shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
10月27日(火)21:00~スタートする新火9ドラマ「姉ちゃんの恋人」(カンテレ・フジテレビ系)は、女手ひとつで弟3人を養う“肝っ玉姉ちゃん”こと安達桃子(有村架純)と、個性豊かな登場人物たちが繰り広げる、恋と家族愛の物語を描いたラブ&ホームコメディー。脚本を手掛けているのは連続テレビ小説「ひよっこ」で脚本を担当し、2019年には紫綬褒章を受章した岡田惠和だ。「安達家」の末っ子・朝輝役を演じた南出凌嘉に、撮影の舞台裏や本作の見どころを訊いた。

僕自身も、『安達家』と“姉ちゃんの恋”がいったいどうなっていくのか、今後の展開が気になります

写真

―― 菅田将暉と小松菜奈がダブル主演を務める映画『糸』では、菅田演じる主人公・高橋漣の少年期を演じた南出。周囲から多くの反響が寄せられたという。

「周りの女子たちは『観たよ~』って声が多かったんですけど、同年代の男子からは、『「今日から俺は!!」を観に行ったら、予告編に映ってた』って言われました(笑)。この前も外で撮影をしていたら、『凌嘉くん、映画観ましたよ!』って声をかけてもらえてうれしかったです」

―― 「姉ちゃんの恋人」の朝輝役は、オーディションで選ばれたのだとか。

「『糸』に続くサッカー少年の役だったんですが、僕はもともとサッカーがそんなに得意ではないので、正直『決まったら不安だなぁ』っていうのと、嬉しいなぁっていうのが半分半分でした(笑)。そうしたらなんと、いきなりサッカーのシーンから撮ることになってしまったんです。練習を重ねて四苦八苦して撮った僕のサッカーシーンも、何とか使えるカットになっているといいなぁと思います(笑)」

―― 幼年時代を演じることが多い南出だが、本作では「安達家」の一員としてレギュラー出演する。

「僕が演じる朝輝は『安達家』の末っ子で、両親に代わって育ててくれたお姉ちゃん想いの、甘えん坊なキャラクター。これまで僕が演じてきた作品では、ひと昔前の時代が舞台になっていることが多かったので、携帯がガラケーだったり、テレビが分厚かったりするんです。でも今回は僕もちゃんと現代を生きている設定なので(笑)、セットに入った途端『テレビ薄っ!』『小道具にスマホあるじゃん!』って、普通のことが逆にめちゃくちゃ新鮮でした」

写真

―― イケメンでかわいらしい“イケかわ3兄弟”の末っ子と話題になっているが……。

「こう見えて僕は実生活では長男なんですが、ずっとお兄ちゃんやお姉ちゃんが欲しかったのでうれしいです。しかもこんなに美男美女ぞろいで(笑)。『安達家』の強烈なDNAが、僕くらいでちょうど『ん……?!』って感じに薄まっているんじゃないかと思っているので、僕もちゃんと『イケかわ3兄弟』に入れてもらえるのかちょっと心配です(笑)」

―― 「安達家」の面々とはもはや本物の家族のような空気感で撮影しているという。

「まずは『King & Prince』の髙橋海人さん演じる長男・和輝と、日向亘さん扮する次男の優輝、そして僕から成る『安達家3兄弟』の顔合わせがあったんですが、2回目では、桃子役の有村架純さんが加わって、トランプやゲームなどをして交流を深める会があったんです。有村さんが『安達家では敬語禁止ね』って提案してくださって、お互いに呼び合う名前を決めることになったんです。だから恐れ多くも‟架純ちゃん”“海ちゃん”“ヒューちゃん”って呼ばせていただいて、僕は“凌嘉”とか、役名の“朝輝”って呼んでもらってます。最初の頃は全然慣れなくて、めちゃくちゃ変な敬語交じりのタメ語だったんですが、今は本物の家族みたいな感じで、演技をする上ですごくやりやすい雰囲気に。でもこれはあくまで今回だけの特別なルール。別の現場に行ったら当然そうはいかないので、切り替えるのが大変です(笑)」

―― なかでも有村のことはすっかり「僕の姉ちゃん」として見ているそうで……。

「いま、有村さんは浜辺美波さんとCMで姉妹役で共演されているじゃないですか。『これはもう、美波ちゃんとも実質姉弟ってことで良いんじゃない?』って、そのCMを観ながら母と話していて(笑)。美波さんとも以前『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』で一度共演していることもあって、どんどん家族が広がっていくような感覚なんです。そのうち有村さんを通じて、芸能界の皆さんと家族になれるんじゃないかなって、勝手に想像しています(笑)」

写真

―― 今年8月に15歳を迎え、子役から大人の俳優へと仕事の幅も広がりつつある南出。これから目指す理想の俳優像についても訊いてみた。

「ドラマ『ウロボロス~この愛こそ、正義。』でご一緒させていただいた、生田斗真さんのことが大好きです。当時僕は10歳くらいだったんですけど、斗真さん演じるイクオの幼少時代を演じた僕の撮影を見に、わざわざ千葉まで来てくださって。『これは遊びじゃなくてお仕事なんだ』って初めて自覚させられたのが、その時でした。斗真さんは、アクションもできるし英語もしゃべれるし、本当にかっこいい! それこそ、幼少期をやらせていただくたびに、大人時代を演じている俳優さんに憧れます。一緒のシーンになることがないのでなかなか難しいんですけど、できることなら皆さんにどんな風に役作りをしているのか、直接聞いてみたいくらいです」

―― かたや、大先輩である笑福亭鶴瓶師匠にも憧れているという。

「鶴瓶さんって、本業は落語家なのに、MCもお芝居も上手で、声優もやっていらっしゃる。お芝居以外にもいろいろ挑戦したい僕にとって、マルチに活躍する鶴瓶さんは憧れの存在です。僕はアニメが好きなので、いつか声優もやってみたいし、バラエティーやラジオ番組のMCもやってみたい。ドラマをきっかけに新たなチャンスが増えたらうれしいです」

写真

―― 最後に改めて、このドラマの見所を語ってもらった。

「コロナ後の現実世界も反映した部分もありますが、笑いながら見られる明るく楽しい“ラブ&ホームコメディ”なので、きっとどんな人にも気軽に楽しんでいただけると思います。桃子姉ちゃんはコロナで大忙しだった、ホームセンターで働いている店員さん、という設定なので、コロナが起きて大変だった人たちも、ちょっと一息つけるドラマになっているんじゃないかなと思います。僕自身も、『安達家』と“姉ちゃんの恋”がいったいどうなっていくのか、今後の展開が気になります。吉岡真人役の林遣都さんとの共演シーンもあるはずなので、是非楽しみにしていてください!」


Writing:渡邊玲子

インフォメーション

写真
(C)カンテレ

TV

『姉ちゃんの恋人』

10月27日(火)O.Aスタート!
毎週火曜21:00~
カンテレ・フジテレビ系


安達桃子(有村架純)は、高校3年生のときに両親を事故で亡くし、大学進学を断念。それ以来、3人の弟たちを養うため、親戚の紹介で就職したホームセンターで働き始めて9年目の27歳。「あいつら幸せにするって決めたんで、私」ときっぱりと言い切る桃子は、20歳の和輝(髙橋海人)、17歳の優輝(日向亘)、14歳の朝輝(南出凌嘉)の幸せを何よりも大切に考える一家の大黒柱として、辛い過去や日々の苦労を懸命に乗り越え、毎日を過ごしていた。 世の中の日常が大きく変わるなか、その影響を受けつつも、それなりに幸せな毎日を送っていた桃子。しかし、ハロウィーンからクリスマスに人々の興味が移ろい始める頃、偶然職場で出会った“吉岡さん(林遣都)”との恋によって、彼女の日常は大きく変わる。少し年上でほほ笑みを絶やさない好青年の“吉岡さん”に、次第に心ひかれていく桃子だったが、彼には「ある秘密」があった……。

▼公式サイト
https://www.ktv.jp/anekoi/



「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2020/11/09(月)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top