shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
結成5周年を迎えたばってん少女隊がアルバム『ふぁん』を10/28(水)にリリースする。「コロナ禍で“不安”を抱えているファンの気持ちを、ばってん少女隊の音楽で“FUN(楽しみ)”に変えていけるように」という思いが込められている本作は、デビュー時代からばってん少女隊の活動を支えてきたクリエイターやミュージシャンによるプロデュース曲や初挑戦となるシティポップやフレンチエレクトロポップなど全12曲が収録された1枚となっている。本作への思いを聞いてみた。

様々なジャンルの曲が集まっていて、ジャケット通りカラフルな1枚になりました

写真
▲希山愛

―― ばってん少女隊の最新章としてリリースされるアルバム『ふぁん』。どんなアルバムに仕上がったのだろう。

上田理子「約1年4ヶ月ぶりのアルバムで、ばってん少女隊らしく元気いっぱいな曲から初挑戦の大人っぽくかっこいい曲まで盛り沢山なアルバムです!曲ごとに歌い方もガラッと変わっているのでぜひそこにも注目して聴いてもらいたいです」

春乃きいな「様々なジャンルの曲が集まっていて、ジャケット通りカラフルな1枚になりました。これまでのようにバンドサウンドの曲もあれば、ファンクなもの、ポップなもの、大人っぽい曲調のものなど初めて挑戦するような曲も多く収録されています。それぞれの曲で色んな面をみせるばってん少女隊を楽しんでもらいたいです」

星野蒼良「可愛い曲、かっこいい曲、盛り上がる曲、大人になったからこそ表現できるようになった曲などがあり、収録曲のジャンルの多様さに自分でもすごく驚いています(笑)!1日の中で気分に合わせて聴く曲が変わると思うのですが、このアルバムが一枚あるだけで色んな気持ちを感じることが出来るし、今までとは違う新たなばってん少女隊を感じられるアルバムになっています」

写真
▲上田理子

―― 『ふぁん』は「不安(ふあん)」な気持ちをばってん少女隊の音楽で「FUN(ふぁん)」、楽しみに変えて行けるようなパワフルなエンターテイメントを届けたいという思いが詰まったタイトルがつけられたアルバム。このアルバムに込めた想いとは。

瀬田さくら「今回のアルバムは一曲一曲に私たちの気持ちが入っているので、聴いてくださった皆さんと気持ちが繋がれると思っています。今まで毎週当たり前のように出来ていたライブなどが開催しづらくなってしまった事で、これからどういうことをしたら皆さんが楽しんでくださるか、自分たちも楽しく活動が出来るのか考える機会が増えて、そんな中、世の中的には不安な気持ちになることが多くなっていた時期にアルバムを作成する事が決まりました。自分のことを応援してくださるファンの方や協力してくれるメンバーやスタッフさん、家族がいるのに不安な気持ちを持つことは良くないと思っていたんですけれど、アルバム『ふぁん』に収録される曲を聴いて不安は楽しいに変わりました。まだ安心できない状況は続いているので不安な気持ちを忘れてはいけないけれど、私は『ふぁん』を聴いて楽しい気持ちで前向きに考えることが出来るようになったので、ファンの皆さんもきっと『ふぁん』を聴いたら絶対に楽しい気持ちになれると思います」

希山愛「コロナウィルスで今までの生活とはガラッと変わって不安な思いをした方がいらっしゃると思います。私はライブが大好きです!やけん今まで出来よったライブがいつになったら出来るのかな・・・っていう不安な思いがありました。ちょっとずつやけど、ライブが出来るようになってきています!今は不安な方もたくさんいらっしゃると思いますが、そんな不安な思いをしている方の力に少しでもなれたらなって思います。不安な気持ちから楽しいって思ってもらえるように音楽を届けます!」

写真
▲春乃きいな

―― アルバムには新曲7曲が収録されている。レコーディング中のエピソードを聞いてみるとー。

上田「もうとにかく覚えるのが大変でした(笑)。今まで触れてこなかった曲調の曲も多かったので、「本当に歌えるの!?」って思いもあったんですけど、曲ごとにどういう風に歌うか考える時間がとても楽しかったです!」

春乃「『Just mean it!』は今まで歌ったことのない曲調で、淡々とした中に強さを表現するのに苦労しました。このように大人っぽく歌うことも初めてだったので、また新しい一面を見せられるのではないかと思います。『OTOMEdeshite』はとても楽しみながらレコーディングしました。セリフパートが多いので、ちょっとした劇をしているような感じで録りました。ツンデレな歌詞が可愛いので、聴いていても楽しんでもらえると思います。『Happy』は5人で歌うだけでなく、ひとりひとりのソロバージョンも収録されるということで、特に緊張しました。語りかけるような歌詞なので、優しく大事に歌うよう心がけました。出来上がったソロバージョンは、5人それぞれの色が出ていて素敵なので、ぜひ聴いてもらいたいなと思います」

希山「楽しかったのは『OTOMEdeshite』のレコーディングです!セリフが多くてわちゃわちゃしている曲なので楽しかったです!この歌詞の物語の女の子はこんな気持なんかなとか考えていると、可愛くて可愛くて・・・(笑)セリフのところはすぐこぼしちゃう、すぐ焦っちゃう、すぐ迷っちゃうなど・・・自分に当てはまるのが多くてそのまま歌っちゃおう!って思って、リラックスして歌うことが出来ました。大変だったのは、『OiSa』の語尾が裏声になるところです!私はそのパートは歌わないんですけど、全体を通して練習したときに地声から裏声にする瞬間が綺麗に出来なくて苦戦しました。『Happy』は全体的にささやくように歌いました。ささやくように歌うレコーディングは初めてだったんですけど、自分ではささやいているつもりだけど実際聴くとそうでもなかったり、難しかったです。それとゆっくりなテンポなので音をしっかり聞いてリズムが走らないように気をつけました。」

写真
▲瀬田さくら

―― デビューシングル『おっしょい!』の生みの親である渡邊忍氏がプロデュースした『OiSa』も収録されいるが、曲のポイント、聴きどころは。

星野「『OiSa』はサビのそれぞれが違うパートを歌って作られていくメロディが聴きどころだと思います。音も落ち着く部分やだんだんと盛り上がっていく部分があるので、その差をぜひ感じて欲しいです。お祭りや盆踊りのような雰囲気がある曲でアイドルの曲とは思えないくらいかっこいいです。歌詞も「おっしょい!」を踏まえて聴くと日々がむしゃらに目の前のことを頑張っていた少女から、過去を振り返り不満や不安を感じながらも、自分たちで今を充実させようとしている姿が描かれているところがポイントだと思います」

瀬田「初めて『OiSa』を聴いた時は、今の世の中の流れに凄く合っている曲だなと思いました。『おっしょい!』から成長した私たちが感じられます。歌いこなせるように頑張りたいです。ダンスは和がイメージになっています。お気に入りの振り付け部分を披露できるのが楽しみです」

―― アルバム収録の中で一番お気に入りの曲とその理由を教えてください。

春乃「『OiSa』です。日本のお祭りのような不思議なメロディや繰り返される歌詞の中毒性にはまりました。気づいたら口ずさんでいることがよくあります。振り付けにも和の要素が入っていてとてもかっこいいので、早く披露したいなとウズウズしています」

瀬田「『OTOMEdeshite』です。かわいいセリフがたくさんなのでファンの方と一緒に盛り上がれる曲だと思います」

上田「『Just mean it』です!とにかくかっこよくていい意味でアイドルらしさや、今までのばってん少女隊らしさがなくて、アイドルの枠も超えられるんじゃないかなという気分になるからです!あとは歌詞も「自分の限界を超えていこう」って感じで元気がもらえます」

星野「『Over』です。歌をしっかり聴かせる曲は今までにあまりなかったので歌っていてすごく楽しいです。特にサビ後半の5人それぞれが違うメロディを歌って、ハーモニーを作っていくところはライブのとき、会場の一体感がすごく出る部分なので歌いながらいつも感動します!心温まるメロディとファンの方への感謝や歌でひとつになろうという気持ちが書かれた歌詞もお気に入りポイントです!」

希山「一番は決めれなかったのですが、『Dear My Blues』と『ジャン!ジャン!ジャン!』が特に好きです!『Dear My Blues』は、イントロが流れた瞬間からビビッときました!どこかで聞いた事があるような懐かしいメロディーです。誰にだって悩みや不安はあるけど、それを吹っ飛ばしてくれるような前向きな歌詞で、サビの“くだらなすぎて最高”っていう歌詞が特に好きです!『ジャン!ジャン!ジャン!』は、王道のアイドルソングで、私達はアイドルなんですけど今までこういう曲を歌ったことがなくて、とても新鮮でした!いつもより跳ねた感じで歌ったり、ルンルンな気持ちで歌ったりしてて「あ~アイドルだ!」と思いました。ライブでみんなと盛り上がりたいです!」

写真
▲星野蒼良

―― 5週連続デジタルシングルリリースなど新しいことに色々挑戦されているばってん少女隊。今後の夢や目標とはー。

上田「まずはやっぱり九州を拠点に活動しているからには、九州の皆さんに知ってもらって応援したいと思ってもらえるような存在になりたいです。そして、YoutubeやTikTok、InstagramなどSNSも活用して、ライブなどに気軽に行けるようになったとき、以前よりもたくさんの方に出会えるといいなと思います!」

瀬田「ライブハウスで収容人数を制限しての生ライブ、同時にオンラインでも楽しめるようなライブをしたいです。今までやってきたライブも楽しかったけれど、会場に会いに来てくださる方もお家から見てくださる方も、もっと楽しめるようなものをメンバーで考えて作ってみたいです」

春乃「より多くの人に私たちのことや私たちの楽曲を知ってもらいたいし、音楽を通じてたくさんの人と繋がりたいと思っています。また、理子と同じで九州を拠点に活動しているので、九州の魅力も伝えていきたいです。今の状況が落ち着いたら、九州でたくさんの人と一緒に音楽を楽しめるイベントをしたいと思っています」

星野「九州には色んなライブ会場があるのですが、自然が豊かな場所なので海や山に囲まれた普段はライブ会場で使われていない場所でライブをやってみたいです! 夕方から夜にかけての景色の移り変わりや時間帯に合わせたセットリストを自分たちで組んでみるのもすごく楽しそうだなと思います。もっと九州の魅力をたくさんの方に伝えたいです!」

希山「今はまだ大変な世の中だけど、「九州と言ったらばってん少女隊よね!」ってなるぐらい大きくなります!九州、そして全国の皆さんに笑顔と元気と届けます!」

―― 最後にファンの皆さんへのメッセージを聞いた。

瀬田「『ふぁん』はどの曲を聴いても本当に楽しくなれるので、皆さんたくさん聴いてください!皆さんとオフラインでのライブやお家からでも楽しめるような企画をたくさん提供していきたいです。ばってん少女隊を信じて応援してくださると嬉しいです。これからもよろしくお願いします」

上田「これからも今、ばってん少女隊にできることを全力でやっていくので応援していただけると嬉しいです!さらに成長したばってん少女隊を常に魅せていけるように頑張ります!もちろん『ふぁん』もたくさん聴いてくださいね!!」

星野「いつも応援してくださり、ありがとうございます!やっとフルアルバムをリリースすることが出来ると思うととてもワクワクするし早く皆さんにお届けしたいです。メンバーだけでなく、本当にたくさんの方と時間をかけ、協力しながら作ったアルバムなので是非期待して待っていてください!」

希山「最高のアルバムが出来ました!このアルバムはどれも素敵な曲ばかりなので、たくさんの方に聞いて頂きたいです!アイドルはあんまり聴かないなぁっていう方にもお気に入りの一曲が見つかると思います!今、不安な思いをしている方がたくさんいらっしゃると思いますが、このアルバムを聴いて少しでも楽しんでもらえて笑顔になってもらえたらな、って思います!」

春乃「ライブで一緒に楽しむことがなかなか難しい状況が続いていますが、今回のアルバム『ふぁん』で不安な気持ちを和らげて楽しい気持ちになってもらえたら嬉しいです。また元気な姿でお会いしましょう!」


インフォメーション

写真
【通常盤】
写真
【ダウンロードカード付き豪華動画盤】

ALBUM

『ふぁん』

10月28日(水)リリース


<全3形態>
■通常盤
価格:3,000円(税抜)/BTRC-1001
内容:CD

■ダウンロードカード付き豪華動画盤
価格:5,000円(税抜)/ BTRC-1002
内容:CD(12曲+ボーナス・トラック「Happy」(全員歌唱))
・豪華仕様ブックレット
・映像特典(Mカード)

■ごいっしょ盤(メンバーごと5種)
価格:10,000円(税抜)
希山愛とごいっしょ盤:BTRC-10031, 上田理子とごいっしょ盤:BTRC-10032,春乃きいなとごいっしょ盤:BTRC-10033, 瀬田さくらとごいっしょ盤:BTRC-10034,星野蒼良とごいっしょ盤:BTRC-10035
内容:CD(12曲+ボーナス・トラック「Happy」(各メンバーソロ歌唱)
・メンバーこだわりブックレット
・映像特典(Mカード)

【収録内容】
M1.ふぁんtasy
M2.スウィンギタイ
M3.MILLION SUMMERS
M4.OTOMEdeshite
M5.でぃすたんす
M6.OiSa
M7.Dancer in the night
M8.ジャン!ジャン!ジャン!
M9.ありがとーと
M10.Dear My Blues
M11.Just mean it!
M12.Over
【ボーナストラック】
M13.Happy(全員歌唱)
(※「ダウンロードカード付き豪華動画盤」のみ収録)
M13.Happy(各メンバーソロ歌唱)
(※「ごいっしょ盤」のみ収録)


LIVE

『ばってん少女隊 リリース記念LIVE“ふぁんtasy”2020』


日程:2020年11月1日(日)
場所:KT Zepp Yokohama
open 16:00 / start 17:00

日程:2020年11月8日(日)
場所:Zepp Fukuoka
open 16:00 / start 17:00

pagetop

page top