の女たち、若菜・麗奈・りお・一香・理恵・利子・星が集まった。哲也が最後に選ぶのは誰か? 哲也を殺すのは誰か? 裏の顔を持つ女たちの熾烈な戦いを描くジェットコースターサスペンスだ。

「台本を読みながら、大筋はすごくわかりやすい作品だと思いましたが、プラスされていく要素が多く、先が読めませんでした。サスペンスなんですけど、1番最初に主人公が殺されることを言ってしまうんです。そして、誰が殺したのかという構成にするところが面白いなと思いました。また、女性陣は表の顔、裏の顔がある設定にして、それぞれの物語を持たせています。この話は一体何と言うのか。どういうサスペンスなのか。恋愛ドラマなのか、ドキュメンタリーとドラマなのか、すごく複雑で隠し扉みたいな作品だと思いました。こうなるだろうと予測したところから違うところにいってしまう違和感というか、いろんな人間のいろんな感情が感じられる作品だという印象です。個人的には、全6話でよくおさまったなと思います(笑)。本当に要素が多いので、どうやって6話で完結に向かっていくのか。撮影が終わってから客観的に振り返ると、ものすごい勢いで進んでいく物語だと感じています」

写真

―― 葵は、デパートの寝具売り場の店員・志倉若菜を演じる。口数が少なく、何を考えているのかわからない謎めいた女性だ。女性キャストたちの役名が、それぞれの下の名前であることにも注目してほしい。

「台本を読んでいる時、自分の名前が役名でもそんなに気にならなかったんです。でも、現場に入ってスタッフさんに役名で呼ばれるとドギマギしました(笑)。現場に入ると今まで役名で呼んでいただくことの方が多かったので、普段は自分の名前を呼ばれないんです。でも、この作品ではずっと下の名前で呼ばれていて、例えば『若菜さんの立ち位置はここです』という感じで常に呼ばれていたので、最初はドキドキしました。後半になると慣れてきて、こんなに名前を呼んでもらえる事はないのでうれしいと思いましたが(笑)。現場では役者同士でも下の名前を呼ぶことが多いので、その点でも新鮮でした。女優キャストの役名がみんな下の名前になってるのは、リアル感などの演出だと思うんですけど、斬新ですよね」

―― 無口な若菜を演じる上では、表情を意識したという。

「本当に無口な役で、前半はほとんど話していないと思います(笑)。衣装合わせの時、監督から若菜は口数が少ないから目線で表現してもらえたら嬉しいと言っていただいて、なるほどと思いました。実際、若菜は表情だけのお芝居や女性同士の目くばせがあったり、何を考えているのか、何を感じているのか、視聴者のみなさんに感じていただくお芝居が多かったです。監督と深く話し合ったわけではないんですけど、自分の思っていた若菜象と、監督が考えていたものが近くて、シーンの撮影の度、迷っていること、感じていることなど話し合いができて、いろいろな発見があって面白かったです」

写真

―― 本作の演技で挑戦になったことは?

「朝ドラの「わろてんか」以降明るい役をいただくことが多くて、今回のような静かな役は10代の時以来となります。外に出していく役が多かった中、久しぶりに胸の内に何かを秘めている役を演じて、以前はこういう役が多かったことを思い出し、懐かしい感覚になったりして(笑)。前より胸の内でぐるぐるしている感じの表現が増えていたらいいなと思いながら演じました。私自身若干ドキドキというか、難しさを感じながらやらせていただきましたが、その分やりがいを感じました」

―― 主人公・哲也を演じるのは、古川雄大。葵とは、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」、朗読劇「もうラブソングは歌えない」に続いて3度目の共演となる。

「古川さんとは毎年何かしらでご一緒しているんですけど、1番最初の共演が舞台「ロミオ&ジュリエット」でガッツリとやらせていただいていたのが今でもすごく大きくて、お芝居の感覚や雰囲気が私もわかっていて、古川さんもわかってくださっていると思うので、今回はドラマですが対峙したときにこういう感じだったなという懐かしさ、波長の合う感じがありました。それは舞台で長い期間ご一緒していたことが大きいのかなと思います。また、3度目の共演で地方でのロケということもあって、以前よりお話もできました。毎回恋愛が絡んでくる役で、「なんだか面白いね」なんて話もしました(笑)。舞台の「ロミオ&ジュリエット」を見てくださった方々には、私と古川さんが今回どんな形で絡んでいくのか楽しんでいただけるかもしれません(笑)」

写真

―― 撮影は香川県のレオマリゾートで行われ、作品のゴージャスな雰囲気を盛り上げる。

「地方ロケが久しぶりで、濃密な時間でした。休館中のホテルを貸し切り撮影をしたのですがコロナ禍で外出ができないなど制限はありましたが、ロケ地のレオマワールドが遊園地もある複合施設ということ、また現地のスタッフさんのお心遣いで、私たちが遊園地に行けるようにしてくださったりして、撮影がない日は女性キャストみんなで遊びに行きました。温泉にも入らせてもらって、リフレッシュする時間もいただけて良かったです。ソーシャルディスタンスを守りながらもみんなで和気あいあいと楽しみました。ロケ地としてテーマパークを貸していただいて、ゴージャスな雰囲気が映像に出ていると思います。また、女性7人は着るドレスも素晴らしくて、その他の衣装のバリエーションもたくさんありました。私はイメージカラーが緑だったんですけど、とても華やかで素敵でした」

―― 最後に、ドラマを楽しみにしているファンにメッセージを。

「タイトルからしてもですが、どんな話なんだろうって思っていただけたらいいなと思っています。実際お話が進んでも、見えない感じもあって、ジェットコースターのような展開が待っています。全6話というコンパクトなお話ではありますが、いろんな物語を持っている女性が7人もいるので、その7つの物語と、古川さん演じるバチェラーの哲也さんの物語がどう交錯していくのか。そして誰が哲也を殺してしまったのか、予測していただきながら楽しんでいただけたらと思います」


Writing:杉嶋未来

インフォメーション

写真
(C)テレビ東京

TV

『女の戦争~バチェラー殺人事件~』

毎週土曜23:25~
テレビ東京
動画配信サービス「Paravi」にて毎話1週間先行配信中


総資産 3,000 億円、華麗でハイスペックな御曹司バチェラー・鳴戸哲也を奪い合う女性たちの欲望にまみれた愛憎サスペンスドラマ。バチェラーの愛を巡って繰り広げられた女性たちのバトルの末、辿り着いたのはバチェラーの死…? 女性たちは、ただ哲也と結ばれたいだけではない。女性たちにはそれぞれ“裏の顔”があり、それぞれの狙いがあり…。哲也が最後に選ぶのは誰なのか、その哲也を殺すのは誰なのか。

▼公式サイト
https://www.tv-tokyo.co.jp/onnanosenso/

「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2021/7/19(月)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top