shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
ドラマや映画など数多くの話題作に出演し、『だから私は推しました』(2019年、NHK)で第46回放送文化基金賞演技賞を受賞。その存在感と演技で注目度を増している桜井ユキが出演するParaviオリジナルストーリー「リコハイ!!」が4月16日より配信中。配信ドラマで主演を務めるのは今回が初となる桜井にドラマの見どころや役作りについて聞いた。

自分の気持ちに正直になって恋愛や結婚に向き合える作品。私自身も自由になりました

写真

―― 本作は、現在放送中のTBS金曜ドラマ「リコカツ」の本編放送終了後に配信されているドラマ。「リコカツ」は、交際0日でスピード結婚した夫婦の離婚活動(リコカツ)が描かれるが、リコカツに励む彼らのマンションの1つ上の階で、もうひとつの離婚から始まるラブストーリーを繰り広げる男女の姿を紡ぐのが、「リコハイ!!」だ。オファーを受けたときの印象は?

「私自身、トーンが落ち着いている作品だったり、役のえぐみが強い作品への出演が多かったりもしたので、こういった作品のオファーを頂けるのはなかなかないなと思いました。さらに、恋の相手が年下の男性という事で。年下の男性とラブラブするんだ~って思いました(笑)」

―― 劇中、夫に浮気される34歳の勤勉な専業主婦・宇治田希恵と、恋人に浮気されたパティシエ見習いのイケメン・健太の、奇妙な同居生活が展開する。台本を読んでキャラクターひとり一人の描き方に魅了されたという。

「台本を読んだとき、まずテンポの良さが第一印象としてありました。全てのキャラクターがしっかりと生きていて、希恵、健太を始め、一人一人がどういう生活を送っているのかがしっかりイメージできて。キャラクターの描きかたがすごく魅力的でした。希恵をどう演じていくかなども、自分で構築するということはあまりせず、現場の雰囲気と黒羽さんとのお芝居に委ねようと思えました」

写真

―― 演じるのは、建築会社で働いていたが、不妊治療に専念するため専業主婦となった宇治田希恵。勤勉で貞操観念が高く、真面目にコツコツと生きてきた34歳の女性だ。演じる希恵に共感を持ったという。

「希恵に関しては、不器用ながらもとても愛らしいキャラクターだなと思いました。気が強い部分もあるんですけど、誰よりも繊細で。年下である健太といることで様々な事が感化され、本来の自分を取り戻していく過程がとても可愛らしいんです。自分と共通するところがあるか? そうですね…初めての人と接するとき、膜があるというか。壁があるわけではないんですけど、一つ、自分を強く見せようとするところは共通点としてあるかもしれません」

―― 「リコハイ」というタイトル通り、ハイテンションなお芝居が多い。

「冒頭のシーンなどは、とにかくテンションが一つ上にある状態だと監督とお話をさせて頂きました。日常ではなかなかない温度を常に高くして健太との会話を維持させないといけないのは大変でしたね。でも、そのテンションが故に起こったハプニングに近い出来事も、黒羽さんがしっかり受けてくだったり、初日の現場でかなり雰囲気を掴む事が出来ました」

―― 本人自身もそうだが、これまで演じてきた役もテンションが高いわけではなかったため、本作で見られる桜井ユキの姿は新境地と言える。

「撮影1日目、冒頭に撮ったシーンが希恵が健太の家に怒鳴り込んでいくシーンだったんですけど、お芝居の入り口として、リミットを外して撮影に入れたのが大きかったです。これまでわりと喜怒哀楽を抑えたお芝居が多かったんですけど、今回は喜怒哀楽が明確で、真っ直ぐに自分の気持ちを相手に伝える日々がとても新鮮で楽しかったです」

写真

―― 健太を演じるのは、舞台のみならず、ドラマ、映画と活躍の場を広げている黒羽麻璃央。健太を魅力的に演じる黒羽の印象は?

「最初、黒羽さんは、私の目を見て話してくれなかったんです。のちのち話すようになってその理由を聞けたのですが、私のことが怖かったそうです(笑)セリフを噛んだら怒られるんじゃないかとか、何かやらかしたら機嫌が悪くなるんじゃないかってビクビクしていたみたいです。全くそんな事無いんですけどね。黒羽さんご自身は、とても真っ直ぐな方で。監督が黒羽さんに対して演出をされた時も、機転が速く、求められているものを一生懸命やろうという姿勢がすごく素敵だと思いました。繊細な方だという印象もあったんですけど、しっかりされている部分もあり、とても素敵な方だな思いました」

―― 打ち解けるきっかけはあったのだろうか。

「ありましたね。撮影のセットの部屋の中にグリーンがたくさんあって、観葉植物についていろいろお話しているときに、私も観葉植物が好きで家にあると話したら、黒羽さんがどこかいいお店を知りませんかって。それをきっかけに話すようになりました。おすすめのお店を2、3店紹介して、実際撮影中に買ってらっしゃいましたね。それ以降話せるようになったので良かったです(笑)」

写真

―― 友達でも恋人でも夫婦でもない初対面の男性との会話や距離感についてのやりとり、演技も見どころだ。

「撮影に入る前は、絶妙な距離感などどうしようかと思っていた部分もあるんですけど、実際セットに入って黒羽さんとお芝居をしていくうちに、考えることはなくなりました。黒羽さんがもともとお持ちの雰囲気なのか、健太としてそれを出されたのかはちょっとわからないんですけど、妙に落ち着いているところもあって、大人びているというと安易な言葉になってしまうんですけど、すごくどっしりされているところもあって。希恵に対して優しい言葉だったり、甘めのセリフをかけられたとしても、チープにならないんですよね。希恵が健太に対して甘えるような仕草をするシーンもあったんですけど、私がよいしょ!と気持ちをあげなくても、自然にそう出来る空気がありました」

―― 桜井自身が印象に残っているシーンは?

「お互いの距離がグッと近づくキスシーンは、お芝居としても純度の高いシーンでしたし、大事なシーンでもあったので印象的です。あとはスケジュールがタイトだったっていうのが逆に良かったんじゃないかと、今は思っています。現場の近くに泊まらせてもらって、朝から晩までセットで撮って、という生活で、セットの中で生活をしているような感覚にもなりましたし、あのタイトなスケジュールだったから生まれたシーンもあるんだろうなっていうのもあり、すごくありがたいなと思っています」

写真

―― 年下の男性との恋愛模様を演じての感想は?

「とても素敵な時間でした!歳を重ねる魅力もありますが、20代の方ならではの、迷いのない真っ直ぐさはやはり魅力的ですよね。計算して醸し出せるものではないので。こういう恋愛もありなのかなってすごく思いました」

―― 健太のような男性の印象は?

「最初に台本を読んだときはリアルに想像ができなかったんですけど、実際演じてみて、健太みたいな男性を魅力的だと思いますし、恋愛に年齢って関係ないんだなって感じました。悪い人ではないんですけど、旦那さんはちょっと頼りないんですよね(笑)だから私は健太派です!」

―― 20代、特に30代以上の女性に共感してもらえるラブストーリーになった。

「作品の内容としても、私ぐらいの年齢の方はもちろん、これから30代を迎える20代の方にも共感してもらえると思います。30代は恋愛とか結婚に構えが出てくる年頃だと思うんですけど、一度そういうものは外して、自分の気持ちに正直になって、まっすぐな気持ちで、恋愛や結婚に向き合ってみようかなって思ってもらえる作品だと思います。30代の私自身も自由になった部分があるので、全編を通して、そういった部分を堪能してもらえたら嬉しいです。ぐっとくるセリフも多いんです。ポップで楽しいやりとりの中に、大切な言葉がたくさん出てくるんですけど、私はその塩梅がすごく素敵だなと思っていて。肩肘張らず楽に見てもらえる中で、ほっと柔らかな気持ちになってもらえたら嬉しいです」


Writing:杉嶋未来

インフォメーション

写真

WEB

Paraviオリジナルストーリー『リコハイ!!』

Paraviにて独占配信中!


希恵は真水のような人生をコツコツ生きてきた。しかしある日突然、夫の不倫が発覚し、さらには離婚届を置いて出ていってしまい音信不通に。ショックを受け怒り狂った希恵は、夫の不倫相手の部屋を突き止めて乗り込むが、そこにいたのは不倫相手の女ではなく…その彼氏だという若い男・健太だった。健太はモデル出身のイケメンで、物心がついた頃からモテ街道を爆走してきたため、恋愛に対しては基本受け身で淡泊、パティシエ見習いの27歳だ。その健太も彼女に浮気されていたことが発覚して…。

▼公式サイト
https://www.paravi.jp/static/rikohigh/

「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で1名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2021/04/26(月)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top