shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
現役高校2年生の2人からなるフォークデュオ・さくらしめじ。2018年7月には過去最大規模となる日比谷野外大音楽堂にてワンマンライブを開催し、観客を大いに沸かせたことも記憶に新しい。そんな彼らが11月28日に初のEP盤『うたはつづくよどこまでも』をリリースする。全4曲からなるこのEP盤には、どんな想いが込められているのだろうか。

僕達にとって”決意表明”になっている曲です!

写真

―― 1st EP『うたはつづくよどこまでも』のリード曲となっている『My Sunshine』は、フォークデュオとしての新境地を目指した楽曲とのこと。

田中雅功(以下・田中)「今までのさくらしめじの楽曲って、聴いてくれた人に寄り添って一緒に進んでいくよっていう感じのものが多かったんです。でも、僕達ももうすぐ高校3年生になりますし、一歩ずつ大人の階段を上っていく中で、寄り添うだけじゃなくて、聴いてくれる人の心を強く引っ張っていけるようなアーティストになっていきたいなって。そういう想いをたくさん込めた曲になっています」

―― 制作はどのように進められていったのだろうか。

田中「今年の7月に日比谷野外大音楽堂でライブをやったんですけれど、そのときに、改めてファンの皆さんと一緒にライブを作る楽しさだったり、聴いてくださる方への感謝の気持ちをたくさん感じたんです。その経験がキッカケにもなって、引っ張っていきたいっていう思いに繋がったので。歌詞も今までのさくらしめじとは違う部分がたくさんあると思います。…僕が一番最初に歌詞を見て思ったことは、“小聡明い(あざとい)”って漢字でこう書くんだなって(笑)ずっとひらがなだと思っていました(笑)」

髙田彪我(以下・髙田)「なかなか難しい字ですよね、普段漢字で書かないですし…(笑)」

田中「表現とかも抽象的だけど心に残る歌詞になっています!」

写真

―― サビのハモリが綺麗に響くのも印象的な楽曲だが、レコーディングではとにかく感情を込めることに注力したとのこと。

田中「この曲は僕らにとって決意表明にもなっている曲です。これからのさくらしめじを見せていくというか。なので、伝えたい想いというのを前面に出してレコーディングに挑みました」

髙田「4つ打ちのビートだったり、これまで歌ってきたことのないテイストの曲でした。一つ一つの感情の表現がつきやすい曲なので、このAメロはどう歌おうかなって試行錯誤しながらレコーディングに取り組みました。サビも高めなんですけど、歌詞に沿って気持ちを込めて、グワッていう勢いで歌うとそれに音程もついてくるというか。今回の曲は感情表現をメインで歌った部分が多かったと思います」

田中「タイトルの『My Sunshine』は、先程も言ったように僕らがファンの皆さんを引っ張っていきたいっていう気持ちに繋がっていて、僕達が、誰かにとっての輝き、光のような存在になれたらなっていう想いも込められています。…ちょっとクサいかもしれないですけど(笑)」

―― 誰かにとって輝く存在になりたいと語る2人。では、今のさくらしめじが自分たちにとって“輝いている”…『My Sunshine』だと感じているものとは?

髙田「ギターですかね。ギターがなかったら音楽活動していたかな?っていうのが僕の中ではあります。EBiDANに入って、最初はダンスとかをやっていたんですけど、途中からEBiDANのメンバーで楽器を持って曲を作るみたいなのがあって。そこで僕はギターを選んだんです。あそこでギターを選んでいなかったら今の僕らはいなかったでしょうし、僕の人生の中ではギターの存在は大きいんじゃないかな。雅功とはまた違った意味での相棒です」

田中「僕はやっぱり、いつもライブに来てくれたり曲を聴いてくれたり応援してくださる“きのこりあん”(さくらしめじのファンの愛称)の皆さんかな。もちろんギターも大事だけどね。なかったら僕ら演奏できないから(笑)」

髙田「そうだよね。きのこりあんのみなさんも大切な存在ですね」

田中「皆さんがいなかったら僕らは活動を続けていけないですし、皆さんの声があるから頑張ろうって思えるので、僕らにとっての“輝き”…『My Sunshine』はファンの方々だなと思います」

髙田「性格が出ますねこれ…(笑)」

田中「そんなことないよ、どっちも大事だからね(笑)」

写真

―― 2曲目に収録されるのは、2018年6月の結成記念ライブで初披露されたAAA(トリプルエー)の人気曲『恋音と雨空』のカバー曲となる。

田中「結成記念ライブでカバー曲をやりたいねって話になって、どの曲をやるか考えていたんですけど、披露したときに「あぁ、その曲を選んだんだ」ってなるんじゃなくて「それにしたんだ!」っていう反応が返ってくるものがやりたかったんです。まさかAAAさんの曲をギター2本でやるなんて誰も思わないじゃないですか。そういう理由もあって、『恋音と雨空』をカバーしようということになりました。この曲はファンの皆さんからすごく反響があったので、せっかくならEPにも収録したいって思って今回入れさせていただきました」

髙田「この曲は雅功が歌い出しなんですけど、『好きだよと~』って歌った瞬間にウワァー!って会場が一気に盛り上がるんです。だからそれを見るたびにやっぱり雅功って凄いなって思います」

田中「いや、でも歌う前は不安な部分もたくさんありました。ラップもありますし。どんな反応が返ってくるのかって心配だったんですけど、良かったよ!って言ってくださるファンの皆さんが多くて、本当に嬉しかったです」

髙田「AAAさんはダンスボーカルグループで、僕達はフォークデュオで。この曲はそもそもギターメインで作られていないので、難しくて苦戦するコード進行もあったりしました。でも、そういう部分が練習にもなったし勉強にもなったなって思います」

―― NHK「みんなのうた」でも放送されている『スプーンの初恋 ~あゝ、好きだよベイベー~』は、スプーンを擬人化し、初恋相手のフォークに対しての切ない恋心をテーマにした楽曲となっている。

田中「僕達はフォークデュオとして活動して、ポップスだったりロックだったり、これまでいろんな曲調を歌ってきましたが、ザ・フォークソングっていうのは実はあまり歌ったことがなかったんです。そこに挑戦してみようかってことでこの曲の制作が始まりました。単にフォークソングを歌うのではなく、じゃあ“フォーク”じゃなくて“スプーン”をテーマにした曲を作ってみようって(笑)。スプーンを擬人化してみて、「スプーンだったらフォークに恋するのかな?でもスプーンとフォークって一緒に使うことって中々ないから、切ない感じになるのかな?」って色々考えました」

髙田「この曲のレコーディングは難しかった印象があります。さくらしめじとしても初の歌謡曲という感じでしたし、そこで普通の歌い方をするとちょっと曲と合わないというか…。曲調に上手く当てはめる歌い方っていうのが難しかったです」

田中「歌詞が特徴的なのでイメージしづらい部分もあったんですけど、スプーンくんになりきって(笑)、スプーンくんのことを考えて歌いました。サビは彪我が主メロで僕がコーラスなんですけど、コーラスが前に出すぎても聞こえなさ過ぎてもダメなので、そこの部分は色々調整していきました」

写真

―― 楽曲タイトルにちなみ、2人の初恋についての思い出も語ってもらった。

田中「結構ガチな話なんですけど…(笑)僕、保育園ぐらいのときに『となりのトトロ』のサツキちゃんが好きでした。当時の僕からしたらちょっとお姉さんだったので憧れていましたね。一人で電話をかけたり、妹を探しに行ったりっていうのが、自分も怖いだろうに頑張っていて…。でも、気づけばもうサツキちゃんの年齢を超えちゃっているなぁ(笑)」

髙田「僕もキャラクターなんですけど、『ギャグマンガ日和』のうさみちゃん。うさみちゃんにはくだらない面白さがあって、一時期すごいハマっていました。これは初恋って言っていいのかな?(笑)…うーん、いや、でも初恋ってことにしよう!」

―― そして1st EPのラストを飾るのは、田中がかねてより大ファンだったと語るシンガーソングライター・コレサワから提供された『届けそこねたラブソング』。

髙田「最初にコレサワさんにお会いしたときに、僕達が無茶ぶりな曲のテーマをお願いして…」

田中「無茶ぶりしましたね。僕は、僕達にとって音楽はすごく大切なものなので、そういう想いをテーマにしたいって伝えました」

髙田「コレサワさんって基本的に恋愛ソングを歌われている方なので、僕は“恋愛×きのこ”がテーマの曲がいいってお話をしたんですよ。そうしたら、結構困惑されていて…(笑)」

田中「彪我の“恋愛×きのこ”っていうテーマだけでも困惑するのに、そこに僕の音楽に対する想いも入れていただくっていうお願いで…。2人とも全く違う方向からのリクエストをしました」

髙田「でもそれにもちゃんと全部応えてくださって、嬉しかったです。特に歌詞の「きのこのオムライス」ってところに感動しました。ここで出てくるんだ!って(笑)」

田中「この曲は失恋をテーマにした曲なので、レコーディングでは、切なくはありつつも前を向けるような、明日も頑張ろうってポジティブになれるように、聴いてくれる人に勇気を持ってもらえるようにっていう気持ちを意識して歌いました」

髙田「一番最後の「大好きだった 大好きだったんだ」っていう部分は、二人で力を込めて歌おうって決めています。レコーディングのときも、ライブのときも、ここにすべての力を込めて歌っています」

写真

―― コレサワが持つ独特の世界観がさくらしめじと融合した本楽曲。田中は初めて歌詞を見たときに感動したと語る。

田中「Dメロの最後の部分の「口だけばっか 大事なこと 言わないのに そこがダメだよな」を見たときにすごく心に染みました。僕らにも通ずる部分があるというか、僕らって基本的にポンコツな部分があるので(笑)、頑張ろうって言っていても失敗しちゃったり。そういうことって誰にでもあるけど、でもしょうがないって言いきれない部分もあって。恋愛だけじゃなくていろんなことに重ねられるので、この歌詞は染みました。あと、デモ音源はコレサワさんの歌声なんですけど、それは僕らしか聞くことができないから家宝にしようと思っています(笑)」

―― 「届けそこねた」「言い損ねた」という歌詞が印象的な楽曲だが、結成してから今日までに至る中で、お互いに“言い損ねた”と感じていることはあるのだろうか。

田中「ちょっと恥ずかしいんですけど…。初めての飛行機での遠征のときに、彪我が飛行機に乗ることに対してすごく怖がっていたんですよ。そのとき、僕は彪我に「怖いの?嘘でしょ?」とか「男だろ!」って言っていたんですけど、本当は僕も怖かった!(笑)隣ですごい怖がっているから、一緒になって怖がれないなって思って…」

髙田「あら、そうだったんだ!知らなかったよ(笑)でも飛行機って最初乗るとき怖いよね(笑)」

田中「そのときは飛行機に乗るっていう経験もあんまりなかったからね(笑)」

髙田「僕は雅功と初めて会ったとき、キノコヘアってなんか生意気だなって思っていました…(笑)」

田中「まじで?(笑)」

髙田「ませているなって…(笑)さくらしめじを結成する前で、その当時は周りにキノコヘアの人ってあんまりいなかったから、見慣れていなかったっていうのが正しいかな。今は髪形の一つとして浸透していますけど」

田中「初めて聞いたよ(笑)まさか生意気だって思われていたとは…(笑)」

髙田「生意気っていうか、「おぉ…」って一目置く感じ(笑)」

写真

―― 現在、リリースツアー真っ最中の2人。初日の新潟公演を皮切りに、宮城、福岡、大阪、広島と、来年の1月までかけて各地を周っていく。

田中「リリースツアーの初日で『My Sunshine』を初披露したんですけど、良かったっていう反応をもらえて安心しました。リリースツアーは年明けまで続いていくんですけど、来てくれた人全員を巻き込むような、ずっと忘れられないような一日にしていきたいなって思っています」

―― そして、12月には中野サンプラザでのクリスマスライブ「さくらしめじのHappy X’mash LIVE 2018 in 中野サンプラザ」も控えている。

田中「今は、やりたいことを並べてそれを実行できるかっていうのを打ち合わせしている段階なんですけど、今回リリースするEPもそうですが、これまでとは違ったさくらしめじを見せられるライブになっているんじゃないかなって思います」

髙田「“ X’mash”ライブということで、そこに何かが掛かっているかなって感じですね(笑)」

田中「“ X’mash”だって思えるようなライブになっていると思います!あと言えることあるかな…。ネタバレになっちゃいそう(笑)」

髙田「曲は披露するよ!(笑)」

田中「そうだね(笑)あとは、今までのさくらしめじにはなかったようなことも色々やっていきたいなって思っています!だから是非ライブに来てくれたら嬉しいです!」


Writing:makie enomoto

インフォメーション

写真
【CD+DVD盤】
写真
【通常盤】
写真
【イベント盤(会場限定盤)】

EP

1st EP『うたはつづくよどこまでも』

11月28日(水)発売!


【CD+DVD盤】
ZXRC-1176 価格:2,200円(税込)
※ライブ映像+メイキングDVD付き

【通常盤】
ZXRC-1177 価格:1,500円(税込)

【イベント盤(会場限定盤)】
ZXRC-1178 価格:1,500円(税込)

★収録曲(全4曲)
M1.My Sunshine
M2.恋音と雨空
M3.スプーンの初恋 ~あゝ、好きだよベイベー~
M4.届けそこねたラブソング

★DVD収録内容
「みんなが選んだ!さくらしめじ映像ベストセレクション!」
・おもいでくれよん@2016.10.9『おたまじゃくしの宴』@よこすか芸術劇場
・夕空小道@2017.4.23『春しめじのeat shun』@TOKYO DOME CITY HALL
・スタートダッシュ@2017.12.9『菌育 in the家(はうす)スペシャル!』@マイナビBLITZ赤坂
・えそらごと@2017.12.9『菌育in the家(はうす)スペシャル!』@マイナビBLITZ赤坂
「うたはつづくよどこまでも」ジャケット撮影メイキングムービー」




LIVE

『さくらしめじのHappy X’mash LIVE 2018 in 中野サンプラザ』


日程:2018年12月15日(土)開場16:30/開演17:30
会場:中野サンプラザ (東京都)
チケット料金:指定席 5,980円(税込)

詳細はこちら>>>

「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2018/12/10(月)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top