shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
ギャンブル狂の美少女を取り巻くギャンブルバトルが描かれる『賭ケグルイ』。月刊「ガンガン JOKER」で連載中の同名漫画が原作。アニメに続き、現在テレビドラマ・シーズン2が放送中。そして、5月3日(金・祝)には『映画 賭ケグルイ』が全国公開となる。ドラマ・シーズン2からオリジナルキャストとして登場する新渡戸九(にとべきゅう)演じる小野寺晃良に、本作の見どころ、撮影現場での過ごし方、好きなキャラクターについて聞いた。

賭場のシーンは印象的でもあり、最大の見どころです

写真

―― ドラマ・シーズン2から登場するオリジナルキャラクターについて聞いてみると。

「シーズン1の高杉真宙さん演じる鈴井涼太のようなポジションです。鈴井がシーズン2から“賭ける”ほうに入り込んでしまうので、全体を俯瞰して見るポジション、情報を視聴者にわかりやすく伝えるキャラクターとして僕が演じる新渡戸九が登場します」

―― オリジナルキャラクターを演じるうえで、英勉監督からは「おじさんっぽく」演じるようリクエストがあったという。

「おじさんっぽく見せるために、気だるそうな感じで動くことを意識しました。所作や言葉遣いを中年っぽくと言われて……。監督も含め制作の現場にはおじさまがいっぱいいたので(笑)。参考にさせていただきました。みんなのおじさん要素があちこちに散りばめられているかもしれません」

写真

―― 年齢層の近いキャストとの共演について。撮影現場の雰囲気を聞いてみると。

「みんな気さくで明るい現場でした。シーズン2から登場するキャラクターなので出来上がっているチームの中に途中参加する形だったのですが、知り合いがいたこともあり、すんなりと溶け込むことができました。特に、真宙さんとはすごく趣味が合って、ずっと漫画、アニメ、ゲームの話をしていました。結構マニアックな話を熱く語っていたので、女子陣は若干引いていたかもしれません(笑)。撮影現場も演技での絡みも本当に楽しい現場でした」

―― 出演の話が来る前から、すでにアニメにはハマっていたという。

「アニメの頃から、夢見弖ユメミのキャラクターが好きでした。本当にアイドルってこんな感じなんじゃないの? なんて思いながら笑って観ていました。映画版でも夢見弖ユメミ、西洞院百合子、生志摩妾たち3人のシーンとか好きです。映画版では、賭場のシーンに注目して欲しいです。大きなスクリーンで観ると、賭ケグルってる感じの迫力が増して本当に引き込まれるし、すごいと感じていただけるはずです。自分自身も賭場のシーンに参加したくなったので、次回作があるなら、自分もやりたいですとアピールしちゃいました」

写真

―― 主人公の蛇喰夢子はギャンブル狂。自身の「○○狂」的なことについて聞いてみた。

「ゲームですね。3日間寝ずにやるくらい大好きです。叔父さんがゲームマニアで、小さい頃からゲームに触れる機会が多く、気づいたら好きになっていました。負けず嫌いなので、小さい頃はオセロや将棋など勝つまでやっていました。負けると泣いて、泣きながら勝つまで続ける。ギャンブルはやらない方がいいかもしれません(笑)」

―― もし実際に私立百花王学園に通うとしたら、どのグループに属したいか尋ねてみると。

「学生時代は学級委員とかもやっていて、クラスで割と中心にいるタイプでした。なので、そうなると生徒会になるのかなという気はします。ドラマ版なら中川大志さんが演じた生徒会役員の豆生田楓あたりのポジションで、映画版なら宮沢氷魚さんが演じた反生徒会組織・ヴィレッジのリーダー、村雨天音ですね。革命的な異分子のようなポジションもいいかなと思います」

写真

―― 最後に映画を楽しみしている皆さんへメッセージと見どころを聞いた。

「他の学園モノにはない“賭ける”がテーマの作品です。賭場のシーンは印象的でもあり、最大の見どころです。今回は蛇喰夢子と村雨天音が繰り広げる2対2のギャンブルシーンにはゾクゾクするはずです。特に、村雨のチートじみている能力は、中二心をくすぐられます。あんな才能を持って生まれたかったと思わせるくらいの氷魚さんのかっこよさに注目してください。僕自身のキャラクターは、みんなが賭ケグルっている様子を影から一人静かにひっそりと見守るという立ち回り。でも、ヴィレッジと夢子を結んだきっかけになったという重要なポジションでもあるので、チェックしていただければと思います。いつもピーナッツをポケットに潜ませている怪しいキャラクターですが、一人のシーンが多いので、印象には残りやすいかと思います」


Writing:タナカシノブ/Styling:戸倉祥仁(holy.)/Hair&Make-up:及川美紀(NICOLASHKA)

カーディガン Iroquois ¥26,000
パンツ TROVE ¥22,000
その他スタイリスト私物

<問い合わせ先>
Iroquois
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南3-8-3
TEL.03-3791-5033

TROVE
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-9-10 番匠ビル1F
TEL.03-3476-0708

インフォメーション

写真
(C)2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・「映画 賭ケグルイ」製作委員会

MOVIE

『映画 賭ケグルイ』

5月3日(金・祝)公開


2年華組・蛇喰夢子(浜辺美波)は、生徒会長・桃喰綺羅莉(池田エライザ)とのギャンブルを心待ちにしていた。2人の勝負の期待が高まる中、学園内では“非ギャンブル、生徒会への不服従”を掲げる白装束集団・ヴィレッジが生徒会と対立。
組織を主宰する村雨天音(宮沢氷魚)は、過去に綺羅莉にギャンブルで打ち勝ったことのある伝説の人物であった。
ヴィレッジ解体並びに夢子潰しを企む生徒会は、全校生徒に2人1組で強制参加させ、不参加者を即刻退学の刑に処すギャンブルイベント「生徒代表指名選挙」の開催を宣言。生徒代表に選ばれれば活動資金3億円と、自分の人生を望み通りに決められる「人生計画表・白」が与えられるらしい。
非ギャンブルの考えを貫く村雨が沈黙を守る中、村雨の部下である歩火(福原遥)は組織を守るためにゲームに参戦。夢子は小心者の同級生・鈴井(高杉真宙)と、夢子と共に生徒会に立ち向かってきた芽亜里(森川葵)もかつての対戦相手・木渡(矢本悠馬)とタッグを組み、“学園史上最大のギャンブルトーナメント”に挑むのだった―。

▼公式サイト
https://kakegurui.jp


「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2019/5/13(月)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top