shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
7月15日で結成1周年を迎えた4人組ガールズユニット・B.O.L.T。メンバーの内、2人が小学6年生という年齢差のあるユニットとして注目を集めている彼女たちが、1周年記念日にメジャーデビュー1stアルバム『POP』をリリースした。本作に込めた思いはもちろん、この1年を振り返って感じたことを聞いてきた。

B.O.L.Tの輪をどんどん広げていきたい!

写真
▲内藤るな

──結成1周年記念日となる7月15日に、メジャーデビュー1stアルバム『POP』が発売になりました。まずは本作に込められた想いを教えてください。

高井千帆(以下・高井)「アルバムタイトル自体にも、いろいろな意味が込められているんです。初のアルバムになるので、ポンッと飛び出すという意味や、“弾ける日常”というものを表現していたり、B.O.L.Tはポップミュージックというスタンスと目標を掲げているので、そういう3つの意味を込めたタイトルになっています。アルバム全体のコンセプトとしては、1日、24時間という時をテーマにしています。夜明けから就寝にかけて、時間帯ごとにピッタリな楽曲が詰まっているので、アルバムの1曲目から全体を通して聴いていただくと、ストーリー性を感じていただけると思います」

── タイトルにもたくさん意味が込められているとのことですが、初めてこのタイトルを聞いたときはどう感じましたか?

内藤るな(以下・内藤)「これまでB.O.L.Tが持っていた曲が、ガッツリとしたメロコアなどだったので驚きましたね。既存曲とのイメージがつかなくて(笑)。でも、楽曲のラインナップを見て、かわいい曲をはじめ、いろいろなジャンルの曲が入っていて、全ての曲をあわせて、B.O.L.Tにとってのこれがポップミュージックなんだと聞いて、なるほど!って、しっくり来ました」

高井「思っていたよりもかわいらしいタイトルだったよね(笑)。それにすごく覚えやすい!」

白浜あや(以下・白浜)「私もB.O.L.Tの曲はかっこいい曲が多くて、『POP』っていうイメージがなかったので、最初は驚きました。もっと力強い感じの言葉がくるのかなって思っていたんですけど(笑)、すごくかわいい響きだし、たくさんの意味も込められているのでお気に入りです!」

青山菜花(以下・青山)「私も最初は “なんでこのタイトルなんだろう”って思っていたんですけど、全曲を作り終えてから、“こういうことなんだ”ってしっくりきました。朝だったら『足音』を聴いたり、お昼だったらこの曲を聴こうってできるから、そういうところがいいなって思います」

── では、リード曲『axis』はどんな楽曲になっていますか?

内藤「この曲はメロディやサビが聴いていてクセになるというか、中毒性のある曲になっています。短い歌詞の中でも、いろいろな感情の流れがあるので、すごくおもしろい曲ですね」

写真
▲高井千帆

── 早いテンポの楽曲ですが、歌ってみていかがでしたか?

高井「みんな意見が一致しているんですけど、とにかく難しい!」

内藤「ただ早いだけではなくて、感情を入れつつ歌わないといけないですし、それにサビもキーが高くて難しかったです」

白浜「私もすごく苦戦しました。サビが高くて早いから、噛んだりしちゃって……。慣れてきたら歌えるようになってきたんですけど、最初は噛みまくりでした(笑)」

青山「私もレコーディングの中で一番苦戦しました。高い音程だし、テンポも早いから何回も撮り直しました。でも、レコーディングのあとにみんなでMVも撮影して、曲のコンセプトも理解できてきたので、早くライブでも披露したいです!」

── MV撮影で印象に残っているエピソードを教えてください。

内藤「撮影に入る前に、MVの完成イメージを見せていただいたんですけど、それを見ただけで、もうオシャレになりそう…!って思いました。初めてのちゃんとしたMVとして、良いものができたなと」

高井「みんなと一緒にパフォーマンスしているシーンは楽しく撮影できたんですけど、ソロシーンはどうやったらいいのかなって悩みましたね。特に、MVの前半で使われているお部屋のシーンでは、オシャレな光に負けないように、自分も雰囲気に乗せた表情ができるように意識しました」

白浜「私もソロシーンは何をすればいいかわからなかったんですけど、お姉さん2人のソロシーンを見て、勉強させてもらっていました。目や体の動かし方や、些細な動作を見て、“こういうときにこうやったらいいんだ!”って」

青山「私もあやちゃんと一緒に、ちぃちゃんとるなちゃんのお手本を見ていたんですけど、視線をそらしたり、椅子に寄りかかったりしている姿を見て、勉強させてもらいました」

── 高井さん、内藤さんから見て、白浜さん、青山さんのソロシーンはいかがでしたか?

高井「2人とも普段は元気な感じだけど、ソロシーンでは大人っぽくて切ない表情をしていたので新鮮でした」

内藤「撮影前は、2人がどうすればいいかわからないって不安そうだったので、大丈夫かなって心配していたんですけど、本番になったらもうバッチリで。緊張していることも伝わってこなかったし、モニターで見ていて癒やされました(笑)」

高井「あと、2人のソロを撮っているときに、監督さんが「いいよ!エモい!」って言っていたのが印象に残っています(笑)」

写真
▲青山菜花

── アルバム全体を通して、レコーディングで印象に残っている曲はありますか?

白浜「私は『BON-NO BORN』です! 明るくてみんなで盛り上がれる曲なので、レコーディングしながら、ファンの皆さんのことを思い浮かべて、皆さんが声を出してくれているイメージを描きながら歌うことができました。早くライブでも歌いたいです!」

青山「私は『足音』ですね。私が初めて歌い出しを任せてもらえた曲なんです。不安もあったけど、みんなが頑張ってって応援してくれたから、すごく思い出に残っています。この曲も早く皆さんの前で歌って、一緒に盛り上がりたいです」

── 皆さんにとって、曲の歌い出しを担当するということは、やはり特別なことなんですか?

内藤「そうですね。一発目に聞こえてくる声になるので、その曲の雰囲気をそこで決めてしまうというか、重要だなって感じます。特に『足音』は、他の曲と比べてイントロがなくて、なのちゃんの歌声で曲が始まるので。あれは緊張するよね?」

青山「そうなんです。だからライブでも緊張しそうだけど、頑張りたいと思います!」

内藤「おぉ! 頼もしい!」

高井「私は『スーパースター』のレコーディングが、『axis』の次ぐらいに苦戦しました。曲調も他の楽曲に比べると落ち着いていて、時間帯も夜を表現した曲なんですけど、この曲のサビも音程が高くて……。それに恋愛ソングなので、無機質ではなく感情も入れないといけないから、時間をかけて録っていただきました。最後に4人で一緒に歌うパートがあるんですけど、その後ろに流れている英語のコーラスも担当させていただいて、自分の中では、丁寧に時間をかけて録っていただいた印象があります」

── 通常は、1曲のレコーディングを終えるのにどのくらいの時間がかかるんでしょうか?

高井「もちろん曲にもよりますが、1時間かからないときもあるし、2時間以上かかる場合もありますね。B.O.L.Tに入ってからは、今までやったことのなかったハモリやコーラスにも挑戦しているので、その分、時間はかかります。でも、その場で音程を覚えたり、主旋律を邪魔しない声質で歌うことを考えたりと、すごく勉強になっています」

内藤「レコーディングもそうなんですけど、ライブ中にハモリパートを歌うときも難しいんですよね。顔は笑っていても、目の奥は笑わず真剣に歌っています!」

高井「るなぱんさ、ライブでハモらなきゃいけないところを煽りに逃げているときがあるよね?(笑)」

内藤「そうなの! 音がわからなくなったら煽りにいっちゃう!」

高井「やっぱり! まぁでも、煽りってライブならではのことだもんね(笑)」

写真
▲白浜あや

── メイキング動画も公開されている、ジャケット撮影でのエピソードも教えてください。

白浜「すごく緊張しました(笑)。久々の撮影だったので、“ポーズってどうやるんだっけ?”って最初は思っていたんですけど、でも、だんだんと慣れてきて、たくさんポーズも取れました! メンバーがカメラを持ってみんなを撮影していたので、それも楽しかったです。なのちゃんがジャケットの撮影をしているところを、私がカメラで撮っていたんですけど、ニヤニヤしていました(笑)」

内藤「今回の撮影では、小道具も持ったり、背景もかわいくなっていたので、楽しかったよね。たださ、あやちゃんがずっと中腰のポーズで写真を撮らなきゃいけないところがあって……」

高井「そうそう、合成の関係でね」

内藤「小学生にしかできないことだなって。私は足腰が震えてきちゃうから(笑)。あやちゃんはずっと笑顔でポーズを取っていたのですごいなって思いました!」

── みなさんは7月15日で結成1周年を迎えましたね。

高井「1年とは思えないぐらい、いろんなことがありました。B.O.L.Tのお披露目ライブのときは、グループのコンセプトにまだ慣れていなくて戸惑うこともありました。それでも、新しく生まれ変わったB.O.L.Tを応援するよって言ってくれるファンの方もいて、スタッフさんたちも1から一緒に作っていくからって温かい言葉をかけてくださって。みんなで“B.O.L.Tとは”って、考えるところから始まった1年だったので、結成1周年を迎えるタイミングで、このアルバムを出せたっていうのがすごくありがたいですし、私たちがこれまで作り上げてきたものがやっと形になった気がして、うれしいです」

内藤「私も“B.O.L.Tってなんなんだろう”って考えることが多かった1年でしたね。ライブもどうやればいいんだろうって思っていた時期もあったし、最初の頃は持ち曲も少なかったので、同じ曲を何度も歌うというライブもありました。でも、こうやって1周年の記念日に、既存曲に加えて素敵な曲が増えて、『POP』として、みなさんに届けられることがうれしいです。きっと、どれか1曲は刺さる曲があるんじゃないかなと思うので、聴いてみてほしいです」

白浜「すごく勉強になった1年でした。初めて経験することが多すぎて、お披露目ライブのときも心臓がずっとバクバクしていたし、大変なこともあったけど楽しいことの方が多くて、あっという間に時間が過ぎていました。でも、ここからまた新しい1年がスタートするので、1年後の自分がどんなふうに成長できているのかも楽しみです」

青山「私はこれまでダンスを披露したことなんて一度もなくて、最初は不安だったんですけど、いざステージに立ってみたら、緊張はするけどすごく楽しくて! 初めてのときに、ライブはとても楽しいものというのがわかったので、これからももっともっと勉強して、いいパフォーマンスができたらなって思っています」

写真

── では改めて、今後、B.O.L.Tをどんなグループにしていきたいですか?

青山「私は、B.O.L.Tの曲を聴いてもらって、いい曲だから頭から離れないなって思ってもらいたいです。たくさんライブをして、私たちのことをまだ知らない人たちに知ってもらって、このグループ気になるなって思っていただけるように努力して頑張っていきたいです!」

白浜「最近は、ネットサイン会に初めて来てくれるファンの方も増えてきているんです。それがとてもうれしいので、もっともっとそういう方を増やしたいです。そのためにも、歌とダンスをもっと成長できるようにして、みんなでひとつになって、ファンの方ともひとつになって、まだ私たちを知らない人たちにも知ってもらって、B.O.L.Tの輪をどんどん広げていきたいです!」

内藤「あやちゃんとなのちゃんの2人が、この1年ですごく成長しているんですよね。MCでもたくさん喋ってくれるようになったし、ダンスも歌もどんどん良くなっていって、私としても2人の成長が楽しみ! そして、なによりも私自身がB.O.L.Tの楽曲の大ファンなんです。だからこそ、たくさんの方々に聴いてほしいし、曲を聴いて、ライブに興味を持っていただいて、ライブの方がいいじゃん!って思ってもらえるグループになりたいです」

高井「あやちゃん、なのちゃんの成長はいつも本当に驚きます。同じメンバーとしてうれしいし、同時に刺激ももらっているので、こんなに年齢差があっても、ここまでできるんだってビックリさせられるグループになりたいです。私たちの楽曲は、パンク、ロック、メロコアといろいろなジャンルの曲があるので、アイドルをあまり知らない方にも、そして、もちろんアイドル好きの方にも届けられるように頑張っていきたいですし、曲を通して、私たちのことを好きになってvもらえたらうれしいです!」


Writing:makie enomoto

インフォメーション

写真
初回限定盤
写真
通常盤

ALBUM

『POP』

発売中!


<全2形態>
■初回限定盤
形態:CD+Blu-ray
価格:¥2,727+税

■通常盤
形態:CD
価格:¥2,273+税

【収録内容】
M1.星が降る街(ALBUM ver.)
M2.足音
M3.BON-NO BORN
M4.宙に浮くぐらい
M5.SLEEPY BUSTERS
M6.わたし色のトビラ
M7.axis
M8.スーパースター
M9.夜更けのプロローグ(ALBUM ver.)
M10.寝具でSING A SONG
[Bonus Track]:ここから(ALBUM ver.)
[Blu-ray]※初回限定盤のみ
MV+メイキング映像


「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2020/08/06(木)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top