shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
現役女子高生でありながら、名古屋鉄道やTOKAIなど地元企業のCMキャラクターに起用され、愛知を拠点に活躍するフレッシュな河村花。映画「ニセコイ」では、眼鏡の優等生キャラの役どころに挑戦。念願の女優デビューを果たした河村に、役作りや撮影中のエピソードを語ってもらった。

最初に演じる役が『宮本るり』で本当に良かった

写真

―― 極道一家の一人息子とギャング組織の一人娘が、“偽物の恋人=「ニセコイ」”を強制的に演じたことから始まる騒動を描いたハイテンションラブコメ映画『ニセコイ』。原作は、2011年~2016年まで「週刊少年ジャンプ」に連載され、全25巻、シリーズ累計1,200万部を誇る大人気コミックだ。河村は、初の映画出演で主人公のクラスメイト「宮本るり」役を射止めた。

「出演が決まったと聞いて、思わず『やったー!』と大きな声で叫んでしまいました。漫画はもちろん全巻読みました。最初は役を演じる前提で読み始めたんですが、いつの間にかストーリーに引き込まれて、心の底から『るりちゃん』が好きになりました。最初に演じる役が『宮本るり』で、本当に良かったなと思いました」

―― 本格的な芝居は今回が初めて。優等生キャラを演じるにあたり、河村はどんな役作りをしたのだろう。

「そもそも『役作りをする』と言うこと自体、どういうことだかよく分かりませんでした。河合(勇人)監督に『るりちゃんはこの時どんな心境なんですか』と質問をしたら、親友役の池間夏海さんと一緒にリハーサルする機会を与えてくださいました。漫画では眼鏡をかけたクールな印象だったこともあり、ポーカーフェイスで演じていたのですが、監督から「もっと笑顔で!」とリクエストがあって。なので、私が演じた『るりちゃん』は、原作と比べてちょっとだけギャップがあるかもしれません。クラスのみんなを優しく見守る感じを意識しました」

写真

―― 映画で河村が着用しているのは、原作通りにデザインされた、イエローのロングタイが特徴的な水色のセーラー服。普段とあまりにも違いすぎるスカート丈に、撮影当初は戸惑ったという。

「私の高校の制服はブレザーで、スカート丈が長い方なので、衣装合わせの時は「スカートが短いよ~!」って、めちゃくちゃ恥ずかしかったです。でも撮影で何度も履いているうちに、だんだんその短さに馴染んできました」

―― 現場では、共演者と本物のクラスメイトのように仲良くなったのだとか。

「とにかく笑いが絶えない現場でした。中条あやみさんは、本当に私の「お姉さん」という感じで、『ボイストレーニングを試してみたら?』とアドバイスをしてくださったり、中条さん流のトレーニング方法も教えていただきました。中島健人さんは、テレビや映画を通じて思い描いていた通りの方でした。スタッフさんのモノマネがとっても上手で、監督の『カット!』の言い方を真似したり。ものすごく観察力がある方なんだなと感じましたね。親友役の夏海ちゃんは、東京で初めてできた友達です」

写真

―― とはいえ、時には撮影中にうまく演じられず、泣いてしまったこともあったという。

「お芝居に行き詰まっていたときに、島崎遥香さんが『いま一番るりちゃんのことを理解しているのは、花なんだから!』って励ましてくださって。ものすごく心強かったですね。夜中にLINEで相談に乗っていただいたこともありました。撮影中、DAIGOさんが隣に現われたときは、思わず「あ! 事務所の先輩の北川景子さんの旦那さんだ!」と反応してしまいました(笑)。『スターダストって、めちゃくちゃいいよね』と言って和ませてくださって。DAIGOさんはとても優しくて面白い方でした」

―― 普段、愛知県に拠点を置く河村は、取材日当日も朝一の新幹線で東京にやって来た。

「私は名古屋が大好きなので、東京に住むのは本当に忙しくなってからでいいかなと思っています。いつも母が最寄りの駅まで車で送り迎えをしてくれているんですが、その日に起きたことを1から10まで全部喋っちゃうんです。中2の妹と2歳になる弟がいるんですが、特に弟はめちゃくちゃ年が離れてることもあって、ものすごく可愛いです。でも結局いつも母の取り合いになっちゃうんですけどね(笑)」

写真

―― 芸能界に入りたいと思ったきっかけは、雑誌で目にした小松菜奈だという。

「母が読んでいた雑誌に小松さんが出ていて、キラキラ感が伝わってきて、すぐにインターネットで検索してしまいました。小松さんが所属している『スターダストプロモーションに私も入りたい!』と思って、中学三年の時に家族に内緒で応募。でもちょうど私が居ないときに「書類審査に通過しました」という通知が家に届いてしまって(笑)。母も「ここまで頑張ったなら思いっきりやりなさい」って応援してくれました」

―― 好奇心旺盛で、興味をもったことにはすぐに取り組むのが河村の性分だ。習い事も、水泳を皮切りに、ピアノに合唱、新体操まで。剣道は2段、書道は6段の腕前だ。「緊張して手が震える~!」と言いながら、しっかりとした筆遣いで色紙に映画『ニセコイ』で演じた『宮本るり』と書いてくれた。

「とにかくチャレンジしてみたいことが多くて、女優を目指した理由のひとつには、いろんな職業が演じられるから。でも一旦始めたからには『ものになるまで諦めずにやる』というのが私の信条。例えば水泳だったら『バタフライまで泳げるようになる!』といったみたいに。なかでも特に力を入れていたのは合唱団です。合唱団恒例のミュージカル公演に向けて、2年かけて猛特訓しました。幕が開くまではめちゃくちゃ緊張するんですが、いざ舞台に出ると自分じゃないみたいに弾けられる。ミュージカルはまさに私が『演じることの楽しさ』を知ったきっかけでもあります」

写真

―― そんな文武両道を絵に描いたような才女だが、趣味の欄には「吉本新喜劇鑑賞」と書くほどのお笑い好きでもある。

「めちゃくちゃお笑いが好きなんですよ。『ニセコイ』で皆さんが披露していた「変顔」にも、積極的にトライしていきたいと思っています。WEBサイトにアップされている短編ドラマ『東京メモリー』でも、名古屋から上京してきて、都会に興奮しすぎて鼻血を出してしまう女の子の役を演じているので、ぜひチェックしてみてください(笑)」

写真

―― 役柄同様、まっすぐに短く切り揃えた前髪が、河村花のトレードマークだ。

「私、前髪の長さによって自分のキャラがガラッと変わります。眉毛の下まであるときは、大人しくていい子になっちゃうんです。でも今のこの髪型が一番自分らしいなと思います。ものすごく暗い役柄も、目が隠れる位まで前髪を伸ばしたら、きっと上手くできると思います。今後新たな役柄を演じる時は、ぜひ前髪にも注目してほしいです」

―― 最後に、今後目指したい女優像を訪ねると、こんな答えが返ってきた。

「いつかハリウッド映画に出られるような女優さんになりたいんです。だからいま、学校では英語の勉強も頑張っています。もっともっと演技力を磨いて、死ぬまで女優を続けていきたいです」


Writing:渡邊玲子

インフォメーション

写真
(C)2018映画『ニセコイ』製作委員会 (C)古味直志/集英社

MOVIE

『ニセコイ』

12月21日(金)公開


勉強一筋の真面目な高校生にして、実は極道「集英組」の一人息子・一条楽は、ある日突然、金髪&ハーフのキョーレツ女子・桐崎千棘と宿命の出逢いをとげる。
実は千棘はアメリカのギャング組織「ビーハイブ」の一人娘。
性格真逆で相性最悪の2人は抗争寸前な親の組織の仲をとりもつため、強制的に恋人のフリをさせられることに!
幼い頃に結婚の約束をしたハズの運命の相手を探している楽にとって好きでもない奴と恋人のフリなんて地獄!でもバレても抗争勃発で即・地獄!
“ゼッタイ無理!”な恋愛抗争コメディ、開幕!

▼公式サイト
http://nisekoi-movie.jp/


「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2019/1/8(火)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top