shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
『糸』(20)や『64-ロクヨン-前編/後編』(16)で知られる瀬々敬久監督が、菅野美穂、高畑充希、尾野真千子ら豪華女優陣を迎えて椰月美智子の同名小説を映画化した『明日の食卓』が、5月28日から劇場公開される。“石橋ユウ”という同じ名前の息子を育てる3人の母親たちが直面する問題をリアルに描いた本作。専業主婦・石橋あすみ(尾野)の息子で、“優等生”の優役を務めた柴崎楓雅に、撮影の裏側や映画の見どころについて語ってもらった。

辛い場面もありますが、それぞれの家族に見えてくる光が皆様に伝われば嬉しいです

写真

―― 記念すべき「人生初」の完成報告会の舞台挨拶を無事に終えた感想について「すごく緊張して、手汗が本当に止まらなくて……。とにかく尾野(真千子)さんの動きを真似しようと思いました」と初々しく語ってくれた柴崎。まずは台本を読んだ際の印象から訊いてみた。

「3家族ともすごく辛いシーンがあるので、初めて台本を読んだ時は胸がすごく苦しくなってしまったのですが、台本に書かれていることを読み込んで、僕が演じる‟石橋優くん“の心情を深く知ろうと思いました。僕が演じた優くんは、勉強もできて、両親に対しても優しく素直な一面がありながら、実は心の中に別の一面も隠し持っている二面性のある役柄だったので、普段より声のトーンも低くして、落ち着きのある喋り方にするように心がけました」

写真

―― 尾野真千子、大東駿介、真行寺君枝といった、自身より遥かに年上のベテラン俳優たちに囲まれた撮影現場で、柴崎はどんなやりとりを交わし、どんなことを感じたのだろうか。

「お母さん役の尾野さんとは毎日現場で一緒だったので、たくさんお話させていただきました。とあるシーンの撮影の合間に、尾野さんが『100点のお芝居をする俳優さんはこの世にいないんだよ』『でも今のお芝居は98点だったよ!』って褒めてくださったのがすごく嬉しくて。お父さん役の大東さんは、劇中に登場する『バーベキューや釣りを楽しむ家族写真』のスチール撮影の合間も、全力で遊びながらいろいろなお話をしてくださったのですが、僕も大東さんもアニメの『ワンピース』が大好きなことが分かって、その話題ですごく盛り上がりました。おばあちゃん役を演じた真行寺さんとは、劇中ちょっと辛いシーンがあるのですが、『思い切りやっていいよ』と言ってくださったので、すごくありがたかったです」

―― 劇中、優が初めて本性を露わにするシーンでは、母親役を演じた尾野からも「こんな小さな身体で、必死に『変わろう、変わろう』としているのが伝わってきて、本当に恐怖を覚えたくらいでした。怖かったよ(笑)!」と絶賛されるほどの鬼気迫る演技を披露した柴崎。

「僕にとっては優の感情がもっとも揺れ動く最後の雨のシーンのお芝居が一番難しかったのですが、監督が『硬くなりすぎているから、もっと自然な感情に任せろ!』と声をかけてくださったり、尾野さんも『私についてきて!』と言ってくださったりしたこともあって、すごく心強かったです。撮影中は緊張感のある場面の連続だったのですが、これまで僕が演じてきたなかでは、一番自然なお芝居をすることが出来たんじゃないかなと思っています」

写真

―― 「テセウスの船」に続き、ハードな役柄が続いたことに「少し悩んだこともある」というが、尾野に自身の過去の経験談を踏まえた言葉をかけてもらい、勇気づけられたのだそう。

「尾野さんが『私も昔は何度も同じような役をやっていたよ』とお話してくださったので、『これも自分のお芝居の強みにしていけたら』と思えるようになりました。『明日の食卓』という作品で尾野さんや“石橋優”という役柄に出会えたのも、運命だなって思っています」

―― 完成した映画を観て印象に残った場面について訊ねると、こんな答えが返ってきた。

「映画の後半に優の父親である大東さんに真行寺さんが寄り添うシーンがあるのですが、僕はその場面がこの映画の中で一番好きなんです。もちろん事前に台本を読んでいたのでどんな場面なのかは知っていましたし、僕も実際にその撮影現場にいたのですが、いざ完成した映画を観てみたらお二人の演技の迫力が本当にすごすぎて、涙が止まりませんでした」

写真

―― 過去に影響を受けた作品や、今後挑戦してみたいジャンルについても訊いてみた。

「小さい頃、生田斗真さんと小栗旬さんがダブル主演されていた『ウロボロス〜この愛こそ、正義。』というドラマに夢中になったのがきっかけで、『僕もお芝居をやってみたい!』と興味を持つようになりました。10歳の時にスカウトされて事務所に入って、今年の4月に13歳になったばかりなので、演技経験はまだ2~3年しかないのですが、いまは演じることがとにかく楽しいです。『るろうに剣心』や『キングダム』といったアクション超大作も大好きで、佐藤健さんや山﨑賢人さんにも憧れます。僕も『いつかアクション映画に携わってみたい』という思いもあるんです。ゆくゆくはどんな役柄でも演じられる俳優さんを目指して、学校の勉強と両立させながら、これからもお芝居を続けていきたいです」

―― では、映画を楽しみにしている方にメッセージを!

「今年3月に小学校を卒業するときに、友だちや先生が『映画、必ず観に行くよ!』って言ってくれました。『明日の食卓』は観ていて辛いシーンもありますが、それぞれの家族の光が見えてくる映画だと思うので、それが皆様に伝わればすごく嬉しいです。多くの方に観ていただけることが僕にとって、何よりも励みになっています。ぜひ劇場でご覧ください」


Writing:渡邊玲子

インフォメーション

写真
(C)2021「明日の食卓」製作委員会

MOVIE

『明日の食卓』

5月28日(金)公開


2人の息子を育てる43歳のフリーライター・石橋留美子(菅野美穂)、アルバイトを掛け持ちする30歳のシングルマザー・石橋加奈(高畑充希)、年下の夫と優等生の息子に囲まれて暮らす36歳の専業主婦・石橋あすみ(尾野真千子)。年齢も住む場所も家庭環境も異なる彼女たちには、“石橋ユウ”という名前の小学5年生の息子がいるという共通点があった。それぞれ、忙しくも幸せな毎日を送る彼女たちだったが、些細な出来事をきっかけにその生活が崩れ、苛立ちと怒りの矛先はいつしか子どもへと向けられていく……。

▼公式サイト
https://movies.kadokawa.co.jp/ashitanoshokutaku/



「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2021/06/07(月)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top