shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
2018 年に、映画館スタッフたちの映画愛、映画館あるあるをキネカゆかりの映画人たちによって映画化された『キネカ大森先付ショートムービー「もぎりさん」』。その「session2」の主演を、1作目に続いて務める片桐はいり。キネカ大森とは30年以上の付き合いとなり、当劇場に映画鑑賞に通いつめ、もぎりをするようになり、その縁から生まれた本作。「session2」に至るまでの経緯や片桐自身の本作への思い、撮影の裏話など幅広く語ってもらった。

いつか「もぎりさん」を、世界中のいろいろな映画館に持っていくのが夢です

写真

―― 約1年ぶりに続編制作となった「もぎりさん session2」。そこには主演の片桐はいり自身の熱い思いがあった。

「『やらないの?早くやらないと』ってせっつきました(笑)。私としては「もぎりさん」が完成したときから、ある程度の長さになったら、地方なり、いろいろな映画館に持っていくことを野望にしているので。おかげさまで前作もとても好評だったったので、無事「session2」の制作となりました」

―― 「session2」の監督は、『くそガキの告白』の鈴木太一監督と『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』、『PARKS パークス』などの瀬田なつき監督ら気鋭監督たちが務める。

「瀬田なつき監督は「片桐はいり4倍速」という作品で、メイキングを撮ってくださって、ぜひ今回監督としてご一緒したいと思いました。鈴木太一監督は前作の4、5、6話の脚本を担当してくださって、もぎりさんのテイストをわかってくださっているので安心してお任せしました。とはいえ、1作目の踏襲にならないように『監督の好きなようにやってください』ってお話しをしました」

写真

―― 物語は前作同様、キネカ大森を舞台に、映画、映画館、映画好きの人々の関係を描いていく。

「前作からの持ち味を生かしながら、今回も両監督それぞれの個性が出た楽しい作品になりました。前作は6本を一晩で撮ったんですが、今回は二晩に分けていただいたので、余裕が少しはあって、思いっきりやれましたね。でも、一晩の方が勢いでできるから気持ちと体は楽かも(笑)」

―― 2日かけて行われた撮影。監督たちの印象を振り返ってもらった。

「前作の監督たちも絶対妥協しませんでしたが、今回のお二人もそうでした。瀬田監督も鈴木監督も試行錯誤しながら、何回も撮り直したり、粘っていらっしゃいましたね。鈴木監督は自分のイメージがあって、そこに近づけていこうとなさっていました。瀬田監督は、逆にその場でイメージがどんどん広がっていく感じ。私といえば、もぎりさん名物だって言われているんですけど、この作品ではロケハンにもシナハンにも私がいつもいて、リハーサルも助監督ではなくて本人がやるという、そういうふうに最初から参加して作れるのが楽しい。これからも続けたいですね」

写真

―― 2分弱という短い映像の中、もぎりさんというキャラクターを存在感たっぷり、魅力的に演じている。舞台や映画の芝居と感覚の違いはあるのだろうか?

「この作品に関しては、家でメイクをして、衣装を着ていって、もぎりさんという人物を演じているけど、私自身は特殊なことをしているつもりはないんです。でも、もぎりさん自身は特殊な存在で、前作を手がけられた大九明子監督は『もぎりさんって実はいないのかも』っておっしゃっていて、そういうニュアンスはあるのかもしれませんね。そもそも「もぎりさん」のような4コマ漫画的な映画はあまりないですよね。ショートショートというのはありますが、「もぎりさん」のようなオチのある作品はあまりないと思うので、新しいジャンルとして成立できたら嬉しいなと思っています」

―― 前作の反響については「特に何もなくて。でもそれが心地良い」と語る。

「『はいりさん、観ましたよ』って声もありつつ、私がもぎって、『はいはい、席はこちらですよ』って「もぎりさん」を上映している横で案内しても特に何も言われないのが面白い、って言ったら変ですけど(笑)、これはこれでいいのかなって。特殊なことをやっているようになってないのが良いなと思って。あえてことさらなことをやっているわけじゃないですか。だから、このぐらいの扱いでいいのかも。『ああ、はいはい』って感じで受け止めていただいているのが私としては心地いいなって思いました」

写真

―― 作品の面白さから、ついもっと長い尺で観たい!と思ってしまうが…。

「観てくださった方でそう言ってくださる方がいてとてもありがたいですし、プロデューサーも言うんですけど、「もぎりさん」は始まりがそうじゃないですからね。「サザエさん」が4コマ漫画で発祥して、テレビのアニメは10分、10分、10分、計30分では成立したけど、ドラマはともかく、映画にするには難しそうじゃないですか。「もぎりさん」も10分までならいけるのかもって冗談で言っていますが、どうでしょうね」

―― 改めて。これから「もぎりさん」を楽しみにしている方々へメッセージを!

「鈴木監督は『くそガキの告白』という映画をキネカ大森で公開した際、駅で看板を着て立っていらっしゃって、それでキネカ大森を知った方がいらっしゃるぐらいキネカ大森と縁のある方です。瀬田監督は、私が瀬田さんの作品のファンでご一緒したくて。それぞれの監督の嗜好や映画館との関わり方が出てくるので、前作の大九明子監督と菊地健雄監督の映画館あるあるじゃないですけど、今回は鈴木監督には私の方から古い映写機へのこだわりや、フィルムに対するリスペクトを入れたいとお願いして、映写室のシーンがあったりします。どちらの監督の作品にも、映画にまつわるファンタジーだったり、映画と映画館への思いが描かれているので、楽しんでいただけたら嬉しいです」


Writing:杉嶋未来

インフォメーション

写真

キネカ大森先付ショートムービー

『もぎりさん session2』

7月12日(金)よりキネカ大森にて先行上映後、テアトル系劇場などでも公開予定


映画と映画館と映画好きな人々の素敵な関係を描きつつ、キネカに限らず「街の小さな映画館が元気になるように!」と願いを込めた作品で、映画予告後、本編前に観ることのできる約2分のショートムービー。

監督:鈴木太一(第 7 話~第9話)、瀬田なつき(第 10 話~第 12 話)
出演:片桐はいり、佐津川愛美、川瀬陽太
ゲスト出演:(出演順)今野浩喜、日南響子、岩井ジョニ男、唐田えりか、萩原みのり

■『もぎりさん session2』お披露目一挙上映&前作おさらい上映会開催決定!
日程:7月13日(土)『PARKS パークス』13:00の回上映終了後
※15:05より『もぎりさん』&『もぎりさん session2』一挙上映後、トークイベント開始予定
劇場:キネカ大森 1号館
登壇予定:片桐はいり、鈴木太一監督、瀬田なつき監督

▼詳細は劇場公式サイトまで
https://ttcg.jp/cineka_omori/


第1話WEB限定配信中!

pagetop

page top