shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
私立恵比寿中学、3枚目のフルアルバムが完成した。およそ1年ぶりとなる16曲入りの本作は、今のエビ中の魅力を凝縮した1枚に仕上がった。前山田健一氏の楽曲に代表されるような“エビ中らしい”曲はもちろん、正統派アイドルを感じさせる爽やかな楽曲や、スピード感のあるロックテイスト満載の曲、乙女心をしっとり歌いあげる曲など、幅広いジャンルの曲が見事に編み込まれている。さらに彼女たちの持つワチャワチャ感をよりクローズアップする、3曲のInterludeが華を添える。アルバムごとに確実な成長を踏むエビ中の、最新形態がこの『穴空』だ。レコーディングを終え、真山りか、星名美怜、中山莉子の3人に『穴空』について話を聞いた。

アルバムを見ればエビ中の歴史がわかる

写真

―― まず、『穴空』がどういうアルバムなのか、全体像をざっくりお伝えいただけますでしょうか。

真山りか「はい。今回のアルバムタイトル『穴空』(アナーキー)にはいろんな意味があるんです。グループ自体が無政府状態みたいな自由グループだし、私たちの出席番号も穴空き。『中人』、『金八』と線対称のタイトルが来て、『穴空』もそれを踏襲していますし。」

星名美怜「ジャケット写真はこれまでのアルバム同様ソニーの本社ビルの前で撮ったんですけど、メンバーの成長も3枚並べてみると発見できるんじゃないかと思います。アルバムを見ればエビ中の歴史がわかるっていうか。そこにも注目してもらえたら嬉しいです。」

真山「みんなそれぞれ年を重ねてきて、今年の春で全員が中学生を越えた中学生になるんです。そういう意味でもすごく新鮮というか。今回はじめてご一緒させていただく方が多かったんですね。今までどおりの楽しい感じの楽曲も多いんですけど、新しく挑戦したタイプの曲も多くて、いろんな人に楽しんでいただけるんじゃないかなと思っています。」

一緒に歌うのって、今まで本当にない経験だった

写真

―― レコーディングはどういう感じで進んだのですか?

中山莉子「前作『金八』の時も、1曲目からパンチが効いてたんですけど、『穴空』もすごいんです。今回、みんなで一緒にレコーディングをしたんですよ。」

星名「今回、初めてみんなでブースに入って録った曲が多かったんだよね。」

中山「うん。」

真山「いつもはひとりずつブースに入って、コンデンサーマイクっていう壁に立ててあるタイプで録るんです。でも今回は、4人ずつでライブで使うようなスタンド式のダイナミックマイクを使って録音をしました。誰かと一緒にレコーディングブースに入るっていうこと自体が初めてだったんですよ。」

―― なるほど!そうなんですね。

真山「Interludeの3曲と、『ゼッテーアナーキー』はそういう形で録りました。」

星名「『ゼッテーアナーキー』は作曲がユニコーンのABEDONさんで、アドバイスとかもロックでかっこいいんですよ。私たちがちょっとでも緊張すると「もっと自由でいいよ」って声をかけてくださるんです。「とにかく楽しんで!」って。」

真山「「適当にやっていいよ」って言われて、私たち本当に適当にやったんだよね(笑)。そしたら「お前ら、適当だな~」って笑われたりして。でもそれでも良かったみたい。」

星名「一緒に歌うのは、今まで本当にない経験でした。だってライブ中もそんなに歌のかけ合いってないもんね。」

中山「うん、みんなで一気に録るのがすごく面白かった。そういうかけ合いが1曲目からバーンって出てくるのも面白いと思います。」

写真

―― 『あな秋いんざ夕景』もInterludeですけど、これも面白いですね。

星名「はい。これはもうレゲエっていうか、俳句みたいな感じです。」

真山「それも一般的な感じじゃなく、詠んでるんですけど叫ぶだけっていうか(笑)。演出と台本は『永遠に中学生』でお世話になっていた丸山博久さん。この方がちょっとまた、癖のある方でして(笑)。「自由にしていいよ、好きなリズムで」って仰るので、それに合わせて録りました。」

―― 新しい取り組みが結構あったんですね。

真山「ありましたねえ。」

星名「『お願いジーザス』と『全力☆ランナー』は、照明を落として録ったんです。いつもは明るい状態で録っているんですけど、曲調に合う雰囲気を出そうって。私も『お願いジーザス』のフジファブリック加藤慎一さんの歌詞を読んで、しっかり歌いたいなと思っていたので、気持ちが変わって感情が入れやすくなりました。」

前山田先生はいい意味で、もちろんいい意味でなんですけど、ワケがわからなくて(笑)

―― それぞれこの曲がおすすめ、っていう曲はありますか?

中山「私は『エビ中出席番号の歌 その2』が好きです。これは昨年8月の「ファミえん」で初めて披露したんですけど、CDへの収録が初なんですよ。 ライブに来ないと聴けなかったので、音源化できて嬉しかったです。」

星名「私は『参枚目のタフガキ』!前山田さんは『えびぞりダイヤモンド』からずっと私たちの曲を作ってきてくれてるから、『金八DANCE MUSIC』もそうですけど、また作っていただけて嬉しかったし、Aメロの深海にいるような気分になるところがすごく好きで。サビで盛り上がる感じも前山田さんっぽい。ライブで歌ったら絶対に盛り上がるだろうなぁ。」

写真

―― この曲、歌詞が相当変わってますよね。

真山「はい。あのですね、前山田先生はいい意味で、もちろんいい意味でなんですけど、ワケがわからなくて(笑)。」

星名「(笑)。」

真山「でも長年ご一緒させていただいてるなかで、「個性を出せ」「自分を出していけ」って言われる方なので、「先生の曲だったらこういう風に歌えばいいのかな?」っていうのがわかるようになってきました。」

中山「私は口が回らなくて何回も録り直しました……。タフタフタフタフって……。」

真山「これ、バカにならないと歌えない曲(笑)。考えちゃうとダメなんです。」

星名「私もハモリですごくハマっちゃった。」

―― あと、今回はたむらぱんさんが2曲書かれてますよね。女の子目線の、かわいいテイストの曲に仕上がっています。